スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

前例がある、ない?ビジネス書を活用するメリット、デメリット

   

前例がある、ない?ビジネス書を活用するメリット、デメリット
今回のテーマは、

前例がある、ない?ビジネス書を
活用するメリット、デメリット

について紹介します。

私自身は、ビジネス書を
たくさん読むほうです。

が、もし誰かに相談され

「ビジネス書を読むべきか?」

と問われたら、答えは
ノーという可能性が高いです。

もちろん状況やそれぞれの
資質で変わってきますが、

月並みな言葉で言えば、

本を読んだくらいで成功できれば
誰も苦労はしないということ、

前回、任天堂のやり方から
試行錯誤のススメを解説しましたが、

前例があるから「やる」
という考え方と

前例がなくても「やる」
という考え方には大きな違いがあります。

そしてビジネス書を読むことは
ある意味で前例を探すことなのです。

ビジネス書のメリット、デメリット

スイスのIMD(国際経営開発研究所)
のフィル・ローゼンツワイグ教授

「なぜビジネス書は間違うのか」

という本に面白い話があります。

それは成功企業を研究して
導き出したノウハウというのは、

ほとんどが「後付けの判断」
であるということです。

つまりやって見たら
偶然大当たりしたから、

後から分析して理論化した、

ということです。

また、そのノウハウを実践し
続けて企業が必ずしも成功し
続けているわけではなく、

逆に失敗例として紹介されている
企業が再浮上している例
もあるということです。

こう考えるとビジネス書の
ノウハウを鵜呑みにするのも、

メリットだけでなくデメリット
もあることが分かります。

ビジネス書は全く役に立たない?

ここでいうノウハウというのは、

名著と呼ばれ多くの経営者や
ビジネスマンに絶賛される

「エクセレントカンパニー」
「ビリジョナリーカンパニー」

といったビジネス書も含まれます。

こうした本を読んで
経営がうまくいくか?

というとそうではないのです。

私の知り合いの経営者は
とにかく本を読むことを嫌います。

彼の会社はうまく行っていますが、
彼自身はビジネス書を活用すること
は決してありません。

「あんなものケツを拭く
にも役に立たない」

と暴言も残しています。

これはあまりに極端な意見だと
思います。

もちろんだからと言って
そのノウハウが全く役に立たない
ということではありません。

あくまで自分の周囲の環境や
様々な条件を踏まえ

自分自身の成功は自分自身が
試行錯誤するまで

掴まなけれなならない
ということなのでしょう。

前例があると安心するというのは
人間の持つ心理ですが、

あなた自身の成功は
前例がないわけです。

あなた自身が作り出す必要なのです。

そのアイデアは前例がある、ない?

だからこそこうした前提を
踏まえてビジネス書も活用すべきです。

もちろん、大きな組織にとって
前例主義というのも、

一定のメリットがあるのは確かです。

失敗しないように慎重に
前に進むためには必要です。

そして企業は多くの人間から
成り立つ集団です。

なので

「試行錯誤しなさい」
「好き勝手にやりなさい」

と言われても、できる
範囲には限界があるでしょう。

ただ、私たちが一個人として
働く場合にはどうでしょうか?

もう少し試行錯誤の範囲は
広がるのではないでしょうか。

何かアイデアが思いついたら
進んで実行し、

間違ったら引き返す、

非常にシンプルなことです。

失敗から学び、成功を重ねる、

その積み重ねがやがて
大きなプロジェクトを成功
させられるはずです。

しかし…です。

頭で分かっていても

どうしても私たちは
「理由づけ」が欲しくなり、

うまく行かなかったことを
想像すると心配になる、

だからこそ、規制の前例や
うまく行っている他の例に
頼ってしまうのです。

だからこそビジネス書を
読み漁ってしまうのです。

しかし、それで行動に移さず、
試行錯誤をやめてしまえば、

永遠にうまくは行かないのです。

自分らしい成功法則

ビジネス書を活用するには
メリットもデメリットもあります。

しかし、いつまでも

「誰かが言っていること」
「誰かがやっていること」

に従っていくしかない、

そうやって「自分らしくやる」
ことがずっとできないまま
働いていれば、

やがて仕事も面白く無くなります。

当然、大きな成功も掴めません。

多くの人が仕事で抱える
不満の原因も、

こうしたところにある
のではないでしょうか?

次回、任天堂の事例を参考に、
自分らしいやり方を貫く方法を
見ていきましょう。

そうです。

任天堂の前例を見ていくわけですが、

そこから何か気づきを
得ることが目的で、

それが正しいやり方ではないのです。

あくまで私たちの働き方を
向上させる参考にするのです。

スポンサーリンク

 - 世界的グローバル企業に学ぶ仕事術