スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

アイデアを形にする任天堂と宮本茂の仕事術とビジネスのやり方

   

アイデアを形にする任天堂と宮本茂の仕事術とビジネスのやり方
今回のテーマは、

アイデアを形にする任天堂と宮本茂
の仕事術とビジネスのやり方

について紹介します。

ビジネスの世界であれ、
スポーツの世界であれ、

突出した結果を出す人は、

周りの意見に流されず、
自分の信念を貫く強さを持っています。

コーチにどれだけ言われても
振り子打法をやめなかった
イチロー選手は、

その筆頭でしょう。

ビジネスの世界では
世界一の経営者と評された、

ジャックウェルチも、

自分の信念を曲げない事で有名です。

「中性子爆弾(ニュートロン)」

などという過激な
あだ名までるけられた彼は、

それほどまでにGEの従来の方針や
大企業体質に対して攻撃的だったわけです。

みんな仲良く、調和やハーモニー
という言葉からは程遠い人物ですが、

それでも結果を出せるのは
そういった人なのかもしれません。

自分の信念を持つ仕事術

一見わがままで自己中心的な
やり方も、

自分のアイデアを形にするために
重要な資質です。

ジャックウェルチも
会社を辞めようとしたのは、

一度や二度ではないようです。

それでも実績をあげるから、
会社側としては彼を留意するのです。

そしてブレずに自分の信念を
曲げなかったウェルチは、

やがて会社の体質をぶち壊すような
経営者になったのです。

さて任天堂に話を戻しましょう。

この会社にも我が道を貫き通し、
独自のやり方を確立した、

有名なビジネスマンがいます。

任天堂、宮本茂のビジネスのやり方

日本ではそれほどメディアに
露出するタイプではないので、

知らない人も多いかもしれません。

アメリカの「 TIME」誌で

「世界で最も影響力のある100人」

に毎回ノミネートされ、

フランスの勲章を始め、
イギリス、カナダでも受賞経験を持ち、

世界各国に名前を轟かせる人物、

それが任天堂の宮本茂さんです。

おそらく日本で最も世界的に
成功したビジネスパーソンの
一人でしょうが、

日本での知名度よりも海外の
知名度の方が高いかもしれません。

その宮本茂さんの顔や
名前を知らなくても

あの「スーパーマリオブラザーズ」

の生みの親といえば、
誰もがわかるはずです。

アイデアを形にするビジネスのやり方

井上理著
『任天堂”驚き”を生む方程式』

という本によれば、

宮本茂さんは、金沢の
美術大学に入学し、

バンド活動に打ち込んでいたそうで、

任天堂へはデザイナーとして
入社したそうです。

ゲームクリエイターとして
世界に名を馳せる人物の
学生時代はゲームに没頭だったろう、

と考えがちですが
そうではなかったようです。

むしろその当時テレビゲームは
彼が生みの親といっても
過言ではないからです。

その後、1980年代に
ゲームセンター用のソフト

「ドンキーコング」

をきっかけに、ゲームクリエイター
として成功をつかみます。

それからは、

「スーパーマリオブラザーズ」
「ゼルダの伝説」

といった数々の人気ソフトを手がけ、

日本に新しいゲーム文化を
創出したことは、

よく知られているでしょう。

現在は代表取締役専務として
ゲームの開発部隊を統率しています。

宮本茂流ビジネスのやり方

さて、こうして表面だけを見れば、

ゲームクリエイターとして
非凡な才能を発揮し、

ビジネスを成功させた人物
としての側面にスポットライト
が当たりますが、

実際の宮本さんのビジネスの
やり方というのは、

言い方は悪いですが、

かなり「勝手」なようです。

自己中心的でわがまま、
自分の信念を曲げない、、

周囲からすればかなり
迷惑をする人のようです。

思いつきでいきなり

「こんなソフトをやろう」

と社員に無理難題を
自由に提案したり、

その実現のためには、

どんな部署からでも適切な
人材を駆り集め

自分のアイデアを形にするため
勝手にプロジェクトを進めます。

一旦出来上がったソフトも、

「ここを変えた方がいい」

と思えばテコでも動かず、

販売を延期してでも修正する、

社内では宮本さんのやり方を
「ちゃぶ台返し」と揶揄する
声もあるそうです。

アイデアを形にするにはパワーが必要

しかし、彼の仕事術、
ビジネスのやり方が、

ヒット商品を作ってきたのです。

面白いゲームはこうして
生まれたのです。

ルールに従順で周りの意見をよく聞き、
無難な意見しか言わない、、

で、面白いアイデアは生まれませんし、

そもそもアイデアを
形にすることはできません。

一見やりたい放題ですが、
だからこそ世界に誇る任天堂
という企業は成長したわけです。

何より面白いのが、

宮本茂さんは、創業社長でも、
一族でもなく、

そもそもが技術者として
任天堂に入ったわけでもないことです。

デザイナーとして一社員から始め、

「世界で最も影響力がある100人」

にまでなったのです。

これは私たちが働く上でも
非常に参考になる事例でしょう。

ビジネス、仕事で
自分のやり方を貫く、

信念を曲げない事の強み

をこれまで紹介しましたが、

それを発揮するためには
必ずしも独立起業をする必要もない、

こうしたやり方を、

任天堂という会社、そして宮本茂
という人物から学ぶことができます。

スポンサーリンク

 - 世界的グローバル企業に学ぶ仕事術