スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ビジネス、仕事で自分のやり方を貫く、信念を曲げない事の強み

   

ビジネス、仕事で自分のやり方を貫く、信念を曲げない事の強み
今回のテーマは、

ビジネス、仕事で自分のやり方
を貫く、信念を曲げない事の強み

について紹介します。

文明が進み、世界は豊かで
安全になるつつある、、

とも言われますが、

未だに厳しい弱肉強食の世界、

油断すればライバルにやられてしまう、、

ビジネスの世界というのは
ある意味こうした世界なのです。

そんな中ビジネスの世界では、
生き残りのために知恵が生まれます。

例えば、

競争相手のいない新しい
空白市場を見つけて、

そこにいの一番にマーケットを
広げていくことを

「ブルーオーシャン戦略」

などと呼ばれるわけですが、

こうした海が実際にあるのか
どうかわかりませんが、

ブルーオーシャンというのは
餌が豊富で他の魚も泳いでいない、

平和な青い海原という意味です。

逆にレッドオーシャンというのは、

ライバルが多く、競争が激しく
赤い血に染まっている海のイメージです。

ここではこうした
ビジネス戦略の意味を考えたい、、

のではなく、

私たち個人のビジネスパーソンの
働き方として、

厳しい世界で生き抜いていき
成功するためのやり方について、

考えてみたいと思います。

会社のやり方VS自分のやり方

ブルーオーシャン戦略、、など、

ここで新しいマーケットの開拓、
参入する市場の見極め、、

という話は一人のビジネスパーソンには
大き過ぎる話題かもしれません。

しかし、この考え方を、

自分の仕事、自分の考え方、
自分のやり方が受け入れられるような
身の回りの世界、

と置き換えれば、もっと
話は具体的になってきます。

例えば、

私たちがある会社に入社したとします。

そこでは、大抵、

「ウチにはうちのやり方がある」
「まずは俺のやり方を覚えろ」

と、その環境で推奨される
方法論を押し付けられます。

押し付けている感がないにしろ、

会社のやり方を覚えるように
誘導されるのが普通でしょう。

そこで、従順にあなたは
その方法論をマスターしたとします。

そのやり方で仕事をしていって、

もちろん怒られることはありません。

しかしそれであなたがその仕事で
抜きん出た存在になれるか、

みんなから注目されるような
ビジネスパーソンになれるか?

といえば、

そんなことはありません。

ビジネス、仕事では

自分のやり方を貫く、
信念を曲げない事の強みが

確実に存在するのです。

自分のやり方を貫く=ブルーオーシャン

上から押し付けられたやり方に従って、

あなたができるようになるのは、

あくまで、

「その会社のやり方」
「先輩や上司と同じやり方」

だけなのです。

「自社のやり方」のできる人は、

その会社の中には溢れるほど
いるわけですから、

ライバルが多くいます。

まさにレッドオーシャンです。

そして先輩とあなたが同じ
やり方、スキルを持っているなら、

上司からすれば、

経験の差の分、大事な仕事は
先輩に頼んだ方が合理的、

と考えるのが普通です。

自分の強みは発揮されません。

組織の中で一歩抜きん出るのも、
ビジネスの世界で成功するにも、

他人と同じやり方をするのは、
賢い戦略とはいえないのです。

ここで

「誰にもできないやり方」
「誰もしない考え方」

をしていればどうでしょうか?

まさにそれこそが

「ブルーオーシャン」

なのです。

イチロー選手に学ぶ信念を曲げない強み

何しろ、その仕事ができる人や、

独自の発想をする人は
他にいないのですから、

まさに必要とあれば、

あなただけが請われるような
状態になっていくのです。

もちろん、

他人から学ぶ姿勢は大事です。

変化の多い現代社会において
信念や考え方を柔軟に変える
姿勢は大切です。

しかし、

ビジネス、仕事の世界で
真に成功したいなら

自分のやり方を貫く、
信念を曲げない事が、

本当の強みとなるわけです。

実際に「できる人」というのは、

そういう自分のやり方の
姿勢を貫く人が多いです。

その代表的人物が、

メジャーリーガーのイチロー
選手でしょう。

彼は「振り子打法」と呼ばれる

これまで見たことなかった
独自の打ち方でヒットを量産し、
偉大な記録を作ってきました。

そんな彼も、入団当初、

プロ入りしてすぐに
コーチからその打ち方を
矯正されそうになったそうです。

結果が出なかった時期もあり、
苦しい時期も過ごしたでしょう。

しかし、コーチの意見を
素直に従っていただけでは、

今のイチロー選手はいないでしょう。

仕事での信念を曲げない事の強み

そのやり方に納得できなかった
イチロー選手は、

涙を浮かべながら

「自分のやり方を貫く」

とコーチに訴えたそうです。

結果、彼は二軍落ちを経験し、

上に上げてもらえない
屈辱を味わいながらも、

徹底的に自分の打ち方を磨き上げ、
やがて実力でのしあがるわけです。

まさに信念を曲げない事が
彼の最大の強みだったのです。

「僕は自分の好きなスタイルを
失いたくない。

コーチに合わせていたら、

自分が結局どんな選手か
わからなくなって潰れていく。

プロとして最悪のパターンなんですよ。」

これはイチロー選手の言葉ですが、

ビジネスパーソンの仕事の世界にも
そっくり当てはまる言葉です。

ビジネス、仕事でも、

本当に成功するためには、
自分のやり方を貫く、信念を曲げない
事が大事です。

特に、ビジネスの世界では、

少し周囲の世界からはひねくれて、

「自分のやり方」「自分の考え方」

にこだわった結果、
大成功した人物がたくさんいます。

これまで紹介してきた
企業の多くもそうですし、

今このテーマの主役である
任天堂も同じです。

次回、自分のやり方を貫く事で
成功して行った企業の例を
じっくりと見ていきましょう。

スポンサーリンク

 - 世界的グローバル企業に学ぶ仕事術