スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ディズニーの仕事の理念と成長過程に学ぶ自分自身の働くルール

   

ディズニーの仕事の理念と成長過程に学ぶ自分自身の働くルール
今回のテーマは、

ディズニーの仕事の理念と成長過程
に学ぶ自分自身の働くルール

について紹介します。

今となっては世界中の誰もが知る
巨大企業の一つとして、

そしてディズニーランドは、

ウォルトディズニーさんが作り、
その夢を実現した会社です。

しかし、ディズニーさんの
発想にばかり注目が集まりますが、

結局会社は一人では成り立ちません。

前回紹介したように、

兄のロイ・ディズニーは

決してアニメ映画を製作したかった
訳でもないですし、

歴史上もっとも有名な
テーマパークを直接手がけた人でもなく、

ビジョンがあった訳ではありません。

ただ弟の夢をサポートし、
その実現に努めただけです。

では彼は夢の実現者とは
言えないのでしょうか?

成功者と呼ぶことはできないのでしょうか?

…そんなことはないでしょう。

ディズニーの仕事の理念と成長過程

歴史のテストであれば、

例えば、

大阪城を作ったのは?

…「豊臣秀吉」

というのが正解でしょう。

私たちは一人にどうしても
注目してしまう訳ですが、

しかし現実的にはそこには
多くの人が関わっています。

誰しもが自分の人生で
仕事をして働く上で、

大切な役割を担っているのです。

ご存知のようのディズニーランドは
完成から間も無く、

空前の発展を遂げていきます。

東京ディズニーランドだけで
その入園者はのべ5億人を
はるかに超えているといいます。

そしてこの奇跡のような
成長過程をあげた背景には、

ウォルトディズニーや
ロイディズニー兄弟の

考え方を多彩な形で発展させ、

今日のやり方を作り上げてきた
人々の努力があるのです。

自分がやりたい仕事に生かす

ディズニーランドの事業に比べ、
こちらは語られることが少ないですが、

ウォルトディズニーが
立ち上げたアニメ事業は、

今は

「ウォルトディズニーピクチャーズ」

と名前を変え、世界有数の
エンターテイメント企業となっています。

そしてミッキーマウスの
映画ばかりを製作してきた訳でなく、

最近では一番有名なヒット映画は

ジョニーデップ主演の

「パイレーツ・オブ・カリビアン」

シリーズでしょう。

アニメはむしろ提携した
「ピクサー」というCG会社の
影響を強く受けているようです。

ちなみのこの会社は、

以前紹介したアップル社の
スティーブ・ジョブズがこの会社の
CEOとなり筆頭株主です。

それでもやはり
ディズニーはディズニーです。

カリスマであるジョブズが
経営しようとも、

ディズニー色は色濃く残ります。

要は会社として出来上がった考え方を、

それぞれがそれぞれ
「自分がやりたいこと」に生かし、

たくさんのビジネスパーソンが
思い思いに発展させた結果として、

「ディズニーの考え方、仕事のやり方」

という働くルールのようなもの、
会社としての総体を作り上げているのです。

ディズニーの理念に学ぶ働くルール

つまりは、

ウォルト・ディズニーが

「ディズニー」を創造した人であれば、

兄のロイ・ディズニーもやはり
「ディズニー」を単葉させた人です。

そして、この会社を継承し
発展、成長させてきた人々も、

やはり、

「ディズニーを作り上げてきた人物」

たちなのです。

この総体の力が強いからこそ、
成長を遂げてきた訳です。

そしてそれぞれの人が

「ディズニーの仕事」
をしてきた訳でなく、

ディズニーの仕事を発展させるために
「自分自身のための仕事」をした。

だからこそ会社としてこれだけの
成長を遂げてきたのであり、

この会社で働く人に夢を与える
存在でありうるのでしょう。

そしてお客様にも夢を与える
ことができているのでしょう。

「世界的グローバル企業に学ぶ仕事術」

としてこれまで色々な
すごい会社を紹介してきましたが、

一番伝えてきたかったことは、

こうした成功した会社の
考え方やルールを参考にして、

「私たちはどのように仕事をするべきか」

ということを考えるきっかけに
してもらいたかった訳です。

人生の時間の多くを私たちは
仕事につぎ込む訳ですから、

自分自身の働くルール、仕事の理念は
人生の理念とも言い換えられます。

この部分をおろそかにして欲しくありません。

理念が強いほど成長する

確かに、

ディズニーランドは創業者の
ウォルト・ディズニーの

理念を強く打ち出した会社ですが、
そんな会社でさえ、

創業者が作った「会社の思い」でなく、

そこで仕事をしてきた
「個人の思い」が成長の大きな
原動力になっているのです。

私がこれまで伝えたかったのも、

世間一般にある「会社の思い」
「会社のやり方や成功ルール」

をただ学ぶことではなく、

その思いややり方を生かして、

「個人の思い」「個人のやり方」

といった自分自身の働くルールを
作り上げることに他なりません。

「会社」というのは
「法人」と呼ぶように

あたかも人格があるように
錯覚してしまいがちですが、

何も「考えるような存在」ではなく、

あくまで考えているのは、
その会社に属し、

一つ一つ直面した問題に
答えを出していく私たち一人一人なのです。

世界的グローバル企業に学ぶ仕事のルール

ディズニーという会社、
グーグルという会社、
アップルという会社、

が凄いのではなく、

そこで働く人が凄いのです。

そしてもちろんカリスマ創業者は
注目を浴びる存在ではありますが、

彼らだけで仕事は進みません。

彼ら一人の力で成功は不可能です。

「創業者の考え」でも
「会社の考え」でもなく

あくまでここの思いが仕事を作り、
それをトータルしたものが、

「統合され融合されたより
大きな理念のもと行われる仕事」

へと育ち進化していくのです。

会社で働く私たちは、

あるルールや「こうすべきだ」
という理念に従っていると同時に、

一つ一つの仕事の実行を通じて、
その理念やルールを生み出す立場
にある訳です。

こう考えた時、重要なのは
私たち個人が何をしたかったかを思い出し、

どのように会社の考え方や理念を捉え、

どのように「個人の仕事術」を
現場で発揮していくかということです。

これが世界的グローバル企業に学ぶ
仕事術のメインテーマです。

私たちは「会社の考え方」で
仕事をするのはなく、

あくまで「個人の思い」で仕事し、
それを「会社の考え方」と

照らし合わせていくことを
考えなければならないのです。

スポンサーリンク

 - 世界的グローバル企業に学ぶ仕事術