スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ディズニーの狂気とビジョンと夢の実現に学ぶ個人の働き方

   

ディズニーの狂気とビジョンと夢の実現に学ぶ個人の働き方
今回のテーマは、

ディズニーの狂気とビジョンと
夢の実現に学ぶ個人の働き方

について紹介します。

世界で偉業を成し遂げた人、

その過程を振り返ってみると、

もちろん壮大で大きなビジョン
があったわけですが、

現実的には、一歩ずつ
実現してきたステップがあるのです。

ディズニーの世界もそうです。

ディズニーという人物は
そもそもアニメーターであり、
アニメ映画の制作者です。

最初から遊園地を建設するために、
夢を抱いて仕事をして来た人では
ありません。

ディズニーの狂気とビジョン

確かにディズニーが、

子供にも大人にも夢を与える
偉大な仕事を成し遂げたことは
事実です。

けれどもミッキーマウスにしても
ドナルドダックにしても、

単純にディズニーが望んでいた
ものを形にしたわけではありません。

思いつきがあり、苦し紛れがあり、
ときには商業主義もあり、

映画配給会社やビジネスパートナー
の意見があり…

と、様々な紆余曲折があって
生まれて来たものなのです。

ディズニー自身は、

決してうまく結果を出していく
器用なビジネスマンタイプではなく、

経営難や実質的な倒産も
いくつか経験しています。

また、ときには、
「狂気」と呼ばれるほどの
ワンマンシップ、自分勝手さを
噴出する人物であったとも聞きます。

ビジョンと夢の実現と働き方

ディズニーの狂気に
振り回された人も多いでしょう。

ですが、その仕事の根底に
あるものに惹かれ、

「この考え方をどのように展開すれば、
もっと大きな成果が得られるか」

と考えて来た人たちの手で、
今日のディズニーランドへと続く過程が、

徐々に徐々に作られて来たのです。

ディズニーのビジョンに人が集まり、
夢の実現が果たせたのです。

ここで言いたいのは、

ディズニーランドというのは、

「ディズニーがこういう人物だから、
こういう会社になった」

というものではないのです。

彼の考え方を、どのように
ここが解釈して実際の仕事をして来たか、

という積み重ねが、

今のディズニーランドを支えている
ということです。

そして、これはどの会社に関しても
本当は同じことなのです。

私たち個人の働き方を考える
上でもこれは大切なことです。

ディズニーに学ぶ個人の働き方

私たちにとって重要なこと、
それは「すごい会社のすごい考え方」
を知ることではなく、

それを利用して

「自分自身のすごい考え方」

を作り上げることではないか、
ということです。

個人の働き方を中心に考え、

それがたくさんの人の考え方の
トータルになったとき、

自分が属する会社、あるいは
これから立ち上げる会社の

「すごい考え方」

ができるかもしれません。

でもこのようなことも
本来はどうでもいいことで、

大切なのはあくまで

「あなたのすごい考え方」で

自分自身が幸せで豊かになること
なのではないでしょうか。

その波紋が社会に広がる時、
偉大なビジネスは生まれるのです。

ディズニー自身もその狂気と
大きなビジョンを胸に働いてきた
のでしょうが、

その実現には自身以外の
大きな力が働いていたのも事実です。

次回はディズニーの夢の実現に
大きな役割は果たしたある人物について
紹介して生きましょう。

スポンサーリンク

 - 世界的グローバル企業に学ぶ仕事術