スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ウォルト・ディズニーに学ぶビジネスの成功方法と仕事の考え方

   

ウォルト・ディズニーに学ぶビジネスの成功方法と仕事の考え方
今回のテーマは、

ウォルト・ディズニーに学ぶ
ビジネスの成功方法と仕事の考え方

について紹介します。

日本でももちろん世界で、
子供だけでなく大人も魅了する、

ディズニーの世界、

そのエンターテイメントの世界の
面白さを紹介するテーマは
他にもたくさんあるでしょう。

私たちが仕事をする上で
何かヒントになるものはないか、

ここではあくまでビジネス視点から
ディズニーの持つ秘密に迫ってみましょう。

「”やるべき”と思ったことは、
何が何でもやり遂げる」

この言葉はこれから紹介していく
ディズニーランドの創業者である

ウォルト・ディズニーほど

それを頑なにやり遂げた
人はいないかもしれません。

伝説的な経営者として様々な
都市伝説も生まれる謎の人物ですが、

ビジネスマンとして参考に
できる部分はたくさんあるでしょう。

エンターテイメントビジネスの最高峰

ディズニーランドといえば、

まさに「魔法の国」であり、
その会社は夢を生み出してくれるところ、

「夢を与えるのが仕事」

こんな不思議な商品が
価値を生み出してくれるのですから、

ビジネスの世界は本当に
面白いものですが、

私たちにとって、
ウォルト・ディズニーさんは、

まさに夢のある仕事を実現した
代表的な人物と言えるでしょう。

ここでそもそも、

ディズニーランドが、どういった
経緯で生まれたかご存知でしょうか?

ある日のことです、

ウォルトさんは娘を連れて
ある遊園地に遊びに出かけました。

ただその遊園地の評判は悪く、

そもそも大人である自分自身が
楽しめるものではない、

というフラストレーションを
感じていました。

ただこうしたストレスに対し、

「もうこんなところには来ない!」

と放棄するのが一般人でしょうが、

ウォルトの脳裏には
とんでもないことが思い浮かびます。

もっと大人が来ても、子供と一緒に
楽しめる施設である方がいいのでは?

「そうだ、よし!もっと映画を
見るような感覚で誰もが楽しめるような、
エンターテイメント施設を作ろう!!」

そう決めてしまうのです。

ウォルト・ディズニーに学ぶビジネスの成功方法

ストレスや不平不満にストレスを
感じるのではなく、

少し視点を変えてその解決法を
探し出すという思考こそ、

成功するビジネスマンの特徴です。

ウォルト・ディズニーもそうした
資質を備えていたのでしょう。

ただ彼が他と違ったのは、

決めたらすぐ行動!

このアイデアを思いつくや否や、

カリフォルニア州アナハイムに
「ディズニーランド」を開園、

さらにフロリダのワニが住む
ようなジャングル一帯を買い占め、

そこを後に「ディズニーワールド」
と呼ばれる「夢の国」にしてしまうのです。

残念ながらウォルト・ディズニーさん
自身は、その感性を見る前に、

他界してしまったのですが、

ディズニーワールドは実際に
数多くの人々を惹きつけ、

子供だけでなく大人も楽しめる場所として、

「ディズニーランド」は
世界各国に拡大し、

そのサービスや仕事のあり方、考え方も
他企業の見本となりながら、

現在に至っているわけです。

ウォルト・ディズニーの仕事の考え方

「ディズニーランド」というテーマは、

エンターテイメント業界
ファッションやキャラクター
といった分野以外にも

ビジネスにおいても非常に人気の
あるテーマです。

タイトルにディズニーと
冠した著書もよく売れるそうで、

中には「その本の内容は真実でない」
ということで問題になったことまでありました。

またそのサービスの真髄を学ぶため
社員教育を学ぶため、

ディズニーのビジネスの成功方法や
仕事の考え方を手本しようとして来た
企業やビジネスパーソンも後をたちません。

実際に、

「ディズニー・インスティチュート」

という機関があり、こうした
ビジネス教育を担当しており、

世界35カ国の40業種で
何百万の人にそのノウハウを
教えてきているようです。

そしてよく知られているように、

ディズニーランドには
統合された強力な理念のもとに
運営されているということです。

「キャスト」と呼ばれる従業員が
「ゲスト」と呼ばれるお客さももてなす、

ディズニーランドの持つ空気感を
体感してもらうように徹底的に演出する、

話し方、笑顔の向け方、掃除の仕方まで、

細部にわたって全てが
ディズニーランドの考える理念に沿って
行われています。

こうした完璧とも言える
マネジメント手法が、

世界中にファンを増やし続けている
原動力であることは間違いないでしょうが、

よくよく考えてみれば、

こうした仕事の全ては、

創業者であるウォルト・ディズニー
が作った理念として片付けられるか?

といえばそんなことはないでしょう。

様々な紆余曲折を経てこうした
ノウハウが積み上がって来たのでしょう。

次回からそんなウォルト・ディズニーと
ディズニーランドが培って来た

ビジネスの成功方法と仕事の考え方
についてさらに詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

 - 世界的グローバル企業に学ぶ仕事術