スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ヒーリングとチャクラのバランス、健康と病気とチャクラの関係

      2018/01/15

今回のテーマは、

ヒーリングとチャクラのバランス、
健康と病気とチャクラの関係

について紹介します。

ヒーリングとチャクラには
深い関係があるのですが、

ヒーリングと言うのは

完全にすると言う意味です。

それは、健康でないもの、
病んでいるもの、

バランスを欠いているもの、
障害を持っているもの、

具合が悪いものを、

生来の健康で幸福な状態に
戻すのを助け、

必要であれば
成長と発達を促します。

世界には様々なヒーリングがありますが、

どういう方とをとるにせよ、
ヒーリングは常に私たちを勇気づけ、

私たちの意識が全体としての
健康に責任を持つ事を促すのです。

ヒーリングは私たちがこれまで
生きてきた人生経験の中で

私たちが引きずっている
様々ながらくたを取り払うのを助け、

幸福で健康で満ち足りた
人生を送るために、

チャクラを通じ
エネルギーシステムの
新しい部分を解放してくれます。

私たちの自然な流れを塞ぎ
私たちに栄養を与えてくれる
愛から私たちを切り離してしまう

古い感情や傷、苦い思いを
ようやく手放す事ができるのです。

本来ならばその部分が
発達すべき時期に味わった苦痛、

エネルギーシステムの他の部分のブロック、

あるいは肉体と霊体が交わる部分が
傷つけられた事などが原因で

ある部分の発達が
他の部分より遅れている事があります。

手術によってオーラに
穴があいたり、

チャクラそのものにゆがみが
でる事もあります。

その場合は、ヒーリングによって
自然なエネルギーの流れを
取り戻す事が必要です。

どんな病気であれ、
回復の過程においては、

患者の心理状態が非常に
重要である事は

数多くの研究によって
証明されています。

私たちの心理状態は私たちの
心がどれだけ平穏かによるもので、

それは私たちの魂の働きによるもの何で、

病気の回復は常に霊的な
プロセスを含んでいると言えます。

基本的に、肉体は
心と魂の調和がとれなければ
癒される事はありませんし、

愛がなければヒーリングは
起こりません。

霊的なヒーリングが行われた例も
古今東西数多くあります。

聖書にもお経にも
他の宗教の古い聖典にも
見る事ができます。

さらにそれは決して
単なる過去の出来事ではありません。

21世紀の現代も、

パワースポットや神聖な場所で、
医師の診察室や手術室で、

事故の起こった道路脇で、
そしてその他たくさんの場所で

日々世界中でおきているのです。

病気の子供には医学的な
助けも必要かもしれませんが、

その子を抱いて愛を注ぎ込んでいる
母親は、

その子の回復に力を注いでいます。

患者のために祈る医師もいますし、
手術室に入る前に祈りを捧げる医師もいます。

世界中にスピリチュアルヒーラーとして

自分の家、あるいは診療所で働く
人たちがいます。

あらゆる文化圏に
自分のため、そして人のための

神の力を借りるシャーマンがいます。

ヒーリングと言うのは

誰かが愛と確信を持って
自分を超えた善なる力に
助けを求める所には

必ず起きるものなのです。

そしてヒーリングに使える
ツールはたくさんあります。

パワーストーンと言うのは
便利で、効果を上げる可能性のある
ツールのひとつであります。

パワーストーンは私たちのその
エネルギーを喜んで分けてくれますし、

私たちを守り、私たちの周りから
私たちが落ち込んでいるときに

生まれるネガティブな感情を吸収して
エネルギーを調和させてくれるのです。




 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて