スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

7つのメジャーチャクラと21のマイナーチャクラの全体システム

      2017/07/30

今回のテーマは、

7つのメジャーチャクラと21の
マイナーチャクラの全体システム

について紹介します。

一言でチャクラといっても

実は一つではありません。

チャクラには
7つのメジャーチャクラと
21のマイナーチャクラがあると言います。

これから7つのメジャーチャクラの
位置や色など

詳しい特徴は次回以降に
紹介していきます。

まずはチャクラシステムの
全体像を見ていきましょう。

このサイトでも他の本でも
ひとつひとつのチャクラを
個別に見ていく事が多いですが、

人間としての総合的な機能において
チャクラがどんな役割を果たすのか
を論じるときに、

ひとつひとつを孤立したものとして
考えるのは非現実的である

と言う事に注意してください。

チャクラはみな密接につながっており、
相互に依存しているのです。

チャクラには7つのメジャーチャクラと
21のマナーチャクラ、

そして多くのもっと小さいものがあります。

小さいチャクラは主に、
関節、針治療に用いる
ツボと対応している事が多く、

今でも新しいチャクラは
絶えず見つかっています。

チャクラは回転する光の輪のように見えます。

それ空が違うスピードで
回転するため、

異なった光の波長を発し、
異なった色として知覚されます。

一番下のベースチャクラは赤、

その他はそれぞれ、
オレンジ、黄色、緑、青、インディゴまたは紫、
そして白、

と虹のような光のスペクトラムの
色をしています。

一番下のベースから一番上のクラウンまで

下から上に順に1から7の番号が
振られています。

またこのメジャーチャクラは
様々な流派によって名前があり、
混乱を招く事もあります。

メジャーチャクラはすべて

身体の前と後ろに見て感じ取る事ができ、
中央でつながっています。

前から後ろに、また後ろから前に
エネルギーが自由に流れるのが理想です。

クラウンチャクラとベースチャクラを
結ぶのが縦の軸で、

他のすべてのチャクラの中央を貫いています。

この縦に走るパワーの経路、
流れは頭の上に感じられ、

また背骨の一番下、

足の間から地面へと
漏斗状に開いています。

ルートチャクラは
大地からエネルギーを取り込み、

クラウンチャクラは天から
エネルギーを取り込んで、

エネルギーは両方向に流れます。

ルートチャクラはちょうど避雷針が
電気を地面に流すようにエネルギーを
地面につなぎ、

クラウンチャクラは高次の
霊的エネルギーの直接できるポイントです。

21のマイナーチャクラは

耳の前面部、両乳房の上、両手のひら、
足の裏、目の後ろ、卵巣あるいは睾丸の上、

そして両膝の後ろにあります。

胃、胸腺につながったもの、
スローとチャクラの下(鎖骨の中央)

そしてソーラー・プレクサス・チャクラにもあり

脾臓に二つ、
そしてセイクラルチャクラのそばにひとつあります。

チャクラはオーラと肉体の両方を貫き、

私たちのすべての面において
エネルギーを充たし、

生命力を与えて、

代謝、分泌腺、免疫、神経、
血液循環、呼吸、消化、生殖、筋骨格など

あらゆるシステムに影響を与えています。

チャクラの健康状態が
私たちの肉体的、感情的、霊的な
発達を決定付け、

またその逆に、私たちの発達における
様々な要因がチャクラの健康状態に
影響をします。

人が生まれる時、
すべてのチャクラは未発達の
状態で存在しています。

肉体のすべての部分がそうであるように
物理的なものであれ、
感情的なものであれ、

早い時期に受けたトラウマは
チャクラの発達を阻んだり、

ゆがめたり、あるいは傷つけたりします。

空間からエネルギーを取り込んだチャクラは
私たちの存在全体に絶え間なく、
新しい生命を吹き込みます。

エネルギーシステムが塞がれていても
もちろん生きていく事はできますが、

エネルギーの流れが弱くなれば、
私たちの活力、喜び
そして包括的な健康が損なわれます。

ヒーリングをすると
チャクラは掃除され、
バランスを再調整し、
古くなったエネルギーを手放し、

停滞した状態を改善し、
調和を取り戻し、

こうした7つのメジャーチャクラと
21のマイナーチャクラが全体のシステムとして

エネルギーが自由に流れるのを助け、

そして私たちがもともと持っている
ヒーリングの力を高めてくれるのです。

 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて