スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

乙女座の人の特徴、物語と神話、対応する守護石パワーストーン

      2018/01/15

乙女座の人の特徴、物語と神話、対応する守護石パワーストーン
今回のテーマは、

乙女座の人の特徴、物語と神話、
対応する守護石パワーストーン

について紹介します。

春の大曲線を南に
伸ばした所にある

青白い一等星は、

乙女座のスピカです。

8月23日~9月22日生まれの
人は乙女座の

黄道12宮の第6星座で、

非常に大きな星座で、

うみへび座についで
全天第二の広さですが

明るい星はスピカの他
二等星はなく、

三等星が4個、
四等星が11個、

と暗い星ばかりなので、
そこから乙女の姿を見つけ出すのは、

なかなか容易ではありません。

乙女座の人の対応する守護石パワーストーン

対応するパワーストーン:

アマゾナイト

マラカイト

ピュアでロマンティックな
乙女座の人は、

礼儀正しく、常識を
重んじる真面目な人です。

神経質な面もあり、
対人関係に悩む事も多いでしょう。

そんなあなたを勇気づけてくれるのが、
アマゾナイトです。

人とのコミュニケーションを
楽しめるように導いてくれます。

また神経過敏で
細かいことを気にし過ぎたり、

緊張しやすいあなたには
焦りや不安を取り除き、

気持ちをリラックスさせてくれる
マラカイトがおススメです。

乙女座の人の特徴、物語と神話

大神ゼウスと巨人のタイタン族の
女神テミスの間に生まれた
アストラエラは、

正義の女神です。

大昔は、気候がよく、

人間は住む家も着るものも
必要ありませんでした。

自然に野山に食物ができ、

川には乳や酒が流れていて、

人々は働かないでも
自由に神々とともに暮らせる

「金の時代」でした。

「銀の時代」になると、

地上には四季の変化が現れ、

暑さ寒さが訪れて、

人間は家を建て、
着物をつくる必要が生じました。

自分で耕して、
種をまいて食物をつくらなければ
生活が出来なくなり、

強い者は弱い者をいじめて、
醜い争いの場になっていきました。

神々はそのような地上に
あいそをつかして、

天に引き上げていって
しまいました。

アストラエアだけは
地上の留まり、

熱心に正義の道を
人間たちに教えていたのです。

しかし「銅の時代」がくると、

地中から鉄を掘り出して
武器をつくり、

暴力がまかり通るようになって

人間たちの争いは
ますますひどくなりました。

さすがのアストラエアも、

遂に人間世界を見限って天に去り、
星座となったのです。

乙女座の人のスピリチュアルな特徴

この辺りは、
天の川から遠く離れて、

明るい星の数が少ない部分です。

βはザヴィヤーで
犬小屋の意味です。

光度は3.6等、
距離は33光年です。

γはポリマで、

ローマ神話の「女の妖精」
の名前です。

望遠鏡で見ると

黄色の3.6等星と
白い3.6等星との
二つに分かれて見えます。

この二重星は、

1718年にイギリスの
ブラッドリーが発見した者で、

周期171年の連星系になっていて、

32光年の距離にあります。

εはヴァンデミアトリックス
というの名前で、

「ブドウをつむ女」

の意味です。

日の出前にこの星座が見える所、

ブドウの収穫が始まる事から
ついた名前です。

光度は2.8等、

黄色い星で100光年の距離にあります。

・乙女座に対応する色

銀色、藍色、濃い紫色

・乙女座と相性のいい宮

双子座、魚座、牡牛座

・その他の効力を持つパワーストーン

アメジスト:日々の心配事から解放する

カーネリアン:不安や悪夢を和らげる

パイライト:自信とバイタリティを高める




 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて