スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

パワーストーン明るくなる、曇るなど石の色が変わった理由と対処法

      2018/01/15

今回のテーマは、

パワーストーン明るくなる、
曇るなど石の色が変わった理由と対処法

について紹介します。

「パワーストーン石の色が変わったのですが、
何か理由があるのでしょうか?

またどう対処すればいいでしょうか?」

という質問に答えたいと思います。

まずもしパワーストーンの
石の色が明るくなったような気がする時は

石の力が強まりグレードが
上がったと考えられます。

これは持ち主が頻繁に
吉方位に携帯したり、

吉方位の水に浸けたりした時の現象です。

石は生き物ですから、
成長したり弱ったりもします。

たとえ安価なパワーストーンであっても、
自分に合ったパワーストーンであれば、

その成長率(持ち主に運気を授ける力)は高いのです。

逆にもしパワーストーンの石の色が
曇ってしまったり、いくら磨いても輝きが
よみがえらなかったりする場合もあります。

これは、持ち主に降りかかる
はずだった災厄や悪い気を、

代わりに受けたせいで
パワーが弱まっていると考えられます。

このような時はすぐに浄化しましょう。

そのままにしておくと
不意に割れてしまったり、

なくなってしまう恐れもあります。

また石の色が変わった直前直後に
持ち主に大きな変化が現れる場合があります。

石が変化を察知し変色するのです。

パワーストーンは持ち主に
運気を与えると同時に守ってくれる
パワーもあります。

このように石を注意深く見たり
身につけたりすることで、

事前に悪い変化を察知し、
避ける事も出来るので、

常に何らか知らのパワーストーンは
身につけておく事をおススメします。

またもしパワーストーンが
割れてしまった場合も、

感謝を込めて
自然に帰してあげると良いでしょう。

しっかり浄化した後に、
川に返したり土の中に埋めるなどして

自然に帰してあげるのが
理想的な処分方法です。

石はもともと自然の中で
生まれたものですので、

役目を終えた石は
元いた場所に返してあげましょう。

ただ、パワーストーンの
色が変わっても、割れてしまっても、

害になる事は基本ないので、
何かあった時のために
保管しておくことも可能です。




 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて