スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

北欧スウェーデンの家具ショップのIKEAの創業者に学ぶ仕事術

   

北欧スウェーデンの家具ショップのIKEAの創業者に学ぶ仕事術
今回のテーマは、

北欧スウェーデンの家具ショップの
IKEAの創業者に学ぶ仕事術

について紹介します。

前回まで紹介したのが、

世界的コーヒーチェーンの

スターバックスコーヒーの
仕事術から

「やりたいこと」や
「楽しんでいる事」を、

絶えず追求して行くような、

ある意味、自分本位の物を考えて行く
姿勢も大切という話をしました。

またこれまで紹介してきた

グーグルやアップル、レゴ
と言った企業も、

「楽しんでやる」姿勢を追求
してきた企業ではないでしょうか。

この姿勢はこれまで紹介してきた
企業のやり方のほとんどに
共通する事かもしれません。

どの企業も、決してストイックに

一度決めた事を厳格に
やり続けたわけではありません。

彼らは好きなように考え、
それを実現する術を追求してきたのです。

それは当然で、働く側が
楽しめない会社が

世界的大企業になるのは、
かなり難しいという事でしょう。

楽しんで仕事をするメリット

楽しんで楽しんで仕事をすれば、
パッションを持って続ける事ができます。

没頭してできるわけですから
自ずと成功確率も上がるのです。

嫌々でも給料の為にやってしまうと、

結局長期的にエネルギーが
下がってしまいます。

だからこそ起業するのでも、
組織で働くのでも、

「楽しい」という感覚を大切に
するのは大事ではないでしょうか。

とは言えもちろん、

仕事は『遊び』とは
全くのイコールにはなりません。

遊び心は持つにしても、

やはり「お金」は、相手から
頂く物です。

何らかの形で人の役に立ち、
その分の金銭を得る、

という関係性を維持して行かない限り、

どんな仕事も成り立つ訳がありません。

そうである為には
やはり守るべきルールがあります。

ここを犯してはならない
という絶対条件のような物もあります。

これからある企業を例に、

そう言った厳格さについて
考えてみましょう。

そこでテーマにしたいのは
「IKEA」という企業です。

北欧スウェーデンの家具ショップ
IKEAの創業者の仕事術から
多くの事を学ぶことができます。

スウェーデンの家具ショップのIKEA

既に日本でも御馴染みなのですが、

北欧のスウェーデンからやってきた

新しいタイプの家具ショップです。

世界中に展開する大企業ですが、

安いし、機能的だし、
ファッショナブルだし、

買い物してて楽しいです。

私もここの店舗が大好きなのですが、

家具屋というよりも、

面白い商品を提示した「見本市」的な
エンターテイメント施設のようです。

何も買わなくてもお店に行くだけで
一日中過ごしてしまう事もあります。

楽しい雰囲気を持っていますし、
だいたいはセルフサービスで運営している
お店なのです。

だからこそビジネスの勉強という
観点からも学ぶことは多いですが、

一見IKEAのビジネスモデルは、

「厳格さ」という言葉からは、

ちょっとほど遠いように思えます。

ところが、この会社は「厳格」なのです。

それはひとえに、この会社の
創業者の生き方そのものと関わっています。

「IKEA」という名前が

そもそもどういう意味かと言えば、

「イングヴァル・カンプラード、
エルムタリッド、アグナリッド」

という長い言葉の略なのです。

IKEAの創業者に学ぶ仕事術

イングヴァル・カンプラード

というのは、

この会社の創業者の名前そのものです。

エルムタリッドは農場の名前で、
アグナリッドは村の名前です。

つまりこの会社、

「イングヴァル・カンプラードさんが、
アグナリッド村のエルムタリッド農場で起業した」

とその事実がそのまま
社名になっているわけです。

実際の所、日本では、
IKEAと言えば

「新しくできたお洒落な会社」

だと思っている人が多いでしょう。

しかし、その歴史は
第二次世界大戦前にまで遡ります。

元々は農場の物置小屋で始めた、
通信販売会社がきっかけでした。

そして、日本では御馴染み
とは言い難いカンプラードさんは、

ヨーロッパでは類を見ないほど
立志伝中の人物なのです。

日本で言う高校生くらいの
年齢で起業してから、

北欧スウェーデンの片田舎で
ここまでの世界的な会社を築き上げました。

厳格さが異常な起業家

その出世ストーリーも凄いのですが、

何よりその性格は「異常」
とまで言われ、

彼を伝説の人物としています。

どういった点が異常かと言うと、

その「厳格さ」なのです。

何せこの人のやってきた事を見ると、

個人の利益を頑までに
捨てようとしているようにも思えます。

ストイックに仕事そのものに生きる事を
追求する、そんな人物なのです。

スティーブジョブズや
ビルゲイツなど、

世界的に著名な起業家は多く、
彼らから学ぶことは多いですが、

IKEAの創業者はそれほど有名
ではありません。

特に日本ではほぼ無名と言っても
いいでしょう。

しかし彼から学ぶことはたくさんあります。

次回から北欧スウェーデンの
家具ショップのIKEAの創業者である、

イングヴァル・カンプラードに学ぶ
仕事術を紹介して行きましょう。

スポンサーリンク

 - 世界的グローバル企業に学ぶ仕事術