スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

日本の歴史上の人物、戦国武将、皇室の愛したパワーストーン

      2017/07/30

今回のテーマは、

日本の歴史上の人物、戦国武将、
皇室の愛したパワーストーン

について紹介します。

日本では、古来から
よくパワーストーンのサポートを
借りて偉業を成した人も多いです。

特に水晶はよく使われており、

戦国武将では、
甲斐の国の大名である

かの武田信玄が、

水晶が108個連なった
1.2mの数珠を手にし、

神仏の加護を祈りながら
戦場に挑んだと言われています。

日本では、水晶に関する
最初の記録が残っているのは

「日本書紀」に見られます。

その水晶は神功皇后が
海中から拾った「如意玉」と呼ばれるもの、

皇后が霊力を発揮する際に、
神聖な占いの道具として
用いられたとのことです。

その水晶は現在でも、
兵庫県西宮市の広田神社に残っています。

このように水晶をご神体として祀る
神社も日本各地にあります。

戦国武将も水晶のパワーに注目し、

良い気を活性化させるパワーが
あることを知っていたのでしょう。

戦やまつりごとに使ってきたのですね。

 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて