スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

非晶質、結晶質などパワーストーンの結晶の形とエネルギーの特徴

      2017/07/30

今回のテーマは、

非晶質、結晶質などパワーストーン
の結晶の形とエネルギーの特徴

について紹介します。

パワーストーンは結晶の形によって
エネルギーの特徴が変わります。

このサイトでは石を紹介する時に
なるべく結晶系の種類も紹介していますが、

あなたにピッタリの
パワーストーンを選ぶ際に、

結晶の種類も参考になるでしょう。

そんな結晶別の特徴を今回は解説します。

パワーストーンのクリスタルは、
原子が規則正しく並んだ結晶からできています。

こうした性質を「結晶質」と言います。

また一部の鉱物には
原子配列が不規則なものもあります。

この性質を「非晶質」と言います。

パワーストーンや鉱物を
結晶系で分類する場合、

結晶軸の本数、長さ、交わる角度の
組み合わせによって6つのタイプに分類できます。

それぞれに秘められたエネルギーの特徴を知り、
より高度にパワーストーンを活用しましょう。

等軸晶系のストーンのエネルギーの特徴

<特徴>

上げ前後左右の三つの結晶軸の
長さが等しく、

三本の結晶軸がすべて直角に
まじわるものです。

<代表的なストーン>

ダイヤモンド、ガーネット

<エネルギーの特徴>

創造と独立にエネルギーを軸に
増殖していくエネルギー、転換と変革のエネルギー

強い意志と安定のエネルギーを持っています。

斜方晶系のストーンのエネルギーの特徴

<特徴>

上げ前後左右の3本の結晶軸の長さが
すべて異なりますが、

3本の結晶軸の全てが
直角に交わるものです。

<代表的なストーン>

トパーズ、ペリドット

<エネルギーの特徴>

増殖するエネルギーを持っています。

正方晶系のストーンのエネルギーの特徴

<特徴>

上下前後左右の3本の結晶軸の
すべてが直角に交わり

うち二本の結晶軸の長さが
等しいものです。

<代表的なストーン>

アポフィライト

<エネルギーの特徴>

創造と独立のエネルギーを軸に、
増殖していくエネルギー・転換と変革のエネルギー
強い意志と安定のエネルギーを持っています。

単斜晶系のストーンのエネルギーの特徴

<特徴>

上下前後左右の3本の結晶軸の
長さがすべて異なり

うち2本の結晶軸だけが
直角に交わり

一本が斜めに交差するものです。

<代表的なストーン>

ムーンストーン

<エネルギーの特徴>

創造と独立のエネルギーを軸に、
増殖していくエネルギー・転換と変革のエネルギー
強い意志と安定のエネルギーを持っています。

六方晶系(三方晶系)のストーンのエネルギーの特徴

<特徴>

4本の結晶軸のうち上下軸の
長さだけが異なり、

同じ長さの3本の結晶軸がお互いに
120度の角度で交わるものです。

<代表的なストーン>

クリスタル、ルビー

<エネルギーの特徴>

繁栄と成功のエネルギー、
調和と拡張のエネルギーを持っています。

三斜晶系のストーンのエネルギーの特徴

<特徴>

上下前後左右の3本の結晶軸の
長さがすべて異なり、

三本の結晶軸の交わる角度が
すべて斜めに交差するものです。

<代表的なストーン>

アマゾナイト

<エネルギーの特徴>

繁栄と成功のエネルギーを持っています。

物のたとえで表現される石

また、鉱物の結晶の内
細長くのびたものは

毛状、柱状、針状、などと表現されます。

また結晶のがいくつかの
集合体になっているものは

樹枝状、ブドウ状、放射状

などと表現されることもあります。

 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて