スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

パワーストーンをしっかりと浄化し効果を上げる種類と方法、理由

      2018/01/15

今回のテーマは、

パワーストーンをしっかりと浄化し
効果を上げる種類と方法、理由

について紹介します。

「浄化」と言うテクニックは
石を清めることを言います。

パワーストーンを新しく買った場合も、
プレゼントされた場合でも、

石をパワーストーンとして使用して
効果を上げようとする場合、

必ず浄化と言うのは必要です。

パワーストーンと浄化と言うのは
切っても切れない関係にあるのです。

他人のエネルギーを吸収するパワーストーン

パワーストーンに浄化が必ず必要な理由…

それはなぜかというと、

その石が自分の手に入るまでに
色々な人の手を渡ってきており、

その人たちの思いや
邪念が込められているからです。

石と言うのは人間や環境など
周りのエネルギーを吸収しやすい性質があるのです。

また自分のものになってからも
願いをかけた後や

ヒーリング(癒し)を行った後や

しまい込んでいた石を
もう一度使い始める時など

浄化をすることで
元のエネルギーが取り戻せるようになるのです。

石を活用させていなくても、
長い間持ち歩いていると
パワーが感じられなくなることがあります。

そんな時にもしっかり浄化をして、

パワーストーンに新しい
エネルギーを注いであげる必要があります。

ただし、願をかけているときは
石には浄化をしないようにしましょう。

様々な浄化の方法がある

浄化の方法には色々なやり方があります。

しかし、やり方によってはパワーストーンの力を
損なったり、石を壊してしまう場合もあります。

浄化方法と意志の相性もあります。

なので注意が必要です。

石ごとに安全な浄化法を覚えるのは大変なので、

できればどんな石にも
対応できる方法で行うか、

何度もこのサイトを復習して
確認することをおススメします。

ちなみにクリスタルはどんな浄化法でも対応できます。

またクリスタルは自浄作用があるので
他の石よりも浄化を頻繁にしなくても
大丈夫なケースがあります。

浄化の頻度はどれくらい?

通常な一カ月に1,2回で大丈夫ですが、

何となく気になった場合は
その都度浄化を行う事をおススメします。

正しい方法であれば、
浄化のやりすぎで悪い事はありません。

むしろ浄化を怠りすぎると、
邪気によ売る弊害があります。

パワーストーンを持つことで
悪い影響があると感じる人がたまにいますが、

それは石に邪悪な気があるのでなく、

石が吸収した気に影響されると言う事で、
これは浄化によって解決できます。

浄化をさぼってしまう人は
パワーストーンを身につける資格はない
と言っても過言ではないくらい、

とても大切なプロセスなのです。

浄化の具体的なやり方は以下の通りです。

様々な方法があるので、
石の性質やその時の状態によって
使い分けて下さい。

日光浴によるパワーストーンの浄化

太陽はすべてのエネルギーの根源です。

なのでパワーストーンを日光浴させてあげると
浄化とともにパワーチャージもできます。

10分から30分ほど、太陽光に当てます。

特に光線が一番パワフルな午前中に
当てると効果的です。

日あたりの良い場所であれば、
太陽光が直接当たらなくても大丈夫です。

アメジスト、セレスタイトなど
太陽に弱い石があるので注意しましょう。

日光浴に適した石:
カーネリアン、クリスタル、クリソプレーズなど、

浄化の頻度:
月に1~2回程度

月光浴によるパワーストーンの浄化

あらゆる石の浄化に適しています。

新月から満月までの月光が最適で、
特に満月の夜は最も効果があります。

また満月はパワーストーンの
パワーアップにも最適です。

基本は庭やベランダなど
直接月光が当たる場所か、

窓際に一晩置いておきます。

ムーンストーン、モルダバイト、
ラブラドライトなど

月や宇宙に関するパワーストーンには
特に効果的な浄化法です。

月光浴に適した石:
アメジスト、シトリン、ムーンストーン、フローライトなど、

浄化の頻度:
新月と満月の間に一回程度

流水によるパワーストーンの浄化

流れる水によって石が吸い取った
想念やエネルギーなどを洗い流すことができます。

流水による浄化のやり方は、
パワーストーンを手に持って

数十秒から1分間程度、
水で洗い流すだけです。

湧水や天然水などが理想ですが、
水道水でも構いません。

水気を切った後は、
日光浴や月光浴を行います。

アズライト、セレナイト、ターコイズ、
ロードクロサイトなどは

水に弱いので注意しましょう。

流水に適した石:
アクアマリン、ガーネット、クラスター、クリスタルなど、

浄化の頻度:
月に2,3回程度

クリスタルのクラスターによるパワーストーンの浄化

クリスタルのクラスター(群晶)や
クリスタルの小片を集めたうえに、

パワーストーンを置きます。

愛用のクリスタル、アクセサリーなどを
クラスターの上に置くだけで浄化され、

パワーチャージを手軽に行う事ができます。

浄化に使うためのクリスタルのクラスターも
時々水洗いや太陽光に当てて浄化をしましょう。

クラスターに適した石:
ほとんどのパワーストーンに対応

浄化の頻度:
月に2~3回程度

煙によるパワーストーンの浄化

ネイティブアメリカンに古代より伝わる
伝統的なパワーストーンの浄化方法が、

ハーブのセージを焚き、
その煙の中にパワーストーンを
2,3回くぐらせ、

まんべんなく煙をいきわたらせる方法です。

セージは浄化能力の高い
ホワイトセージを使うのが
最も適しているでしょう。

特に水に弱い石にお勧めの浄化法です。

また、セージを燃やす器は
貝殻を用いるとより効果的です。

煙浄化に適した石:
ほとんどのパワーストーンに対応

浄化の頻度:
月に1~2回程度

植物によるパワーストーンの浄化

あらゆる石に有効な浄化法です。

植物は二酸化炭素を吸い取って
キレイな空気に変換します。

同じように、石のマイナスエネルギーも
良いエネルギーへと変えてくれます。

花や観葉植物などのそば、
または葉っぱの上に石を置きます。

この方法はほとんどの石に適した
カンタンな方法で、

また壊れたパワーストーンを
植物の根本に置いておくと、

石の力で植物が生き生きとします。

植物に適した石:
ほとんどのパワーストーンに対応

浄化の頻度:
月に1,2回程度

塩や塩水によるパワーストーンの浄化

なるべく天然の塩や、
粗塩を使って薄めの塩水を作り、

その中に石を入れて一晩置き、
翌日に流水ですすぎます。

塩には「無」に戻すパワーがあり、

ほとんどの石に適した強力な
浄化方法です。

水が苦手なパワーストーンの場合、

盛り塩の上に置くか、
塩に埋め、浄化後はさっと
水洗いして布で拭くと良いでしょう。

強い邪気を帯びてしまった場合に
お勧めの浄化法です。

塩の浄水に適さない石
アンバー、カルサイト

音によるパワーストーンの浄化

チベット仏教の儀式に使われる
シンギングボールやクリスタルボール
音叉(おんさ)、鈴、美しい音楽

など石に音の波動を伝える
浄化方があります。

パワーストーンの近くで
これらを使って音を鳴らします。

また良い音というのは
空間そのものの浄化や癒しにもなります。

比較的手に入りやすい「チベタンベル」は
ポピュラーな音による浄化法です。

石にベルなどの清浄な音を
響かせることで共鳴が起き、

石の持つ振動(波動)を
高めて浄化されます。

あらゆるパワーストーンにお勧めの方法です。

音に適した石:
ほとんどのパワーストーンに対応

浄化の頻度:
気になった時にいつでも

土に埋めるパワーストーンの浄化

石の曇りがなかなか取れないときなど、
土の中に埋めて浄化してみましょう。

静かな環境にある
自然の土であればOKです。

深く掘る必要なはないので
一晩ほどパワーストーンを埋めておき、

翌日にはサッと水洗いして
布で拭きます。

時間は24時間くらいが目安です。

埋める場所はなるべく自然に近い
清らかな土を選びましょう。

土に適し石:
ほとんどのパワーストーンに対応

浄化の頻度:
月に1回程度、石が壊れた時

邪気除けや魔除けのお守り石は念入りに浄化を…

以上様々なパワーストーンの
浄化の種類、方法と言うのはあるのですが、

魔除けや邪気などから身を守るためには、

オニキス、黒水晶、スモーキークオーツなど
黒っぽい石がよく利用されます。

黒い石は、エネルギーを吸収する
性質の強い石いです。

これらの石は、
あなたに降りかかるマイナスの
エネルギーや邪気を吸い取ることで、

あなたを守っています。

これらの石は常にあなたを
守ってくれる反面、

マイナスのエネルギーをため込んでいるので、
浄化を特に念入りにしたいですね。

お守り石で身につけるものは
できれば毎日、

少なくとも週に1~2回は浄化をしましょう。




 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて