スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

また会いたいと思わせる人、人の話を聞くのが上手い人の特徴

      2016/09/22

また会いたいと思わせる人、人の話を聞くのが上手い人の特徴
今回のテーマは、

また会いたいと思わせる人、
人の話を聞くのが上手い人の特徴

について紹介します。

前回、成功者の持つ
表情や雰囲気の作り方として、

表情豊かな人には
人は良い印象を持ってもらえる
という話をしました。

その結果、人、情報、仕事も
集まるようになってきて、

成功から逃げることが出来ない
状態になることが出来ます。

年収1000万円を稼ぐ人の共通点は

人から好かれる、信頼される」

という部分なのです。

ここで「愛情」の反対語は何でしょうか?

また会いたいと思わせる方法

憎しみ?嫌い?

色々と答えはあるでしょうが、

愛情の反対語は「無関心」
だと私は考えています。

無視されたり、反応がなかったり、、

という人に対して、

人は愛情など感じないものです。

リアクションがない人に
語り続ける人などいないのです。

そう考えれば、

「リアクション」こそが、

人と人と結びつける最も基本的な
行為と考えられますし、

また会いたいと思わせる人になる
秘訣が隠されているとも言えます。

この社会では無関心なまま
成功は出来ないようになっています。

人の話を聞くのが上手い人の特徴

こうした観点から見ると、

成功者に共通する特徴は、

「大袈裟なくらいに人の話に反応する」

ということです。

松下幸之助さんや本田宗一郎さんは、

人の話を聞く天才だった
と言われています。

アメリカのトップキャスターである
ラリー・キングさんも
こう言っています。

「私は毎朝、自分にこんな風
に自分に言い聞かせている。

『今日、私が口にすることは、
私には何も教えてくれない。

だから、もし何かを学ぼうとするなら、

私は人の話にじっくりと
耳を傾けなければならない』

数多くの成功者が、人の話を
聞く事の重要性を実感し、

そしてそのスキルを磨こうとしています。

コミュニケーションスキルこそ
成功の土台になるのです。

人は自分の話に興味を
持ってくれて、

大きくうなずいてくれる人に
対して心を開くという傾向があります。

話を聞くのが上手い人は好かれる

さらに、共感を示し、
同調してくれる人に対しては、

好感を持って気持ちよく話を
してくれるのです。

「田中さん、面白い企画を考えたんですよ。」

「ふーん、どんな企画なの?聞かせてよ」

「口コミを使ったプロモーション企画なんですけど」

「へえ、口コミ?面白そうだね。例えば」

こんな風に反応して行くと
相手は次々と話をしてくれます。

逆についつい否定から入ってしまったり、

そもそも相手の話を聞かずに、
自分の話ばかりしたり。。

という人に対しては、
話を聞く気もなくなります。

成功者ほど「人たらし」の天才なのです。

つまり私たちも人の話を聞くのが
上手くなればなるほど、

また会いたいと思わせることが
出来るようになり、

チャンスを増やすことができるのです。

成功者はまた会いたいと思わせる人

より良い人間関係の構築は、

良い人生、良い仕事をするために
欠かせないものです。

成功者はまた会いたいと思わせる
事の天才なのです。

そしてそれは意識して身につけた
スキルでもあるのです。

放っておけば人は、

自分の話をしたい、
相手のことはどうでも良い、

と思ってしまいがちです。

だからこそ成功している人は、

身振り手振りを使って
大きく反応して、

相手を楽しませよう、満足させよう
とする気持ちにあふれています。

コツとしては、自分では

「少し大袈裟かな」

と感じるくらいがちょうどよい
くらいです。

「この人にまた会いたい」

と思われる人にこそ、

人も情報も、そしてお金も集まるのです。

人の話を聞くのが上手い人の特徴を理解し、
このスキルをドンドン磨いて行きましょう。

スポンサーリンク

 - 金運アップとマネーの成功法則