スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

目標達成する人は行動力があり実践派、結果は行動から生まれる

      2016/08/06

目標達成する人は行動力があり実践派、結果は行動から生まれる
今回のテーマは、

目標達成する人は行動力があり
実践派、結果は行動から生まれる

について紹介します。

学校で勉強し、テストを
受ける事になれてきた私たちは、

知る事、理解する事、
やる事、できる事、

の違いがイマイチ分かって
いない事が多いです。

しかしこれらには
大きな差があるのです。

「知る」→「分かる」
「やる」→「できる」

というのはステップがあります。

「知る」という山をのぼって行くと、
やがて「分かる」という頂上に到着します。

そして「やる」という山をのぼると
「できる」という頂上に到着します。

教科書の内容を「知る」
事はできますが、

そこに経験が加わらなければ
本当に「分かる」事はないのです。

先生の言われた通り「やる」
事はできますが、

自分で繰り返し練習しなければ
「できる」ようにはならないのです。

結果は行動から生まれる

受け身で成功は不可能なように、

「わかる」=理解する

というレベルからステップアップして

「できる」=実践する

ステージに行かない限り
成功はできません。

もちろん知る事、考える事、
理解する事、思考することも

大切なことですが、

何よりも行動が一番大切なのです。

目標達成する人は行動力があり
とにかく実践派です。

私の周りで年収1000万円以上を稼ぐ
仕事で成功をしている人も、

実践派ばかりです。

机上の空論タイプは一人もいません。

「分かる」事を目指すのでなく、
「できる」事を目指すタイプのほうが
圧倒的に多いのです。

「頭で覚える」よりも
「身体で覚える」という感じです。

考えるより前にまず先に
動き出すと言えるかもしれません。

目標達成する人の特徴

理解というのは思考のレベルですが、

実践には行動が伴います。

思考しただけでは結果は
全くでませんが、

行動すれば何かしらの結果がでます。

目標達成する人はこの行動を
しっかり積み重ねられるのです。

その内容がどうであれ、
行動して結果を出した方が強いのです。

実践派にのみ成功は訪れるのです。

例えば、
ビジネス系のセミナーなどに
参加する人も多いでしょう。

こうした場所は
「学ぶ場所」でしょうか?

私は違うと思います。

実践のきっかけを作る場所だと
思っています。

ある研修会に参加したときのことです。

その中にノンバーバル
(言語に頼らない非言語)
コミュニケーションをテーマにした
講義があったのですが、

言葉ではなく、

表情や動作、身振り手振りを使って、

円滑に相互のコミュニケーション
を図るトレーニングが内容でした。

「知っている」ことと「できる」事は違う

この研修会で
目標達成する人は行動力があり実践派
である事をしみじみと実感しました。

当然ボディランゲージなど
言葉以外のコミュニケーション
の重要性は、

みな「知っている」はずですが、
それが「できる」ようになるのは
実践が必要でしょう。

そのトレーニングでは、

まず音楽に載って自分を
表現し自己紹介するという
エクササイズから始まりました。

テンポのいい音楽に合わせて
踊りながら、自分の名前や出身地、
趣味などを伝えるというものです。

まず講師の先生が
音楽に合わせでご自身で
デモンストレーションをします。

客観的に見るとお笑い芸人のようで
かなり恥ずかしい行為です。

それを大真面目にやるので
会場は笑いでいっぱいになりました。

先生もそんな受講者の反応を
承知の上でやっています。

「自分自身を解放すると、
周りの空気が変わりますよね?」

と説明され、続けて

「ではまずこの会場にいる
何人かの方にやってもらいましょう。」

と会場を見回しました。

目標達成は行動から生まれる

その研修会には、企業の経営者から
一般のビジネスマンまで

多くの人が参加していたのですが、

会場のほとんどは照れや恥ずかしさ
に躊躇して様子をうかがっています。

そこで先生が

「実際にやってみたい人?」

と訊ねると、ほとんどが
手を挙げませんが、

数名が名乗りを上げました。

「何事もやってみる」
主義の私も当然手を挙げました。

そして7、8人で円陣を組み
歌に合わせて踊りながら、
自己紹介をして行きます。

先生ほど慣れてないので
調子は狂い、踊りはぎこちない

と会場は大爆笑です。

恥ずかしさも最初だけで
その場の雰囲気を楽しんでしまおうと、
開き直りの気持ちで、

私も声を張り上げました。

そのデモンストレーションが
終わると皆表情が柔らかくなり、

無防備なまでに素の自分が
そこに出ていたのです。

先生はすかさず

「お互いがお互いを受け入れられる
空気のようなものが、

この中に生まれたと思いませんか?」

と訊ね、踊りを終えた全員がうなずきました。

経験を通じて学べる事

理解が腑に落ちた感覚でした。

頭でいくら勉強しても
「コミュニケーション」が
うまくなるわけではありません。

この研修会では実践を通じて
ノンバーバルコミュニケーションの
体感をさせてくれたのです。

しかも、私たちは中でも大勢の前で
やる経験がで来たわけですから、

机の上で勉強しているよりも
遥かに大きなものを学べたのです。

私の自己紹介スキルは
ここから大きく変わりました。

コミュニケーションのスキルは
大きく向上しました。

さらに驚くべき事が、

後からそのデモンストレーション
に手を挙げた人と歓談して
驚きました。

改めて分かった事は、

そこに参加した人たちは全員
急成長企業のオーナー経営者
ばかりだったのです。

自分で事業を起こそうと言う
ような考えの人は

「やってみますか?」

と言われたら

即座に「やってみます!」
と手を挙げる実践派である

という事を改めて気づかされる
場面でした。

目標達成する人は行動力があり
実践派の特徴があります。

なぜなら結果は行動から生まれる
という事を知っているからでしょう。

スポンサーリンク

 - 金運アップとマネーの成功法則