スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

何となく生きるでなく明確な目的意識を持つ、目標は可視化する

      2016/08/04

何となく生きるでなく明確な目的意識を持つ、目標は可視化する
今回のテーマは、

何となく生きるでなく明確な
目的意識を持つ、目標は可視化する

について紹介します。

以前このテーマで、

「本気で年収1000万円を
稼ぎたいと思っているか?」

という本気度を問いかける
質問をしましたが、

1000万円という具体的な
目標を自ら掲げられるかどうかは、

成功する為の絶対的な
条件となるのです。

さらには、その目標について
本気で強く願って掲げた
かどうかも、

その後の達成度に大きな
影響をしてくるのです。

人の目を気にして適当な
気持ちで掲げた目標では、

人は変わる事はできないのです。

「なんとなく」立てた目標と

「明確な目的意識」を持って
立てた目標とでは、

結果はまるっきり違ってくるのです。

成功者の持つ目標設定力

「大金を稼ぎたいな〜
そうすれば楽しいだろうな〜」

くらいでは結果は出せません。

「目標設定力」というのは、

どれだけ切実に、かつ可視化
できるくらい具体的に

目標を設定する事が
できるかどうかの能力の事です。

世の中には「何となく生きる」
人がたくさんいます。

しかしこのサイトを読む
という時点で、

あなたは何かしら問題意識を
持っている人でしょうから

「何となく」派ではないでしょう。

ただ、タチの悪い事に、

今の世の中は「何となく生きる」
事が可能ですし、

そこそこの生活も維持できます。

しかしそう言った人たちの
考え方に引っ張られていたら、
成功などありません。

「何となく…」では頭に残らない

平均を突き抜けたい、

ある程度の高いレベルの
生活を望むのであれば、

「何となく」の生き方を
していれば絶対に手に入りません。

年収でいえば

「なんとなく」でも、
年収300万くらいなら
維持できるでしょうが、

「なんとなく」で
年収1000万円になったという
人は一人もいないのです。

だからこそ目標設定力、

明確な目的意識を持つ、
目標は可視化する力が重要です。

ここで一つ質問です。

あなたは休日を「なんとなく」
過ごしてしまった経験はありますか?

…私はあります。

「何となく」過ごした休日
というのは、

「あれ、そう言えば何してたかな」
「就職に何を食べたっけ…」

というくらい記憶に残りにくいものです。

逆に、明確な目的意識を
持って過ごした休日というのは
どうでしょうか?

例えば、

仲間と集まって美術館巡りをした休日、
家族と屋形船で花火大会を見た休日、
憧れの講師のセミナーに参加した休日、

などです。

明確な目的意識を持って
充実して過ごした休日は、

その日に食べたもの着ていた服装など
細かい部分まで覚えているものです。

明確な目的意識を持つと行動できる

人の脳の性質を見ても

「何となく生きる」のでは
ぼんやりしてしまうのです。

「なんとなく」と
「明確な目的意識を持つ」

この違いをまずは感覚的に
理解しておいてほしいと思います。

そしてもう一つ質問です。

あなたは「何となく」美味しい
ものを食べたいと思った事はありませんか?

…私はあります。

誰しもがそう言う気持ちに
なった事があると思います。

ただ、大事なのはここからです。

「何となく美味しいものでも食べたいな」

…で思考を終わらせてしまえば、
本当に美味しいものにはありつけないのです。

ボーッとしたまま時間が経ち、

結局身近ないつもの
ありあわせの食事で済ませて
しまうのがオチです。

「新鮮なネタを使った
安くてうまい寿司を食べたい」

「霜降り肉の肉汁が滴り落ちる
ステーキを腹一杯平らげたい」

「今まで食べた事のない
モンゴル料理を食べてみたい」

…など、具体的にテーマを
決めるからこそ、

ネットで探索したり、グルメな
友人に聞いたりして、

希望に叶うお店を探し
行動に移す事ができるのです。

私たちの脳というものは、

「何となく」でなく
明確な目的意識を持つと、

目標が可視化され行動に
移せるものなのです。

「何となく生きる」のを辞めよう

旅行でもこれは同じです。

「何となく」どこか行きたい…

などと思っているだけでは、
結局どこにも行けないのです。

「世界遺産巡り」とか「南の島」
とかテーマを決めて、具体的に
イメージしていくから、

旅行代理店に足を運んだり、
ネットや飛行機や宿の空き状況を
調べたりして、

現実に向かうのです。

目標というものは
「なんとなく」の状態ではなく、

明確に具体化して行くからこそ
現実になるのです。

これはビジネスの面、年収の
面でも全く同じ法則なのです。

年収1000万円を稼ぐなら
何となく生きることを今日から
辞める必要があります。

そして私の周りで
何かを成し遂げている人が、

必ずと言っていいほど
実践しているものが

「目標を目に見えるようにする」

ということ、つまり可視化です。

目標を可視化する事のメリット

「目標を目に見えるようにする」

というのは、
手帳に書くのでも良いですし、
壁に張り出すのでも良いです。

文字に書き出すだけでなく
写真やイメージを使うのも良いでしょう。

いずれにしろ、頭の中で
ただ考えるだけではなく、

目標を具体的にしていつも
見えるようにしておく事です。

効果的なのは、毎日、何回も
見えるように工夫する事です。

視覚から入ってくる情報は、

脳を強く刺激して、
何が何でも目標を達成せねば、

と強い気持ちにさせてくれます。

この目標を可視化する方法は、

本当に成功者と言われる人の
多くがやっている事です。

彼らのオフィスを訪ねると、
必ず、目のつきやすい場所に、
目標を書いた紙が貼っています。

何となく生きるでなく
明確な目的意識を持つ、

そして目標は可視化する
というこのテクニックを、

あなたも騙されたと思って
まずやってみてください。

スポンサーリンク

 - 金運アップとマネーの成功法則