スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

成功者は楽天的で上昇志向が強い、リスクをとるチャレンジが好き

      2016/12/01

成功者は楽天的で上昇志向が強い、リスクをとるチャレンジが好き
今回のテーマは、

成功者は楽天的で上昇志向が強い、
リスクをとるチャレンジが好き

について紹介します。

希少な人材価値がある人が
報酬を高めることができるのであり、

その為にはスキルを磨くことが
欠かせないわけですが、

これから

「年収1000万円稼げる人」

になる為に欠かせない

能力や資質について

もう少し具体的に説明して
行きたいと思います。

そしてまず最初にどんな
能力が必要なのか…

色々と考えてみたのですが、

一言で成功者と言っても
持っている能力やスキルは
多種多様です。

しかし一つ共通点があるのが、

「楽天的な思考」ではないでしょうか。

スポンサーリンク

成功者に共通する楽天的な思考

これまでも形を変えて
この思考の大切さを繰り返して
お伝えしてきたのですが、

やはり年収10000万円を
超えるような人たちが共通して
持っている「資質」であり、

欠かせない能力だと言う
確信に近い気持ちが私の中にあります。

私はこれまでのビジネス
人生で多くの人たちを見てきましたが、

その実感として持つのが、

成功者は強力な楽天家である
ということです。

いつでもどこでもどんな状況でも
前向きに考えるのです。

なぜなのかと考えてみれば、

やはりチャレンジが好きという
所に行き着くのではないでしょうか。

安定、現状維持を好むのでなく
さらに上を目指す性質があるのです。

成功者はリスクをとるチャレンジが好き

より大きな「成功」には
より大きな「チャレンジ」が
必要になってきます。

当然、チャレンジすればするほど

それに比例して、失敗の
リスクも増えて行きます。

リスクをとる事無しに
大きな成果は獲得できません。

その為にも成功にはリスクを
とる覚悟を決める度量が求められるのですが、

まるでジェットコースターに乗るように、

それをワクワクしてとるのが
彼らの性質の一つです。

起業家の人は

ポジティブシンキングの人が多い
と言われますが、

現実逃避の為に楽天的に
考えるというおりむしろ、

常に成長を求める
上昇志向が根底にあります。

リスクがつきものの起業家を
選択した時点で、

既にふるいにかられているのです。

上昇志向が強い人、弱い人

会社に勤めるビジネスマンでも、

上昇志向が強く、
チャレンジが好きな人は

自分の責任において
新しいチャレンジを組織の中で
次々とやっていきます。

失敗すれば、降格や左遷など
リスクがあるにも関わらず、

出る杭となり頭角を現します。

こう言うタイプの人も、

間違いなくポジティブなものの
見方をする楽天家です。

起業家であろうとも、
会社員であろうとも、

大きな成果を求め、
チャレンジをする人は、

ピンチに陥っても

「なんとかなるだろう」
「どこかに突破口があるはず」

と考えていちいち落ち込みません。

むしろ失敗を糧にするくらいの
楽天的な思考を持っているのです。

年収1000万を超える楽天的な思考

もし失敗したくない、安全でいたい、

というリスクをとる生き方が
どうしても選択できないという人は、

誰かの指示に従って、
責任のない立場で、

ある程度やるべき仕事の
枠組みが決められている

ルーティーンワークをするしかありません。

残念ながらその生き方で
年収1000万を超えるのは
困難と言えるでしょう。

逆の立場になれば分かると思います。

あなたが企業の経営者として、

リスクを覚悟で大きな成果を求める為に
新しいことにチャレンジする社員と、

リスクを避けて誰でもやれる
ルーティーンワークしかしない社員では、

どちらに高い報酬を払うでしょうか?

成功者は楽天的で上昇志向が強い、
リスクをとるチャレンジが好き

という資質を持っているのです。

年収1000万円を超える人と
平均的な年収で終わる人の違いは、

こうしたリスクに対する考え方に
最も違いが現れるのです。

スポンサーリンク

 - 金運アップとマネーの成功法則