スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

スポーツ選手の感情コントロールに学ぶ平常な精神状態の保ち方

      2016/12/01

スポーツ選手の感情コントロールに学ぶ平常な精神状態の保ち方
今回のテーマは、

スポーツ選手の感情コントロール
に学ぶ平常な精神状態の保ち方

について紹介します。

前回まで紹介したような
気持ちの切り替えが上手くなる為には、

自分で自分の感情を
コントロールする力が大切になります。

これは当然我々ビジネスマン
にとっても重要なのですが、

スポーツの世界でも一流と呼ばれる
人ほどこの精神状態を保つ方法を
しっかりと心得ているようです。

同じ状況であっても、

ネガティブな感情と
ポジティブな感情で行うのでは、

結果は違ってくるでしょうし、

さらに一流の選手になれば
ポジティブな感情を超えた、

フローやゾーンと言う
没頭の精神状態に自分を
持って行くことができるようです。

こうしたここのの持ちようは
仕事をする上でも重要です。

スポーツ選手の感情コントロールに
学ぶ平常な精神状態の保ち方を
見て行きましょう。

スポンサーリンク

イチロー選手の感情コントロール

まずこうした事例で
誰もが頭に思い浮かぶのが、

大リーガーのイチロー選手でしょう。

彼はプレー中にはほとんど
喜怒哀楽を見せないことで有名です。

偉大な記録を達成しても、

帽子を取って軽く挨拶をする
だけで終わりで、

終始淡々とプレーします。

そしてコツコツとヒットを積み重ね、
偉大な記録を作ってきたのです。

そして逆に三振しても
凡退をしても、

悔しさの表情など一切見せず、
堂々と胸を張ってベンチに戻ります。

一方で三振をしてバットを
叩き付けたり、

ベンチで怒りをあらわに
叫んでいるような選手もいます。

感情コントロールがしっかりできている
事が結果の差に影響している
のではないでしょうか。

感情コントロール次第で結果が変わる

「感情を簡単に表に現すと損しかしない」

これがスポーツ選手として
頂点にいるイチロー選手の
哲学であり美学であるのです。

つまり、自分でコントロール
できることにしか力を注がないので、

悲しみも喜びも外に出さないのです。

確かにどれだけ悔しがっても
怒っても結果は覆りません。

それでバットを折っても
損するのは自分ですし、

それでチームメイトに
悪影響を与えたり、

怪我でもすれば最悪です。

余計な感情エネルギーを使わず、
平常な精神状態の保ち、

バッターボックスで集中することが
最も結果を出す為の近道です。

スポーツ選手の平常な精神状態の保ち方

かつてメジャーリーグの
マリナーズでイチロー選手と
同僚だった城島健司選手は、

イチロー選手のことを別格扱いして
こう言っていました。

「僕ら普通の打者は、
ボールを打った瞬間に”抜けろ!”
と思うのに、

イチローさんは”捕れ!”と意識している。

ヒットへの考え方が超越しているんですよ。」

と、

どういうことかと言えば、

「抜けろ!」と思って捕られるより、

「捕れ!」と思って抜けた方が、
精神的にプラスになるからだそうです。

これもボールを打つまでは

いくらでも自分でコントロール
できる世界ですが、

打った後は、自分ではどうにもできない、
コントロールできない世界になる

というのが、その理由でした。

イチロー選手は、

極限まで

「自分でコントロールできる世界」

に立脚しているスポーツ選手
なのでしょう。

技術はもちろんとしてこうした
思考や感情コントロールが

あれだけの結果を残している
とも言えます。

我々も彼から学ぶことは
多くありそうです。

スポーツ選手の精神状態と結果の差

同じく感情コントロールとして
平常な精神状態の保ち方に長けた
スポーツ選手が、

若くしてプロで活躍する
ゴルファーの石川遼選手の
例も紹介しましょう。

取材中彼はイチロー選手と
全く同じようなことを言っていて
驚いたことがあります。

同じパーティーで回っている
ライバル選手と選手争いをしているとき、

グリーン上で相手の
パットを待つ間の心境について

インタビュアーに対して

「心の中で”入れてこい!”
と叫んでいました」

と答えていたのです。

普通なら「外れろ!」と
思うものではないでしょうか。

ましてや優勝を決定する、
数億の賞金がかかっている
とすればなおさらです。

しかし「外れろ!」と思って
相手にボールをカップに
入れられると、

精神的に追いつめられてしまうそうです。

ビジネスマンの感情コントロール

彼もまた若くして
他人は変えられない、コントロール
できないことを知っているのでしょう。

「入れてこい!」と思うことで、

自分にとっての最悪な状況を
あらかじめ想定することで、

平常な精神状態の保ち方を
意識していたのです。

イチロー選手や石川遼選手

偉大な二人のスポーツ選手から

「コントロールできるもの、できないもの」

に対する考え方、

そして感情コントロールの大切さを
学ぶことができるでしょう。

スポーツとビジネスは違いますが、

「結果を出している人の思考回路」

を参考にする事で、

我々もより稼ぐ人になれる
のではないでしょうか。

スポンサーリンク

 - 金運アップとマネーの成功法則