スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

過去や他人は変えられないもの、未来と自分は変えられるもの

      2016/12/01

過去や他人は変えられないもの、未来と自分は変えられるもの
今回のテーマは、

過去や他人は変えられないもの、
未来と自分は変えられるもの

について紹介します。

前回、全く同じ状況でも

ポジティブに捉えるか、
ネガティブに捉えるかによって、

全く違う判断、結果になる
という話を紹介しました。

そして全ての状況を
ポジティブに切り替えられる人が

成功者となり正のオーラを
周りに与えるようになる、

という話を紹介しましたが、
ここで興味深いエピソードがあります。

もう20年以上の前になりますが、

青森の津軽地方を
台風19号が襲いました。

最大瞬間風速50メートルを
超える大型台風で、

津軽地方は全域に渡り
大きな被害を受けました。

スポンサーリンク

同じ状況でも捉え方を変えると

青森と言えばリンゴ農家ですが、

特に壊滅的な被害を受けました。

収穫前のリンゴが、9割以上も
木から落ちてしまったのです。

出荷できないリンゴを拾い

ほとんどの人が

「これでは年が越せない…」

と途方に暮れました。

あなたが同じような状況で
見込んでいた収益出せなくなり、

仕事で大きなダメージを
受けてしまったとき、

何を考えるでしょうか?

きっと多くの人が同じように
落ち込んでしまうのではないでしょうか。

しかし、この危機的状況の中、

若いりんご園の経営者は
面白いビジネスアイデアを思いつきます。

落ちないリンゴでヒット商品に

彼は台風被害でも
落ちなかったリンゴを、

全国の神社で受験生向けに
縁起の良いグッズとして

「落ちないリンゴ」

として販売してもらおう
というアイデアを出したのです。

早速、

「落ちないリンゴ販売実行委員」

が組織化され、受験シーズンに
間に合わせる為に、

何度も会議が開かれ、

「落ちないリンゴ」は
無事商品化され、

明治神宮を始めとして
8カ所の神社で販売される
ことになったのです。

まさしく
変えられない過去ではなく
変えられる未来に目を向けた
事の成功例と言えるでしょう。

この話題は全国のニュースでも
取り上げられ、

「落ちないリンゴ」は
瞬く間に完売したそうです。

この発想の転換により
青森のリンゴ農園はなんとか
農園を維持することができ、

救われたと言います。

過去や他人は変えられないもの

このエピソードは、

落ちたリンゴ
(変えられない過去)

に着目するか

落ちなかったリンゴ
(変えられる未来)

に着目するかの違いによって、

全く別の世界が開けるということを
教えてくれる格好の例だと思います。

このテーマでは
年収1000万円を稼ぐ人の
戦略について紹介しているわけですが、

もしあなたが

「今までずっと年収上がらなかったし」

など変えられない過去を
引きずっていたり

「どうせあの上司の元じゃ何もできない」

など変えられない他人に責任を
なすり付けていたりと、

諦めの気持ちを引きずったままでは
未来は変わるわけがありません。

「将来は必ず年収1000万円」と、

返られる未来の自分を想像するから、

人生は好転し良い
方向に変わって行くのです。

変えられないものと変えられるもの

変えられないものである過去や他人に
クヨクヨと思いを馳せる人と、

変えられるものである
未来や自分を何とかしようと
考える人とでは、

同じ時間やエネルギーを仕事に
かけるにしても、

結果が大きく変わってきます。

なぜなら、

過去からは何も生まれませんが、

未来からは何かが生まれるからです。

それがどのような規模で
そのようなタイミングかまでは
計れないかもしれません。

しかし、前に進んでいれば
可能性は常にあるわけです。

人生のエネルギーは有限です。

一日は24時間ですし、
人生には寿命もあります。

同じエネルギーを注ぐにしても、

「変えられないもの」や
「変えにくいもの」

に対して注ぎ込むと、

「変えられるもの」に対して
注ぎ込むのでは、

最終的に出てくるアウトプット
(成果)が全く違ってくるのです。

年収1000万円を超す人は
みな変えられるものである
未来と自分に力を注いでいます。

未来と自分は変えられるもの

もちろん過去を振り返り
分析して反省点を省みたり、

ときどき思い出に浸って
良い気分になるのも良いでしょう。

しかし、そこに依存して
いつまでも執着しては行けません。

どうあがいても変えることができないのです。

同じように、

「変えられないもの(変えにくいもの)」

というのは過去や他人だけでなく
感情や性格、生理現象、自然現象、
世の中の経済環境や文化

などが挙げられます。

一方で

「変えられるもの」は、

未来、行動、思考、習慣、
身の回りの感情など

自分に関することな訳です。

前者は

「コントロールできない(しにくい)」

もの、後者は

「コントロールできるもの」

と言い換えることもできます。

一流の経営者やアスリートなど
成功者と言われる人は、

おしなべて

「コントロールできない」
ものに無駄な力を使わず、

「コントロールできるもの」
に力を注ぎ、結果を変えようとします。

彼らは、

「結果を出す為のエネルギーの使い方」

を良く知っているのです。

私たちも彼らを見習い
まずは少しずつでも良いから、

過去や他人は変えられないもの、
未来と自分は変えられるもの

この意識を持って仕事に人生に
取りかかりたいものですね。

スポンサーリンク

 - 金運アップとマネーの成功法則