スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

代わりのいない人材になる、他人と仕事の能力の差別化を測る

      2016/11/30

代わりのいない人材になる、他人と仕事の能力の差別化を測る
今回のテーマは、

代わりのいない人材になる、
他人と仕事の能力の差別化を測る

について紹介します。

前回紹介した

年収1000万円稼げる

「代わりのいない」希少な
人材になる為には、

「他人との差別化を測る」

ということが重要です。

誰でもできるような他人と同じような
能力を持っていても、

そこに価値を感じないわけですから、
報酬を高くしようとは思いません。

では何をどう差別化すれば
いいのでしょうか?

代わりのいない人材になる、
他人と仕事の能力の差別化のポイントは、

スキル、知識、経験などです。

具体的に紹介しましょう。

スポンサーリンク

能力の差別化を測る方法

スキルの差別化というのは、

ある分野での技術を磨くことです。

価値の高い人材になる為には、
高度な専門スキルを身につける
事が求められます。

知識の差別化というのは、

ある分野での知識を増やすことです。

テレビを見て新聞を読むだけと言った
誰でも知っているような表面的なもの
ではなく、

その仕事に携わった人だけが
獲得できるような専門知識です。

経験の差別化というのは、

ある分野での経験を積むことです。

ある程度の期間、その仕事に
従事することで得られる経験です。

場数の多さが、その分野特有の
判断基準などを身につけさせてくれるのです。

もちろん一朝一夕に得られない
ものですが、

代わりのいない経験を積んだ人は
最も高い価値を持たれるのです。

他人と仕事の能力の差別化を測る方法

こうしたスキル、知識、経験
以外にも、

ビジネスに必要な基礎能力は
もちろん大切です。

チームワークやリーダーシップなど
人に関わる対人能力や、

感情をコントロールしたり、
行動を持続させたりする対自己能力、

課題を発見したり、
計画を立案したり、
実行したりする対課題能力、

コミュニケーション能力、
数量的処理能力、
論理的思考力や創造的思考力

なども他人と仕事の能力の
差別化を測る要素となるでしょう。

他にも資格や人脈なども
もちろん差別化の要素になるでしょう。

これら全ての能力が
必要なわけではありません。

この中から突出した能力を
磨いて行くことこそが、

代わりのいない人材になるほうホなのです。

こうした要素を持った
代わりのいない人材価値の
高い人の特徴は

どういう人なのでしょうか。

代わりのいない人材の特徴

<その人にしか扱えないような高度で
最新の技術や知識を習得している人>

世の中でニーズが高まる傾向にある
IT分野、バイオテクノロジー分野、
エコロジー分野、エネルギー分野、医療分野

など最新の技術や知識を
持っている人がそうです。

古くて使えない知識や
ニーズのない知識

ビデオカセットの作り方や
フロッピーに保存する技術があっても
年収は高まらないのです。

<その人にしか使えないような
高度なスキルを持っている人>

これからは間違いなく
グローバル化は進んで行くでしょう。

外国人とビジネス上での
タフな交渉ができる語学力、

財務諸表を分析し的確な
戦略を立案できる財務会計スキル、

人事制度全般についての
知識があり制度改革が行える
人事関連スキル

法人と対象とした受注額の大きな
商談をまとめられる営業力、

数十人単位のセールスチームを
まとめあげ成果を出させる
営業マネジメント力

などを持っている人が
他人と仕事の能力の差別化を測れ
代わりのいない人材になれる人です。

<その人にしか業務を行えない
特別な資格を持っている人>

医師免許はもちろんのこと、
弁護士や建築士、公認会計士など
国家資格を持っている人

その資格がなければその仕事が
できないわけですから、

報酬は自ずと高まります。

企業に勤務する場合でも、

法務部門や建設会社の設計部門、
監査法人などで働く時には、

非常に高い資格になります。

ゼロからスキルを高めて行ける人

以上のような

他人と仕事の能力の差別化を測る
事ができる人は、

代わりのいない人材になり
たいてい年収は1000万円を
超える報酬をもらっています。

ただこうした特徴を聞いて
「壁が高いな…」と正直感じた
人もいるでしょう。

確かにその通りです。

壁は高いからこそ価値があるのです。

ただし今年収1000万円を
超えている人でも、

最初から高いレベルの
差別化ができていた人はいないのです。

徐々に知識やスキルを高め
経験を積んで到達してきたのです。

まず自分の目の前の仕事を
しっかりやりながら自分磨きをして

価値の高いスキルを身につけるよう
一歩ずつ上がって行きましょう。

テクニカルスキルであっても
まずは基礎的なことからスタートし、

パソコンなら複雑な表計算や
資料作成ができるとか、

接客で人の何倍もの
商品を売ることができるとか、

同じ期間内で人の何倍もの
製品を組み立てられるとか、

人より秀でた仕事の能力やスキルを

一つでも獲得して行くことが
他人との差別化のポイントなのです。

そして大切なのは、

他人と差別化することで

「代わりのいない人材になる」

という意識と行動を継続させる
やる気を持つことなのです。

スポンサーリンク

 - 金運アップとマネーの成功法則