スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

時給5000円を稼げる人の時給を上げる方法と意欲と考え方

      2017/10/25

時給5000円を稼げる人の時給を上げる方法と意欲と考え方
今回のテーマは、

時給5000円を稼げる人の
時給を上げる方法と意欲と考え方

について紹介します。

お金持ちになりたいと望む人は、
たくさんいることでしょうが、

具体的に落とし込んで考える人は
少ないようです。

しかし、具体的な行動を経て
お金持ちになる道は開けるわけです。

ここでしっかり考えていきましょう。

さて前回年収1000万円
を目指す為のマインドセットから
紹介してきたわけですが、

社会人になってすぐに
年収1000万円を稼げるような人は
残念ながら今の日本にはいません。

一部のアスリートや起業家は最初から
大金を稼ぐ場合もありますが、

それは幼少期からそのスキルを
伸ばしていたからであって、
始めから能力がある人などいません。

会社勤めする会社員なら、最初は
年収300万前後からスタートするものです。

そこから意欲を持って
個人個人が努力し、

自分を磨き、仕事能力を高め、
結果を出して始めて、

「稼げる人」になれるわけです。

この自分を磨く事をどれだけ
やるかで将来の時給に差が生まれます。

時給を上げる人の方法と考え方

ここでまず、

最初に考えてみて欲しい事があります。

我々は一般的に

「1時間当たりどれくらいもらえるか」

という時給で仕事を計算する事に
慣れています。

そこで例えば、

時給1000円の人の年収は
どれくらいになるか分かりますか?

パッと出てきますか?

案外この辺りの計算を
しっかりしていない人が多いのです。

ここで計算してみましょう。

週休2日の前提であれば、

年間に働く日数は、約250日です。

1日8時間労働するとすれば、

250日×8時間×1000円
=年収200万円

では次に、実際はあり得ない話ですが、

時給1000円の人が
不眠不休で1年間、

1日も1時間も休まずに
働き続けたとしたら、

年収はいくらになるでしょうか?

あくまで理論上の計算ですが、

365日×24時間×1000円
=876万円

年収1000万を稼げる人の考え方

そうです、不眠不休ですら
年収1000万円には届かないのです。

時給1000円のアルバイトのまま
年収1000万円プレイヤーになるのは、
ほぼ不可能ということが分かります。

つまり人間には労働時間に
限界があるわけですから、

年収1000万円を稼ごう
と思った場合、

考え方としては働く時間を増やすよりも

「時給を上げる方法」

をとるしかないのです。

つまり一般的な労働時間
で考えるならば

250日×8時間×5000円
=1000万円

ここで「時給5000円」というのが
一つの目安になってきます。

時給5000円を稼げる人の方法

5000円に時給を稼ぐのは、
簡単な事ではありません。

他の人にはない特別なスキルを
個人として手に入れたり、

マネジメント力を身につけ
部下を束ねて集団背成果をあげたり、

いずれにしても

「人材価値」を高めて
「あなただからできる仕事」
「あなたにしかできない仕事」

をやって始めて高額な
報酬を得る事ができるのです。

つまりサラリーマンとして
時給1000円前後でスタート
した場合も、

年収1000万円を稼ぐ人になる場合、

時給は5000円、五倍も自分の
人材価値をあげなくてはいけません。

簡単に言えば、五倍の成果を
あげられるようにならなければいけない。

これが時給を上げる人の方法と考え方です。

稼げる人はみな意欲がある

もちろん人材価値を5倍に高める
という事は5倍働くなど
単純計算ではないわけで、

スキルを五倍にするには
脳をうまく使わないといけません。

その為の方法の秘訣やコツなども
今後紹介して行くのですが、

自分の人材価値を上げる
にはどうすればいいのでしょうか?

一番大切な部分は、

自分が成長し、成果を上げ
頭角を現すと言う

強い欲が必要なのです。

動くモチベーションのガソリンが必要なのです。

こうしたエネルギーがあって始めて
時給は5000円、そしてそれ以上と
増やす事が可能になるのです。

仕事が出来る人、お金を稼ぐ人

が共通して持っている「欲」というのは、
そのエネルギーの源泉に他ならないのです。

「強い欲」という事に対して
ネガティブなイメージを
持つ人もいるようですが、

「欲」を持つ事は悪い事ではありません。

欲があるのに中途半端に欲を
隠そうとすれば、心の摩擦になります。

むしろ堂々と持つべきです。

まずは自分の中で欲望を認め、
受け入れることからスタートです。

強い欲を持つ事のメリット

時給5000円を年収1000万円を
稼げる人になればなにがしたいですか?

何が欲しいですか?

ここでしっかりと欲を思い描きましょう。

これも曖昧ではなく具体的に
しっかりと考えてみてください。

例えば、

「心に思う事」を表す
「意」という漢字に欲を加えれば

「意欲」という言葉になります。

意欲のない人が成長する事はできません。

頭角を現す事もできません。

あなたの時給は現在どれくらいでしょう?

その時給を5000円にする為には
どうすればいいのでしょうか?

現状と理想の差が大きいとき

「自分には無理だ」と諦めてしまうのか、

それとも「よし、やってやろう」
と思うのか、

この意欲の違いこそが、
稼げる人と稼げない人の
決定的な分岐点になるのです。

まずはこの部分を認めてから、
次回から少しずつ具体的に稼ぐ人になる
テクニックについて触れていきましょう。

 - 金運アップとマネーの成功法則