スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

二極化時代に年収1000万円を目指す人の考え方と金運行動

      2016/11/30

二極化時代に年収1000万円を目指す人の考え方と金運行動
今回のテーマは、

二極化時代に年収1000万円を
目指す人の考え方と金運行動

について紹介します。

最近では、

「二極化」という言葉も
当たり前に使われるようになりました。

この言葉を聞いて良い気分が
しないのは私だけではないでしょう。

ただし、

「勝ち組と負け組」
「富裕層と下流層」

などと、1億総中流と
言われてきた日本社会が、

二極化に向かって進んでいる事は、
紛れもない事実でしょう。

年収300万円以下で
暮らす低所得者層が増加する一方で、

「ニューリッチ」
と言われる富裕層も年々
増える傾向にあります。

スポンサーリンク

二極化時代に必要な考え方と金運行動

こう言った統計などを見ると、

豊かな人はますます
豊かになり、

貧しい人はますます
貧しくなる、

という世の中になる事は
間違いないのです。

そしてその両者を分ける差は

お金に対する考え方
金運との付き合い方によって

ますます二極化して格差が
開いて行くのではないでしょうか。

ここ20年ほどで、

日本の社会は大きく変わりました。

右肩上がりが当たり前だった
時代はとっくに終わり、

グローバル社会が訪れ
ビジネスの世界でもかつてない
ほどの大きな変化が起きました。

しかしどんな時代でも
上を目指すのは可能なわけです。

年収1000万円を目指す人の考え方

「終身雇用」
「年功序列」
「正社員主義」

という旧来の考え方から

「成果主義」
「能力主義」
「非正規社員化」

という新しい考え方へ
移行してきたいのです。

かつて多くのサラリーマンは、

「普通に働いてさえいれば、
いつかは誰でも部長になって
年収1000万円になれる」

という価値観を持っていました。

しかし今では、どれだけ
頑張って部長クラスに
なったとしても、

簡単には年収1000万円には
手が届かない時代になってきたのです。

そんな新しい時代に求められるのは、

個人のスキルアップやキャリアアップを

会社任せや他人任せにせず、

自分自身の手で行い
行動しなければ行けないという事です。

逆に言えば誰でも、

年収1000万円を目指す
高いモチベーションと共に、

お金に対する知識を得て
金運との正しい付き合い方をして、
正しい事をすれば、

今の二極化時代でも十分に
年収1000万円プレーヤーには
なれるわけです。

自分を高める人の考え方と行動

まずその為には時間や
お金を積極的に自己投資する事で、

自分の「人材価値」を高め、

給料を上げて行こうとする
意識や行動を持たねばなりません。

また、一つの会社、
一つの組織の中だけで、

自分の人材価値を考えるのでなく、

社外に目を向け、広く社会全体
の中で自分のポジションを見定めて、

価値を提供して行く必要があります。

社会に価値を提供できる人にこそ
金運は味方をするのです。

これは見方を変えれば、

どこでも通用する価値のある
人材になれば、

狭い組織の束縛された生き方や
行動から解放されるという
事でもあります。

二極化時代でも年収1000万円を目指す

例えば、

どこの会社でも年収1000万円を
稼げるような普遍的な能力を
持つ事ができれば、

生活に困る事がなくなります。

今の会社の業績が悪化しようと、
業界の市場環境が悪化しようと、

いつでもどこでも通用する
普遍的な力を手に入れれば、

困る事はありません。

ここで大切なのは金銭面ではなく、

「どこでも年収1000万円を
稼げるような人材に自分自身を

仕立てる意識と行動を
しなければならない」

ということです。

まずはこの二極化時代でも
年収1000万円を目指す人
になりましょう。

そこから上を狙うのもいいですが、

まずはそこからです。

スポンサーリンク

 - 金運アップとマネーの成功法則