スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

地球の自浄作用とエコロジーと人間の共存ガイアの周期リズム

      2016/11/30

地球の自浄作用とエコロジーと人間の共存ガイアの周期リズム
今回のテーマは、

地球の自浄作用とエコロジーと
人類の共存ガイアの周期リズム

について紹介します。

自然環境の破壊は
人類の未来を消失させます。

私たちは便利さを求めるあまり、

自分の首を自分で絞めている
ようなものなのです。

危機にさらされているのは
人間だけではありません。

地球に住む全ての生物が
絶滅するかもしれないのです。

地球は本来、

優れた自浄作用を持っていました。

多少の人為的な汚染に対しても、
水や土などの自然が中和させて
毒物を薄めていたのです。

何ヶ月も何年も、あるいは
気の遠くなるような歳月をかけて、

元に戻すという働きをしていたのです。

スポンサーリンク

地球の自浄作用と周期リズム

植物は大地に種子をまく事によって
生を連環させ、

動物も死んで土地に帰る事で
大地を肥やし、

その子孫が大地の恩恵をまた受けるのです。

この大いなる自然の周期の中で、
人間も生き続けてきたのです。

いわば、地上に生きる
全ての生物と自然が作り出した
連環によって、

地球という星は息づき、
周期サイクルとして回っているのです。

大地の女神「ガイア(Gaia)」は、
今警告を発している気がします。

地球・ガイアの周期リズム

太古、彼女はウラノス(天)
とポントス(海)を生み、

豊穣・多産の源として、

また作物や子供を育てる
女神として崇められてきました。

常に人間と共にあった彼女は、
今や人間の手によって蝕まれ、
崩壊の危機にあります。

私たちは彼女ガイアの
警告を心して聞かなくてはなりません。

英国の科学者J・ラブロックや
文学者W・ゴールディングらは、

彼女の警告に耳を傾け、
新しい環境用語として

「ガイア」と言う名を
位置づけたのです。

ガイアは「生きる地球」
としての意味を持ち、

私たちに地球規模による環境保全を
呼びかけているのです。

地球の自浄作用とエコロジー

幸いな事に21世紀に入り、

世界の各地で「エコロジー」
(環境保護)運動も盛り上がっています。

エコロジストたちは、

自然環境の破壊から
地球を守るだけでなく、

反核、反原発運動などを進め、

いわば地球環境のすべてを
守る運動も前進しています。

でもやはり私たち一人一人も
ガイアを守る義務があるでしょう。

それが原始から現代まで
人類を育んできた地球の自然に
体する責任でしょう。

地球の自浄作用に頼るだけでなく
人間もエコロジーを進め

ともに共存できるよう、

ガイアの周期リズムを
守って行くべきなのでしょう。

しかしここで勘違いしては
行けないのが、

ガイアを守るというのは
テクノロジーのすべてを否定する
事ではないでしょう。

地球と人間の共存の時代

人間がこれまで身に付いた
一切のテクノロジーを放棄して、

古い時代の自然生活に
変えるという意味ではないでしょう。

テクノロジーの益と害を
しっかり見極め、

害のあるものを取り除いて
クリーンで画期的な新技術を
開発する事が、

これからの本当の意味での
テクノロジーになります。

つまり人間の利便性だけの
追求ではなく、

もっと大きな視点で
地球規模で役に立つ
イノベーションが求められています。

最新のバイオテクノロジーも、

自然との融和を無視しては
成り立たないのです。

地球の自然は私たちを
守ってくれるものです。

が、同時に私たちも
地球を守らなければ行けないのです。

こうした自然感の変革を
キチンと認識する事が、

これからの地球で私たち人間が
共存して行く為の第一歩では
ないでしょうか。

スポンサーリンク

 - 人と宇宙を司る不思議な周期の法則