スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

スフェーンのパワーストーンの特徴、健康と精神への効果

      2016/09/24

今回は、

スフェーンのパワーストーン
の特徴、健康と精神への効果

について紹介します。

スフェーン Sphene

「才能にスポットライトを
当てるパワーストーン」

<石の持つキーワード>
・本人の持ち味を光輝かせる
・持ち主を魅惑的にする

日本名:楔石(くさびいし)

色:黄緑色、褐色、黄色、翠緑色、
灰色、青色、

主産地:オーストラリア、カナダ

結晶系:単斜晶系

成分:CaTiSiOi5

硬度:5~5.5

スポンサーリンク

スフェーンのパワーストーンの特徴

スフェーンの名前の由来は、
結晶がくさび状になって産出されるため、

ギリシャ語の楔(くさび)を意味する
Sphenosから名付けられました。

チタンの含有が多い、
濃い褐色や黒色の強いものを
チタナイトと呼び、

こちらが正式名となります。

黄緑色や褐色が美しいものは
スフェーンと呼び、

スフェーンは光の分散率が高く
キラキラと輝くのが特徴です。

その分散率はダイヤモンドよりも
大きい数値です。

ただし、硬度が低く割れやすい性質のため、
宝石としてはあまり流通していません。

スフェーンのストーンのパワー

スフェーンは持ち主が
純粋に好きだと思う事や、

得意な事をさらに伸ばし、
本人が無意識のうちにそこに
陽が当たるよう舞台を整えてくれます。

持ち主の高貴さが強調され、
周囲の評判が上がります。

喜びや生きがいが増え、
最高の幸福感を味わう事が
できるでしょう。

褒められると、賛辞を受けることを
素直に受け入れ

自信がついてイキイキとした
表情になります。

幸せな出会いももたらされると
言われるパワーストーンです。

スフェーンの石の効果的な身につけ方

<身につけると効果的なアクセサリー>

・ペンダント
・指輪など

スフェーンは精神を平静に保ち、
バランスの取れた性格を形成してくれます。

胸の中心にくるように
ペンダントを身につけるといいでしょう。

素敵な人と出会ったら
薬指に指輪をしてみましょう。

愛をしっかりとつかみ、
離れないようにしてくれるでしょう。

美容面では、
肌をきめ細かくする
働きが期待できます。

スフェーンの取り扱い方

<取り扱いの注意点>

脆く割れやすい石なので注意しましょう。

<相性の良いパワーストーン>

魅力や才能を伸ばす力を
さらにアップさせる組み合わせで、
幸せも引き寄せます。

・アクアマリン

幸福と永遠の若さ、
富と喜びの象徴です。

心や生活を潤します。

・カイヤナイト

自発性、独立心を育み、
冒険を恐れないで、

冷静な判断をします。

・ゴッシェナイト

集中力と創造性を強化し、
聡明な人格になるためのサポートになります。

・ローズクオーツ

愛を育む女神ビーナスの
パワーを宿す石です。

幸せな結婚の象徴です。

<浄化方法>

月光浴、クラスター、セージ

スポンサーリンク

 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて