スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ガーネットのパワーストーンの特徴、健康と精神への効果

      2016/09/22

ガーネットのパワーストーンの特徴、健康と精神への効果
今回は、

ガーネットのパワーストーン
の特徴、健康と精神への効果

について紹介します。

ガーネット Garnet

「努力に共鳴し、成果を実らせる
果実のようなパワーストーン」

<石の持つ効果のキーワード>
・努力の成果をもたらし成功へと導く
・不安や恐怖を取り除く

日本名:柘榴石(ざくろいし) 

色:赤色、赤茶色、濃赤色、、ピンク色、無色

主産地:ブラジル、インド、オーストラリア、
マダガスカル、スリランカ、タンザニア

結晶系:等軸晶系

成分:Mg3Al2(SiO4)3など

硬度:7~7.5

スポンサーリンク

ガーネットのパワーストーンの特徴

一月の誕生石として知られるガーネットは
赤い実のような石です。

ほとんどがほぼ球体に近い、
多様に割れた結晶体で出来ており、

ラテン語の「granum(石榴の種子)」から
この名前がつけられました。

日本名も、洋名も
石榴の粒に似ていることから
名前がつけられました。

旧約聖書に出てくるノアの箱舟では、
行き先を照らした明かりがガーネット
だったと言う伝説が残っています。

ガーネットは鉱物のグループ名で、
細かくは14種類に分けられます。

結晶の構造が同じでも、
石に含まれる成分の微妙な
差異で色が変わるためで

黒っぽいものからオレンジまで、
様々な色のガーネットが存在するのです。

最も一般的な深紅のガーネットは

「アルマンディン・ガーネット」

と呼ばれています。

血赤色のガーネットが

「パイロープガーネット」

オレンジや緑色を含む

「グロッシュラーガーネット」

などさまざまな色があります。

なお産出量が多いため、
手ごろな価格の宝石として
親しまれていて、

特に最近は緑色の種類が人気です。

緑色のガーネットは、
「デマントイド・ガーネット」と呼ばれ

屈折率が高いガーネットの中でも
群を抜いて高い屈折率を持ち、

ダイヤモンドのような輝きを見せるため、
最も高く評価されています。

またガーネットをリングやペンダントとして
身につける事で、

心臓を強くし、病気にかかりにくくなる
と言われてきた健康効果の高いパワーストーンです。

惑星宝石学では、太陽エネルギーと
赤色の方線を放つルビーの
代用石とされています。

癒しのパワーが強いガーネット↓

ガーネットのストーンのパワー

ガーネットはパワフルな力を持ち、
パワーストーンとして愛用された歴史の
最も古い石と言われています。

この石は勝利を導くと信じられ、
かつては十字軍の兵士が

血止めの薬や怪我から身を守る
護符としても愛用されていたと言われる
パワーストーンです。

実際にガーネットはエネルギー面でも
血液との関わりが強く、

「血」は「生」そのものを象徴し

血液の循環を活性化し、
キレイにする事で

情緒の不調和を和らげ
心理的な不安定感を解消し、

心と身体の両面をサポートしてくれます。

身体に溜まった邪気と心に溜まった
負の感情を清め

ガーネットは身につけるだけで
憂鬱な気分を一掃し、

活きるパワーや勇気を与えてくれます。

そしてガーネットの強力なエネルギーは、
憎しみや嫉妬などのマイナスの過剰を浄化し、
ポジティブな力を与えてくれます。

その洗浄力の強さから、

疫病を遠ざける力があるとされ、

古代ギリシャやローマでは治療石として
戦士たちが使っていたとも言われます。

また、中世ヨーロッパでは
貞節と友愛の石として、

友情の証に贈り合う風習がありました。

人間関係をスムーズにし、
愛する気持ちと慈しむ心を育てることから

恋の成就にも効果があるとされます。

また忍耐力や英気を養い、
コツコツ積み上げた努力を成功へと導きます。

こういったエネルギー的資質から

「冬の時代が春に変わるような
前向きな変化をもたらす石」

といわれます。

現在の苦労を結果に結びつけてくれる
力を持つパワーストーンですので、

進路の決定や、重要なプロジェクトの
お守りとしてもオススメです、

また勢力を高めたり、出産関係に
効果を与える良いお守りにもなります。

ガーネットを身につけた時の健康への効果

「生命エネルギーを高める

赤は生存と言う本能に働きかける色です。

ガーネットは生命エネルギーを高め、

血液に循環を良くして体の細胞や
組織に活力を与えてくれる
パワーストーンです。

体力、持久力を強くするために
疲労の回復やハードワークに役立ちます。

ガーネットを身につけた時の精神、メンタルへの効果

「意欲的に物事に取り組む」

夢や目標に向かって、
失敗を恐れず、

障害を乗り越えていく意欲と
勇気を与えてくれるパワーストーンです。

また苦しいときや失敗した時にも

見栄を張らずに素直に自分の胸の内を
明かせるようにもなるべきでしょう。

心が軽くなり再出発への
大きな力となります。

特に役に立つ精神症状。

・自分の能力を疑ったり落胆したりする

・困った時や苦しい時でも心の内を隠す

運気を高めるガーネットの風水パワー

<陰陽五行説に基づくストーンの効果>

五行的に言えば「火」の気の強い石で、

語源であるラテン語の「種子」のように、
生命力や成長をもたらしてくれます。

性質自体に太陽の気を持っているので、
持ち主にステータスアップの運気の
パワーを与えます。

心臓病の治療や体内毒素の排出に
使われてきた歴史をみると、

まさしく強い「火」の気の効果ですね。

ガーネットの伝説や逸話

ガーネットの名前の由来は
「種子」や「粒」を意味する
石榴から来ていますが、

その名の通り、この石は、
多産や豊穣の象徴とされてきました。

またガーネットは
もっとも古い歴史を持つ石の一つで、

古代エジプトやギリシャ、ローマでは、
装飾品としてはもちろん、

血止めや各種の体の負傷に効く
薬として用いられてきた逸話があります。

そして、聖書の伝説によれば、
その深紅の輝きは、

人々に火や炎を連想させ、
ノアの箱舟では暗闇を照らすともしびの
変わりにされたと言われています。

その伝説から中世では
「ガーネットの中に炎が宿っている」
と信じられていたそうです。

ガーネットの効果的な身につけ方

<身につけると効果的なアクセサリー>

・ブローチ
・ピアス、イヤリング

恋の悩みに力を貸してくれます。

憧れの人を振り向かせたい時には、
プローチを心臓の近くに付けてみて下さい。

表情を魅力的にしたい時や
女子力アップにはピアスやイヤリングを、

同じ赤色の石との組み合わせは、
情熱と精力を増加させます。

ガーネットは赤色以外のもので、
強いオーラと個性を持つのが共通点です。

<こんな時に身につけると効果的>

ガーネットを身につける前に、
自分の体温でストーンを温めると、

血液のめぐりがよくなり、
効果がアップします。

目標を達成したい時、
大切な人と変わらぬ愛を願う時、

持久力や忍耐力をつけたい時
身につけると効果的です。

ガーネットの取り扱い方

<取り扱いの注意点>

石のパワーが強いと感じたら、
一時的に身につけることをやめるか、

水晶などと組み合わせて使いましょう。

<相性の良いパワーストーン>

情熱の赤色には
ソフトな波動を持つ石が最適でしょう。

・アベンチュリン

物事の本質を見極める力と
鋭い洞察力を与えてくれます。

・ローズクォーツ

愛を育む女神
ビーナスのパワーを宿す石です。

・グロッシュラーライト

奉仕と協力の気持ちを呼び起こし、
妊娠力を高めてくれます。

・ロードライトガーネット

温かさと、信頼と誠実を現します。

健康な性欲を促進します。

・その他の相性の良い石

セレスタイト、ロードナイト、
ヘマタイト

<浄化方法>

流水、日光浴、

<対応チャクラ>

第6チャクラ

<世界でのガーネットの呼び名>

英語:garnet
フランス語:Grenat
ドイツ語:Granatgruppe
イタリア語:Granato
スペイン語:Granate
ロシア語:Гранат
中国語:石榴石shí・liushí
韓国語:석류석
 
<ガーネットの宝石言葉>

真実、友愛、貞節

ガーネットの宇宙からのメッセージ:

-困難に立ち向かう勇気を持つ-

スポンサーリンク

 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて