スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

言いたいことを言える人、我慢する人の特徴、人と話すのが怖い

      2016/10/07

言いたいことを言える人、我慢する人の特徴、人と話すのが怖い
今回のテーマは、

言いたいことを言える人、我慢
する人の特徴、人と話すのが怖い

について紹介します。

気の知れた友人同士の会話ならいざ知らず、

仕事では常に緊張感のある
会話が求められます。

確かに、

人と話すのは怖いものです。

何を言い返されるか、
どんな態度をとられるか
分からないからです。

特に考えすぎてしまう人ほど、

人と話す前には、
色々と考えてしまいます。

例えば、

これを言ったら上司が
怒りやしないだろうか、

これを言ったら部下に
嫌われるのではないだろうか、、

でも言わない訳にも行かない…

仕事はこんな場面の
連続です。

しかし、人と会話をせずに
仕事はできません。

人と話す難しさは、

ほとんどのビジネスパーソンが
持つ共通の悩みではないでしょうか。

スポンサーリンク

言いたいことを我慢する人の特徴

ときどき

「俺は言いたい事を
ズバッと言える。」

と自慢する人もいます。

羨ましい限りですが、

実際その人はスッキリ
するでしょうが、

周りは迷惑している
かもしれません。

何も考えずに
言いたいことを言える人は、

実はあまりコミュニケーションが
上手くはない傾向にあります。

逆に、

「俺はついつい言いたいことを
グッと我慢してしまう」

という控えめの人もいます。

我慢する事で、
本人にはストレスが
溜りそうです。

ではどうしたら良いのでしょうか。

ここでも上手く
バランスを取って欲しいのです。

言いたいことを言える人の方法

日本の経営の神様と称される
松下幸之助さんの言葉で、

素敵な言葉があるので
紹介します。

「礼儀正しく、誠実に、
相手を尊重するのであれば、

言いたい事は言うべきだ」

確かにその通りです。

言いたい事は言うべきなのです。

後は言い方の問題です。

うまく言いたいことを
言える人になるには、

我慢するのでもなく、
何も考えず話すのでもなく、

工夫して話すテクニックを
心ているのが特徴です。

例えばこんな感じは
どうでしょうか。

<礼儀正しく>

「一点、お話ししたい
事があるのですが、
お時間よろしいでしょうか。」

<誠実に>

「包み隠さず、正直にお話しします。

逆に、気になる事は何でも
指摘して下さい。」

<相手を尊重し>

「いつもあなたの頑張りには
感謝しております。

その頑張りをさらに成果に
つなげるためには、

このような考え方もあると思います。」

人と話すのが怖い…克服法

ここまで言える人は、
確かに仕事ができそうです。

とはいえ、人と話のは
やはり怖いものです。

それでもまだ怖さを感じるなら

「5感」に集中しましょう。

相手が怒って言い返してきたら、

その言葉を音として受け止めましょう。

怒った顔を見せたら、
相手が作ったその表情を
画像として受け止めましょう。

それは無視するのではありません。

ありのままに受け止める事で、
お互いの心の壁を取り除く作業です。

余計な想像は、
余計な不安を生み出し

ありもしない恐怖の
世界観を作って行きます。

ありのままを受け取れば、
本当に相手が考えている
事が見えてくるものだと思います。

人と話す事は本当に怖いものです。

私も未だに怖さがあります。

でもやり方さえ間違えなければ、
どうにかなるものでもあるのです。

言いたいことを言える人、
我慢する人の特徴を認識し、

話す工夫をすれば
コミュニケーションはもっと
スムーズになるでしょう。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法