スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

運命数、個性数が「4」ガネーシャ神の人の特徴とパワーストーン

      2017/07/28

運命数、個性数が「4」ガネーシャ神の人の特徴とパワーストーン
今回は運命数、個性数が「4」の
ガネーシャ神が守護神の人の

特徴や持つ意味とマッチする
パワーストーンなどを見て行きましょう。

運命数は、
西暦で表した生年月日から計算します。

生年月日の数を一けたに
なるまで足して行きます。

1983年12月25日生まれの場合

1+9+8+3+1+2+2+5=31
⇒3+1=4⇒4 ⇒運命数は「4」

個性数は、
生まれた月日から計算します。
月と日を一けたになるまで足して行きます。


4月18日生まれの場合

4+1+8=13 ⇒1+3=4
⇒個性数は「4」

運命数「4」のタイプの特徴

変化が多い運命数が「4」の人にとって
「自分をコントロールする強い意志」は、

悔いない人生のための
不可欠なものと言えます。

自分に勝つ事は
カンタンな事ではありませんが、

35~40歳でラーフの影響が
強く表れるとともに

克己の精神が
着実に備わっていくでしょう。

揺るぎない精神力で小さな事を
積み上げ、

現実的な成果を手にすることが
できるようになります。

一方で、突発的な変化を
受け入れられずに落ち込んだり、

諦めて妥協してしまったりする事があります。

パワーストーンとして

ヘイソナイトが自らの欲望に
打ち勝つ力を与え

ペリドットが冷静に
自分を見る力を与えてくれるでしょう。

運命数「4」の人間関係の特徴

運命数4の人は、

いつも見えない敵、
隠れた敵に悩まされるでしょう。

これは運命数4の人が
既存の習慣や伝統に従わなかったり、

社会に対して鋭い感覚を持ちながら
それを明瞭に表現しなかったり、

世間の常識に外れる、

と言った所に原因を持ちます。

ラーフは、軌道上を
逆行するので、

運命数4の人は落ち着きがなく、

忍耐力に欠けるところがあります。

また家庭生活はあまり
良好に行かないケースが多く、

これはやや利己的な所や、

疑い深い性格、秘密的な性格
が家庭生活に災いするからです。

数智学で「4」の人の守護神

本質数、運命数、個性数「4」の人の守護神は、

障害の除去者であるガネーシャ神です。
(Ganesha、गणेश)

ガネーシャ神は4本の腕と象の頭を持っています。

一つの腕で祝福を与え、
もう一本の腕は斧を持ち欲望という象を制御します。

3本目の腕は投げ輪を持ち、
4本目の腕には愛妃ラドゥーを抱いています。

数智学で「4」の人は、

ガネーシャ神に対して、ヘソナイトを使い
瞑想するとエネルギーが高まります。

ガネーシャ神のマントラ↓

運命数が「4」の人のまとめ

・人生のサブテーマ

克己⇔妥協

・ポジティブな意識を伸ばすパワーストーン

ヘソナイト(サードオニキスでも可)

・ネガティブな意識を活かすパワーストーン

ペリドット

個性数が「4」の人の特徴

個性数が「4」の人は、

どんな困難にもへこたれず

人一倍、粘り強く頑張る
事が出来る人です。

何事も柔軟に考え、
ユニークで大胆なアイデアを生み出し、

独自のものを作りだして行くと良いですね。

加えて、これだけは負けない
というものを身につければ、

向かうところ敵なしとなります。

世間の常識とは少々異なる
世界観を持っているので、

周囲からは変わった人と見られる
こともあるかもしれません。

でも逆境に負けない強さを持つ
あなたは気にしないはずです。

むしろ、その独自の世界を
強みにできるでしょう。

パワーストーンはターコイズが
あなたに力を貸してくれます。

個性数が「4」の人のまとめ

・特質

独自のアイデア/粘り強さ

・個性を伸ばす石

ターコイズ

 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて