スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

男性のアイデンティティ確立はヒエラルキー、上下関係で作られる

      2016/10/07

男性のアイデンティティ確立はヒエラルキー、上下関係で作られる
今回のテーマは、

男性のアイデンティティ確立は
ヒエラルキー、上下関係で作られる

について紹介します。

男性のイライラの特徴は
どんなものでしょうか?

それは、男性特有の
ヒエラルキーへの
こだわりを見れば、

分かりやすいと思います。

男が三人寄れば
派閥ができるというくらい、

男性はヒエラルキーや
上下関係を作るのが好きです。

男性はアイデンティティが
弱い生き物といわれています。

だから、自分の
アイデンティティを成立
させる為に、

派閥なり群れのどっちに
ついたら有利かを考えたり、

「なんとかの長」

というものになりたがるものです。

スポンサーリンク

男性にとってのヒエラルキー、上下関係

一方は女性はたとえ
未熟だったとしても

自分自身が個として
成立しているから、

自分という個がどういう
遺伝子の伝えをするかと言う
判断が働き、

派閥を作ったとしても
遺伝子の流れにとって
有利かどうかという事を

考える傾向があります。

男性のアイデンティティを
確立していないというのは、

自殺者の数字を見ても
明らかなのです。

女性と男性を比べると、

昭和30年代には同じくらい
だった数字が、

現在では男性の方が
明らかに多くて、

女性の倍以上、三倍近く
にも昇る勢いです。

男性は仕事でアイデンティティ確立する

この差がどうして出てきた
かというと、

社会状況の変化によるものです。

男性は、あくまでも
仕事というものの中で

アイデンティティを
確立してきたものが、

リストラや倒産で仕事を
失ってしまう人が増えました。

もし、家庭の中で
ヒエラルキーが成立していたら、

自殺はしなかったかもしれませんが、

昔のような父親の権威
というものもなくなってしまいました。

昔は武士が自殺する、

つまり切腹する時は、
なにかの大儀の為に
やっていたわけです。

自分で大儀をなくしたから
自殺をするというのは、

昭和30年代より以前に
おいては少なかった訳です。

男性のアイデンティティ確立とうつ病

最近ではまたうつ病も増えている
という事ですが、

社会という枠組みでの安定性が
なくなっているのが、

自殺者を増加させている原因です。

昔は終身雇用で、

結婚したらこれだけ、
子供が一人できたらこれだけ、

というように、

年齢や勤続年数、家族数で
給与が決まる生活給だったわけです。

ところが今は、

これだけの仕事をしたら、
これだけの給料を払うよ
という能力給に変わってきています。

180度の方向転換です。

ヒエラルキー、上下関係が
不安定になるにつれ、

男性のメンタルも
不安定化してきたと言えます。

男性の自殺者が増えた要因

男性の自殺者の増加は、

こう言った仕事の悩みによる
物が多くなっています。

現代社会において、

上下関係やヒエラルキーによって

アイデンティティを確立
しようとする考え方の男性は、

自殺に向かってしまう
しかないのかもしれません。

女性の数がそんない増えないのは、

女性の方が
フレキシビリティーがあり、

生物学的にも強い
と言えるでしょう。

女性のイライラの場合は、

エネルギーが外に向かって
いるとも言えます。

それに対し、男性は
イライラしているけれど、

それは内側に向かっており、
不安にかられるといった方が
強いのです。

男性と女性でイライラの解消は違う

イライラして怒っている女性は、

エネリギーを発散して、

怒りのパワーでその場の
注目を自分に惹き付けます。

エネルギーでその場を
淘汰する、

ヒステリーがそうです。

それは良い注目とは
言えませんが、

ないよりはマシで、

ある程度イライラは解消
される訳です。

ところが男性の場合は、

なかなか感情的になれませんから、
怒りを出せません。

仕事での権力を失ったりすると、

自分に対する注目を
集める事もできなくなり、

絶望感にとらわれます。

これを発散する事ができず、
鬱々としたものを溜め込んで、

自殺に至ってしまう訳です。

そもそも人を殺す訳にはいかないから
自殺をするという事です。

が、自殺というものは、
自分を傷つけるだけでなく、

周りの人間を巻き込みます。

自殺された周辺の人間は
それによって非常に嫌な気持ちになり、
傷つくのです。

それは暴力と同じです。

自殺は自分を殺す事で
他人を傷つける卑劣な行為であり、

決して許されるものではありません。

だからこそ、男性のアイデンティティ
確立はヒエラルキー、上下関係で作られる

というこのメカニズムは
良く理解しておくべきなのです。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法