スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

運命数、個性数が「2」シヴァ神の人の特徴とパワーストーン

      2017/07/28

運命数、個性数が「2」シヴァ神の人の特徴とパワーストーン
今回は運命数、個性数が「2」の
シヴァ神が守護神の人の持つ

特徴や意味、マッチする
パワーストーンを見て行きましょう。

運命数は、
西暦で表した生年月日から計算します。

生年月日の数を一けたになるまで足して行きます。

1982年11月25日生まれの場合

1+9+8+2+1+1+2+5=29
⇒2+9=11⇒1+1=2 ⇒運命数は「2」

個性数は、
生まれた月日から計算します。
月と日を一けたになるまで足して行きます。


9月11日生まれの場合

9+1+1=11 ⇒1+1=2
⇒個性数は「2」

運命数「2」のタイプの特徴

身体、心、魂からなる私たちの身体は

宇宙によって守られている
「神の宿る神殿」とも言えます。

運命数が「2」のタイプの人は、
月の影響が強く表れる35~40歳以降

自分がそうした尊い存在なのだ
という自覚が強くなり、

家族を大切にする
人間味あふれる人になっていくでしょう。

人の気持ちをよく理解出来る人なので、
自らが経験した試練や挫折を

他人への思いやりに転化する事ができ、
それがあなたの魅力をさらに輝かせます。

「自分の存在を大切に思い、好きになる」

それが、幸せのキーワードです。

一方で、自分を否定して
殻に閉じこもってしまう傾向もあり、

パールというパワーストーンが
自尊の心を養い、

クンツァイトが自己否定の
心を中和します。

運命数「2」の女性の特徴

運命数2の人の女性は
情に厚く、その人生を夫に捧げます。

センスの良いものを着て、
若々しく魅力的です。

ハーブや薬草に関心を持ち、
庭いじりなどを好みます。

また自分の家を何度も飾りなおします。

優れた心理学者、創造的な思想家、
詩人、作家、カウンセラー、セラピスト、
医者、俳優、ダンサーなどが適職です。

エゴを出すことがあまりなく、
人に奉仕しても、それに対して
見返りを求めたりはしません。

また夫婦問題を専門とする
カウンセラーをすると良い仕事ができるでしょう。

35歳を過ぎると、
哲学やスピリチュアルな生き方に
対して関心が強まる傾向にあります。

運命数が「2」の男性の特徴

運命数2の男性は、
女性関係において幸運で、

教養と美貌を兼ね備えた
女性と結婚します。

徳のある母親を持ちやすく、
また愛情豊かな姉妹や
義理の姉妹にも恵まれます。

運命数2の男性は年配の女性や、
社会的地位のある女性から
援助を受けます。

しかし運命数2の男性の結婚は、
しばしば短いもののなります。

数智学で「2」の人の守護神

本質数、運命数、個性数「2」の人の守護神は、

ヒンドゥー教の3最高神の一柱である、
破壊を司る、シヴァ神です。
(Śiva、शिव)

シヴァ神は虎の皮の上に蓮華座のポーズで座り、

左手には三つ又の鉾を持ち、
左手で祝福を授けています。

シヴァ神は半目を閉じた目から
微笑みと愛を送っています。

数智学で「2」の人は、

シヴァ神の対して、パールを使い
瞑想するとエネルギーが高まります。

シヴァ神のマントラ↓

●運命数が「2」の人のまとめ

・人生のサブテーマ

自尊⇔自己否定

・ポジティブな意識を伸ばすパワーストーン

パール

・ネガティブな意識を活かすパワーストーン

クンツァイト

個性数「2」の人の特徴

個性数が「2」の人は、
頭の回転が速く、

人の心に訴える優れた言葉の
感性の持ち主です。

バランス感覚に優れ、
争いごとの仲裁も得意です。

自分のペースでコツコツ努力し、
色々なものを見通す事もできます。

縁の下の力持ちに徹して、
陰から現状を変えていくタイプで、

自身がリーダーとなるよりは、
サブ的な位置にいてこそ、

実力を発揮できる人です。

時に感情的になってしまうことも
あるかも知れませんが、

その言動に根底に思いやりがあれば、
周囲からも理解は得られます。

「奉仕の精神、参謀役」

を意識して行動するようにしましょう。

パワーストーンである、
スミソナイトが、

その力を貸してくれるでしょう。

●個性数が「2」の人のまとめ

・特質

勤勉/参謀役

・個性を伸ばす石

スミソナイト

 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて