スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

農業化→工業化→情報化と変わる社会と産業の周期とサイクル

      2016/10/06

農業化→工業化→情報化と変わる社会と産業の周期とサイクル
今回のテーマは、

農業化→工業化→情報化と変わる
社会と産業の周期とサイクル

について紹介します。

産業的に見て、
21世紀そしてこれからの未来

どのような時代を迎えるのか、

これも周期やサイクルと
絡めて考えると、

大変興味深いです。

まず人類の社会の発展は、

石や木を道具にする事で
農作物を人為的に作り

一日の糧を得る事を
発明しました。

農業化社会の誕生です。

次に工業化社会が到来し、

現在の情報化社会へと
変遷してきたという流れの考えは

異論はないことでしょう。

スポンサーリンク

農業化→工業化→情報化のサイクル

農業化→工業化→情報化と
変化してきた社会と産業

これからの未来の産業的見地から
予測すると、

どう表現されるでしょうか?

恐らくこれからは

知識社会、創造化社会

が訪れると言われています。

物作りの大量生産社会
の歯車の一部となる事から
脱却し、

情報化時代の、ただ
データを扱う時代から、

自ら知的な創作活動に
従事する時代というのが、

これからの時代、

知識社会、創造化社会

の産業や社会の
根幹になって行くでしょう。

これからの時代の社会と産業とは?

慶応大学の石井威望教授は

こうした知識社会、創造化社会
を迎えるこれからの時代の
キーワードを

「Scopeed」

と名づけていました。

スコピードと読み、

ScopeとSpeedを
掛け合わせた造語です。

この言葉を解説すると、

これからの時代を
生き抜いて行く為には、

Scope、つまり展望を
どれだけ持って行けるかが
キーであり、

さらにスピーディにこなす
ことのできるSpeedが
要求されるという事です。

そしてこうした社会と産業の
周期とサイクルを見てみると、

興味深い事が見えてきます。

農業化→工業化→情報化の周期性

農業化社会は勃興してから
3000年から5000年間続き、

工業化社会は
300年から500年続き、

情報化社会は
30年から50年です。

つまりここで注目して欲しいのが、

現代に近づくに従って
各時代の周期サイクルが
短くなっている事です。

また期せずして一桁ずつ
減少するというのも、

不思議な特色とも言えるでしょう。

未来の事は分からない…

のが前提ですが、

これからの時代はますます
変化の激しい、

価値の変遷が急激に訪れる
時代に突入することが
示唆できるのではないでしょうか。

短期間の周期とサイクルの未来

こうした周期サイクルが
一桁ずつ減少して行くのは、

偶然の一致かもしれません。

しかし、こうした産業や社会の
周期サイクルは、

知っておいて損はないはずです。

時代の変わり目の目安として、

そして常に先を読むビジョンを
抱く事で、

これからどんな分野に
力を入れて行くべきなのか、

また、無駄な先行投資を避ける事も
可能になるからです。

こうした周期性を意識しながら
これからの時代の、

知識社会、創造化社会の
期間を推測すれば、

情報化社会の
10分の1の期間、

つまり3〜5年しか
続かない事になります。

これはビジネスをするならば、

ヒット商品を開発したい
と考えるのであれば、

絶えず流行がめまぐるしく
変化する中で、

まさに短期間で素早く勝負する
マーケティング戦略が
さらに求められるでしょう。

農業化→工業化→情報化

変わる社会と産業の周期と
サイクルを見ると、

興味深い事が見えてくるものです。

スポンサーリンク

 - 人と宇宙を司る不思議な周期の法則