スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

自己暗示を使い仕事、勉強でも目標達成、願望実現する方法

      2016/10/25

自己暗示をうまく使い目標を達成する
今回のテーマは、

自己暗示を使い仕事、勉強でも
目標達成、願望実現する方法

について紹介します。

顕在意識と潜在意識の
二つに分かれるメンタルですが、

人間の精神的な部分、

心理、感情、頭脳の働きなど、

色々な呼ばれ方をしますが、

人間の内的な部分、目に見えない
部分を表しています。

ここでメンタルを

「心と身体をつなぐ部分」

と考えてみましょう。

心と身体が繋がっている、
という実感は持っているでしょう。

心の動きによって
身体は敏感に反映します。

気分が高揚していると
食欲も旺盛で、

肌にも張りが出てきますし、
目に輝きが増してくるものです。

逆にストレスを溜めれば、

胃が痛くなったり身体に
変調を来すこともしばしばです。

また好きな人の前に立つと
心臓がドキドキしたり、

プレゼンを控えて緊張すると
手が震えたり、声がうわずったり、

筋肉がこわばって身体の動きが
カチコチになることもあります。

仕事、勉強でも上手くやるには
メンタルの状態は重要なのです。

スポンサーリンク

自己暗示を使い仕事、勉強でも成功する

ここで人生は行動の積み重ねです。

何かしら結果を出し成功するには
行動をしなければ行けません。

その行動の質にこそ
メンタルが影響するのです。

自己暗示やアファメーションは
あなたに行動を起こさせる
引き金となる強力なテクニックです。

しかしその前にやって欲しいことがあります。

まずはあなたなりのオリジナルの
願望や目標を明確にしましょう。

そうでなければ適切な
行動が何か分かりません。

ただ闇雲に動けばいいのではなく、

適切な行動をとれて初めて
あなたなりの目標達成、願望実現
となるのです。

ゴールが明確になって初めて、

そのゴールに向かうための
適切なメンタルがイメージできます。

そしてそれが実現する為に
一歩ずつ行動をして行く訳です。

この不思議でとらえどころのない
心をいかに活用して

人生に活かして行くかというのは、
非常に大事なテーマなのです。

目標達成、願望実現する脳のパワー

人の脳というのは、
遠大な目標に向かっているとき
最も活発に働くようになっています。

他の人の命令ではなく
あなたなりのゴールであるべきです。

特に自己暗示をうまく使えば
その目標の達成は実現しやすくなります。

自分が持つマイナスの思い込みを
プラスに変え、自信を持って毎日を過ごす

「私はできる、私には価値がある」

「良いことがある。ますます良くなる。
きっと良くなる。必ず良くなる」

こうしたセリフを口にして
自分にプラスの言葉を打ち込むのは、

アファメーションや自己暗示と言われ、
成功者がよく使うテクニックの一つです。

こう言った言葉が表面に現れない
自分の中の言葉となって、

自分の持つ思い込みが
マイナスからプラスへと転化されるのです。

潜在意識に新しい経路を
作り込むことができるのです。

他にも自己暗示を使い
目標を達成する手段はあります。

脳の限界を超える自己暗示法

「目的」や「願望」など

人は目標を持つことでマイナスの
思い込みから解放されます。

人は新しい目的で生きることで
自分自身の思い込みを打ち砕くことが
できるのです。

寝て食べてセ○クスをする・・

これも目標には違いないのですが、
これだけでは動物的なレベルです。

脳の一部しか使っていない事になります。

自分の限界を一歩か二歩超えた
あたりに目標を設定する事によって、

人だけに与えられた大きな脳は始めて

普段使われないあらゆる力を総動員して
働きだす事になるのです。

借金をすべて返済する時など、

身体も脳もフル回転して、
目標の実現を計る事ができます。

これもある種の自己暗示です。

仕事、勉強でもあなたなりの
そしてワクワクするような
ゴールを設定しましょう。

手に届くような小さな願望、
目標ではなく

大きな願望、目標であるほど
脳も心も動く訳です。

また大きすぎるくらいの
目標を立てた時必要なのは、

成功からの逆算と言えるでしょう。

小さな達成感が自信を加速させる

成功の時点や状態から逆算して、
どの時点で何をすればいいのか、

具体的な小目標をたくさん作ることです。

言い換えれば、小さな達成感、
ちょっとした成功感覚を

絶えず脳に与える事です。

20年先をイメージしても
脳はさほど刺激されないですが、

今日一日のストレスに耐え、
しかも目的を達成すれば、

脳波快感物質ドーパミンを
さらに放出します。

活性化した脳は、
明日の目的を実現する為の
アイデアを提供してくれるのです。

こうして自然と成長していけば
願望実現がスムーズに行きます。

こういったメカニズムを
うまく取り入れたのが、

日本の武道や、華道、茶道などの
段位制でしょう。

初段を取ったら、次は二段、三段と進み、
師範となり、遂には達人の域に入る事も
不可能ではありません。

名人は雲の上の存在ですが、
そこに至る階段は足元に見えています。

やる気を不断に高める見事な
方式と言えるでしょう。

こうして成功からの逆算ができれば、
目標もおのずから具体的になります。

自信がつき、自分に暗示を
かけやすくもまります。

潜在意識をコントロールする方法

人間は自分の持っている
能力のうち

数パーセントしか使っていない
とは良く言われますが、

つまり脳にはまだ未使用の
90%以上の力が

潜在意識の中にストックされているのです。

「だったらその力を
使えばいいじゃないか」

と考えるでしょうが、

なかなかそう簡単には行かないのが
現実なのです。

「意識」して使えないからこそ
「無意識」なのですから、

無意識、潜在意識はなかなか自分に
都合よく働いてはくれません。

仕事、勉強でも目標達成、
願望実現のためにだけ
働いてくれれば楽ですが、

そうでは無いのです。

ポジティブに働けば
人生を豊かにしてくれますし、

ネガティブに働けば、
ひどい結果をもたらすこともあります。

宝の山であると同時に
厄介の種にもなるのが、

潜在意識なのですから、

どう付き合い、活用して行くかは
重要なテーマになってくるでしょう。

しかし車にはブレーキとアクセルの
どちらの機能があり、

どちらも重要なように、

マイナスに向かうパワーも
プラスに向かうパワーも

上手く切り替えることで、

人生の運転をコントロール
できるようになる訳です。

その為の手法の一つが
自己暗示というテクニックです。

イメージの力をうまく活用しよう

大きな目標をステップに分けて
具体化するのは、

それ自体が自己暗示の方法だ
とも言えるかも知れません。

そして適切な言葉を使い
潜在意識に適切な言葉を
語りかけることが重要です。

さらにこの力を強力にする為に、
イメージを加えるといいでしょう。

言葉に五感で感じる
ありありとしたイメージが加われば、

その力はさらに強力になります。

近未来の姿をよりリアルに描くことで、
イメージが無意識の領域に刻み込まれます。

無意識に植え付けられた想像は
現実化されやすいのです。

脳と心の関係は、
まだ十分に解明されていません。

しかし、意識と無意識という
心理的な方法を活用すれば、

心理の面から脳の力を
引き出すことができるでしょう。

人間には想像力があります。

しかしその想像力をただの
妄想で終わらせるか、

目標達成のパワーにかえるかは
人それぞれです。

これをシステム化したのが
イメージトレーニングと言えます。

もちろん仕事、勉強でも使え、

目標達成、願望実現をスムーズにする
テクニックの一つと言えます。

イメージトレーニングは
スポーツ選手にも積極的に利用されて
いるようです。

そして誰にとっても使いこなせるのが、
イメージトレーニングのメリットです。

次回イメージトレーニングについて
詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法