スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

スターウォーズのフォースの力に学ぶ内面も外面も磨く秘訣

      2016/12/13

スターウォーズのフォースの力に学ぶ内面も外面も磨く秘訣
今回のテーマは、

スターウォーズのフォースの力
に学ぶ内面も外面も磨く秘訣

について紹介します。

人間の器を高めるという方法として、

これまで色々と成功者と
呼ばれる人たちのやり方を
参考にしてきたわけですが、

フィクションの世界を参考に
するのも良いのではないでしょうか。

映画スターウォーズにでてくる

不思議なエネルギー
「フォースの力」ですが

この概念に私たちが

「内面も外面も磨く」

秘訣を学ぶ事ができます。

私たちに多くの夢を与えてくれた

「スターウォーズ」

映画のシリーズは完結しても

「フォース(力)」は実は
これからも私たちに関係します。

フォース(力)というのは
私たちがこれからの人生を
充実させて豊かにするために、

どうしても考えなければ行けない事です。

と言う事でフォースについて

これはSF世界だけの架空の
ものではなく、

現実世界を変える事もできます。

スポンサーリンク

注目すべき内面の力と外面の力

これまでバランスという概念が、

人生の極意だと紹介してきましたが、

内面と外面のバランスも重要です。

フォース(力)と言うのは
不思議なものですね。

「あの人は力がある」

と表現する場合、

筋肉があって力持ち…
お金や権力がある…
人を動かす力がある…
何か不思議な魅力がある…

など幾通りものの解釈ができます。

そして力と言うのは概念なので
目に見にくいものです。

しかし現実的に

この世界には、ありとあらゆる
形の「力」が作用しているのです。

それらに気づき、活かす
方法はないのでしょうか。

例えば電磁は、

地球の表面や周囲では電磁波の放射

(電子レンジ、ラジオ、テレビ、
携帯電話などから発せられる)

が絶えず起こっており、

それぞれが「力」を持っています。

「こうした信号がもし目に見えたら
地球は銀河で最も明るい星となるでしょう。」

と言う説もあるくらいです。

重力、日光、風、雨と言った
自然の力も忘れては行けません。

これらを外部の力とすれば、

私たちの「内面の力」もあります。

日常的に感じる多くの
プレッシャーは文字通り「圧力」

さらには、思考、情熱、
そしてお互いに向けて話す言葉、

これらすべては、

人を動かす「力」を持ちます。

愛、反感、憎悪もしかり、

数え上げればキリがありません。

私たちが良く知る寓話として
北風と太陽という話がありますが、

人を動かす力として、

北風は外面の力を使い
太陽は内面の力を使った、

という解釈もできるかもしれません。

内面も外面も磨く

そうです。

力と言うのは内側にも外側にも
あるのです。

そしてバランスの良い使い方を
できる人が真の成功者なのです。

だから内面も外面もどちらも
磨く必要があるのです。

外面の力と言うのは

権力やお金、環境などを差すでしょう。

もちろんこうしたパワーは
とても重要なことですが、

私たちは成功を目指すときに
こう言ったものを欲しますが、

外部にだけフォーカスしても
それらは手に入りません。

内面の力が必要だからです。

「内面の力」については

多くの研究もされています。

「心の持ち方」など、

精神面について書かれた本は
すべてが内面の力だテーマだと
言い換える事もできます。

このテーマでも集中力など
大切内面の力を解説してきました。

内面も外面も磨く重要性として例えば

ゴルフレッスンのプロなら
生徒が実際にコースに出る前に

コースの説明やクラブの選択などの前に

「精神のコントロール」を
マスターさせる事でしょう。

自分をコントロールできて
初めて外部もコントロール
できるようになります。

ただ高級クラブを使い
闇雲に打っていても上達しません。

そして内面を磨くほど
外部からどんな力がかかろうとも

人間は内面の力を駆使して
「自分」を保つ事ができるのです。

自信や平常心と言った感覚が
そのために使われます。

どんなに忙しくても
急激な変化にさらされても

「私には私の生き方がある」
と唱え、内面の力を使うのです。

それから外面を磨けば良いのです。

「進む力と止める力」二つのフォースの力

さらにフォース(力)に関して、

私はクライアントをコーチングする際

参加者に「フォース場分析」
と言うものをしてもらう事があります。

以下のステップです。

まず世の中に存在する
さまざまな「力」を、

思い描いた結果を出すために

前進させる「アクセルのフォース」と

進行を妨げる「ブレーキのフォース」の

両者に分けます。

そして両者をはっきりと分けて認識し、

前者は自分に取り組んで、
後者からは距離を置くのです。

人によって何を思い浮かべるかは
違っていてしかるべきですが

「アクセルのフォース」には

例えば、

「読書」「人脈を増やす」
「トレーニング」「マーケティング」

などが考えられるでしょう。

「ブレーキのフォース」は

例えば

悪口を言う」「食べ過ぎ」
「ギャンブル」「無計画な投資」

などが考えられます。

人は「良い所はもっと良く、
悪い所は無くしたい」ものです。

漠然とそう考えるだけではなく、

自分にとって良いものと悪いものを
はっきりと区別する習慣をつけましょう。

そして内面も外面も磨いていきましょう。

スターウォーズのフォースの力を使いこなす秘訣

私たちの内面の力を
詳しく分解していくと

「行動的フォース」
「受動的フォース」
「調和のフォース」

の三つに分類できます。

「行動的フォース」は
誰にでも備わっている性質で

「する」つまり自分から行動に
出るための力を指します。

「受動的フォース」は

優れた「五感」で周囲から集めて
きたものを吸収しようとする力です。

「調和のフォース」は

「行動的フォース」と
「受動的フォース」を統合し

「正しい決断と実行」ができるような
バランス意識生み出す力です。

例えば、行動的フォースが
受動的フォースによる働きかけを
受けるとどうなるか、

採取は単に「何かをしよう」という
だけだったものが、

周囲の状況の冷静な分析によって

より効率的で効果的な
行動に変わります。

調和のフォースが生まれる瞬間です。

人によって、そのフォースに
依存しがちか

傾向が分かれます。

思いついた事をすぐに行動に移す人は

行動的フォースを十分に
身につけていると考えられます。

しかし、ときにはあまりにも
安易に行動的フォースに
頼ってしまう事もあるかもしれません。

最も注目したいのが、

二番目の受動的フォースです。

これこそ世の中のレバレッジを
見つける力です。

「行動する」のは心がけ一つで
習慣にできますが、

「周囲から物事を吸収する」には
テクニックが必要なのです。

この受動的フォースの意味を
考えていく中で

ある事実に思い至りました。

その事実と言うのは、

私の身体は
私に向けて発せられる

信号すべてを受け取る素晴らしき
「アンテナ」ということです。

上手く集中すれば
自分の周りにある

「アクセルのフォース」を
受け取る事ができます。

まるでスターウォーズの
フォースの力のように

素晴らしいパワーを使いこなせるのです。

この時心は穏やかになり
感謝の気持ちが芽生えてくるのです。

スポンサーリンク

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則