スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

人生で一番大切な事はなにか?5つの優先事項で人生に迷わない

      2017/08/02

人生で一番大切な事はなにか?5つの優先事項で人生に迷わない
今回のテーマは、

人生で一番大切な事はなにか?
5つの優先事項で人生に迷わない

について紹介します。

私自身の過去を振り返って見て、

苦しい思い、不幸な思い
をしている瞬間というのは、

何か周りに流されて漠然と
生きている時代だったと思います。

あなたは

「人生で一番大切な事は何か?」

と真剣に考えた事がありますか?

もちろん答えは人それぞれですが、

これから紹介する
5つの優先事項について

考え抜く事でこの答えは恐らく
明確になる事と思います。

私たち現代人が
人生のポテンシャルを使い切れず、
レバレッジを使い切れていない、

その最大の理由は、

自分の事について、
考える時間を与えられていない事、

目の前の事に必死になって
追いかけっこをしているだけで、

時間を無くしてしまい、

何が本当に大切なのか?

色々ある中でも何を優先事項
にしなければ行けないのか?

そういった事が見えなくなって
しまいます。

仕事が多忙を極め、
いくら働いてもこなしきれない、、、

家族との十分な
コミュニケーションが取れない、、

地域社会のためにも
何かしなければ行けないのでは、、

日々の雑事に追われていると、

何が大切な事か分からなくなります。

私の友人の一人のエピーソードで、

ある偶然をきっかけに
自分の状況を見直す事ができ、

何が一番大切なのかを理解できた
と言う話があるので、

紹介しましょう。

人生で大切な事が分かる瞬間

彼が「人生で一番大切な事が」
見えた瞬間は、

ある出来事がきっかけでした。

彼の身体に異変が起きたのは
50歳を過ぎ、3人の子育てが
落ち着いてきた頃の頃でした。

突然、足が大きく腫れたのです。

救急外来に駆け込み
すぐに診察を受けた所、

血栓が非常に厄介な所に生じて
いると言う事が分かりました。

さらにもしかしたらそれが血管から
はがれて心臓に入ってしまうと、

死んでしまうリスクもあると
医者に言われました。

もちろんショックを受けました。

彼と奥さんは非常に動揺し、
苦悩しました。

30分後に死んでしまうかもしれない、

今夜寝てても大丈夫か?
薬は効くのだろうか?
薬が効くまでどれくらいかかるのか?

少し想像するだけで、

それまでの人生にないくらいの
不安や悲しみに襲われたと言います。

しかし、死を意識した瞬間

彼の脳裏に浮かんだのは、
意外な事でした。

そして彼が人生には先がない
かもしれないと考えたとき、

真っ先に頭に浮かんだのが、

海外にいる末っ子の事だったそうです。

海外ボランティアに参加した
彼の子は南米で生活しており、

それを終えて日本に帰ってくる
時期はもう少し先の事でした。

そして奥さんに
強い口調で言ったそうです。

「○○(末っ子)に会いたい、

2年間南米で人々に素晴らしい
奉仕をしてきたあの子に

抱きしめて「お帰り」と
言ってやれないことほど、

親として情けない事はない。

でも、あの子はあの子が取り組んでいる事を
やり遂げるまでそれに集中してほしい、

あの子が無事に帰ってきてくれるまで
なんとしても生きなくてはいけない」

そう言うと、心の底から不思議な
強いエネルギーがわいてきたと言います。

死を意識すると大切なものが見えてくる

そして彼は数ヶ月後に、

無事に飛行機から降り立って
くる末っ子を見て

「お帰り」と抱きしめたときほど、
人生で感極まった事はないと言います。

彼は、病気を克服したのです。

それから彼の人生は
充実したと語っています。

常に優先事項を心に留める事で
人生に迷いがなくなり、

ブレることがなくなったそうです。

そのときの彼にとっては、

病気を克服して子供に会うと言う事が、

人生で間違いなく
「一番大切な事」だったのです。

ラテン語のことわざで
メメントモリと言う言葉があり、

これは「死を忘れるな」と言う意味で、

生きているうちも必ずやってくる

「死」を忘れては
いけないと言う教訓と言います。

人間であれば絶対に避けられない
宿命に対してどうしても

目をそらしてしまう
心の弱さは誰もがあるでしょう。

しかし直視すれば、人生は
また大きく変わってきます。

ブルースでは

「人生は残り少ないほど貴重」

と言う歌があるそうです。

先ほど紹介した彼にとって、

死を意識させられる体験が本当に
大切な事を教えてくれたのです。

そしてそれからの彼の教訓が、

元の生活に戻ってからも、

「物事の優先事項」を
常に考えて生きる事になりました。

そして興味深いのが、

優先事項を明確にすれば、
日々の雑事に邪魔される事なく
生きる事になるのです。

人生に迷わない軸ができたのです。

人生5つの優先事項

彼のような死を
意識する体験をしなくても

人生の優先事項というのは
決める事ができます。

迷わない人生を歩むために、

あらかじめ「優先事項」を認識し、
集中して取り組むのが効果的です。

そのために以下のエクササイズ
をしてください。

できれば家族と、もし一人なら一人で、

1.仕事
2.家族
3.社会
4.自分自身
5.その他

と言う5つの領域で
自分が一番大切にしている事を
書き出してほしいのです。

人生に迷わないためにも

家族とこの「人生の5つの領域」
について話し合い、

何を大切に生きるべきか、
じっくり考えてほしいのです。

この5つの中で最初の4つの領域は

人生を生きる我々全員に
共通するものです。

そしてその枠に入り切らないものを
5番目のその他に当てはめてください。

友人であったり、地球環境であったり、
なんでもかまいません。

すぐに浮かばないとしても、4つの領域
以外のものを見つけるのが大切です。

まずはこれをやってみてください。

そして自分の心に問いかけるのです。

この5つの領域のうち
「最も大切な事は何か?」と

すると大論争が巻き起こります。

「言うまでもなく、人にとっては
一番大切な事は家族です。
これ以外ありません」

「いや健康が一番でしょう。
健康がなければ家族も迷惑をかけます。

だから最も大切なのは自分自身です」

「人生でやりがいを感じるのは仕事です。
どんな仕事をするかで人の価値は変わるのですから。」

…など、いろいろな意見が
ぶつかり合うでしょう。

しかしここで、私はいつも
あるアドバイスをします。

人生で一番大切な事はなにか?

に通じる私なりの答えを
次回紹介したいと思います。

まずは今回は先ほどの
エクササイズとともに

あなた自身が考える一番大切な
事を考えておいてください。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則