スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

好きな事を仕事にする人、好きな事を仕事にできない人の特徴

      2017/08/02

好きな事を仕事にする人、好きな事を仕事にできない人の特徴
今回のテーマは、

好きな事を仕事にする人、
好きな事を仕事にできない人の特徴

について解説をします。

成功する人の中でも、
長期的に成功し続ける人は、

好きな事を仕事にする人である
傾向があります。

好きな事を仕事にできない人は、

仕事で成果を上げられないか、
或は一時的、短期的にしか成功できない
と言う傾向があります。

「好きな事を仕事にする」

…と聞くと、

そんな甘い事言って、、

と頑固オヤジ風の大人が
説教をすると言うイメージがありますが、

趣味や、楽しみと仕事を分け、
嫌々仕事をしながら生活する・・

というのが世間的には
当たり前と言う風潮もありますが、

私たちにとって仕事は
人生の大半を占める大きな
アクティビティです。

であるのであれば、

好きな事を仕事にする方が
良いに決まっていますし、

実はそれが成功者の特徴だったりします。

好きな事を仕事にできていない
という人はもう一度ここで、

考えてみると良いかもしれません。

ビジネス成功の秘訣とは?

ビジネスの相談を成功者にすると、

決まって最初に問われる事があります。

それが

「そのビジネスが好きなのかどうか?」

ということ、

儲かるからとか、将来性があるから
と言う理由だけでは、

決してビジネスを始めてはいけないと
彼らは口を揃えて言います。

むしろ、ビジネスにおける
儲けや将来性などは

後からついてくるものに過ぎず

ビジネスをスタートさせるかどうかの
判断材料にはならないと言う事を
彼らは良く知っています。

彼らがそうアドバイスするのは、
自分が好きになれるビジネスでなければ

継続的な成功を収める事ができないと
経験上で十分に分かっているからです。

売り上げや利益から入ると
大きな罠にはまってしまうのです。

もちろん、ただ好きなだけで
必要性や他人の役に立たない仕事は
成果を上げる事ができません。

「テレビゲームが大好きで
朝から晩までやってられる」

と言う人が、

好きな事を仕事にする、、と言って
朝から晩までゲームをしていても
一円のお金も生みません。

でもゲームが大好きだから、

ゲームを作る仕事をすれば、
楽しく仕事をする事ができるでしょうし、

今のインターネットの時代であれば、

そのゲームの攻略法などを
他人にも教えてあげる

と言う事をすればお金にする事も
できるのです。

好きな事を仕事にできない人の特徴

自分の好きな事×他人が欲する事

の交点があれば、
それを仕事にする事ができます。

特に現代社会はインターネットなど
コミュニケーションインフラが整っているので

好きな事を仕事にする人にとっては
とても有利と言えます。

でも、やはり
好きな事を仕事にできない…

と言う人は、ある意味

社会的な思い込み
持ち過ぎているかも知れません。

他人の意見を気にしすぎる
特徴があるとも言えます。

好きかどうかがポイントで、

そこだけ抜き取って捉えると

意見わがままな事のようにも
思われますが、

好きでな事でしか
成功できない理由はちゃんとあります。

人間、好きな事なら
いくらでも知恵が出るし、

アイデアを出そうと努力も喜んでします。

そして仕事の覚えも早いです。

また、途中で嫌な事に遭遇しても、
ゴールで好きな事が待っていると思うと、

嫌な事にも決してめげずに

やり遂げられる可能性が高いのです。

好きな事だからこそ努力ができるのです。

そうなると、成功できる確率は
格段にアップする、

至極明快な理論です。

好きな事を仕事にする人の特徴

これは脳科学の面からも言えます。

好きな事、興味がある事でないと
脳は活性化しにくいのです。

もちろん仕事と言うのは
楽で安易なものではありません。

ビジネスでの成功への道のりは
平坦で楽な道などどこにもありません。

自信のある商品でも
クレームを受ける事もあります。

時にはクライアントの不手際のせいで
自分の予定をすべてキャンセルして
週末出勤を余儀なくされる事もあるでしょう。

それで、好きな仕事でない場合…

これでは、気持ちよく仕事に
取り組めるはずがありません。

でもそれが好きな仕事だったら
どうでしょうか?

もし、同じ状況が訪れたとしても

「○○のバカヤロー」と
内心で怒りながらも

「好きな事だし…」と
目標を思えばがんばれるのでは
ないでしょうか。

そして「くそー、次こそは」
と内心沸々と燃えたぎる
気持ちが生まれるものです。

例えば、
プロスポーツの選手を見てください。

バスケットボールの
マイケルジョーダン

野球のイチロー選手、
サッカーで活躍する本田選手

世界のトッププレーヤーとして
君臨するためには並大抵の精神や
努力では不可能です。

また彼らが各々のスポーツに対して

人一倍の情熱を持っていなければ、
あれほどの活躍はなかったのは
言うまでもありません。

プロとなってからは
仕事としてプレーしていますが、

その昔、少年だった頃には

ただ好きだから、
ただ上手になりたいから

と言うお金や名声などを問わない理由で、

生活のすべてを犠牲にして
練習に励んだ事は想像するに容易でしょう。

当然、犠牲などとは思いません。

なぜなら、好きでやっている、
やれているのですから。

成果を出すのは時間がかかるからこそ

どんな分野であれ、
本当に結果、成果を出すためには

時間をかける必要があるのです。

だから根底に好きである
と言う気持ちがなければ続かないのです。

日本漫画界のパイオニア
故・手塚治虫先生の例が参考になります。

彼は戦後の日本において
ストーリー漫画の手法を始めて確立したり、

新しい描写の表現方法と言った

日本が世界に誇れる漫画文化の基礎を
作った人物です。

そんな彼も小さい頃から漫画を
書く事が何より大好きでした。

さらに強い興味があった昆虫など
実際に捕まえては描きとめ

驚くほど成功に図鑑を一人で
作り上げてしまった事もあります。

他にも科学、天文学など
幼少期の作品には興味がある事を

題材にした数々の漫画を描き残しています。

そして医学にも興味を持った事で
医師免許を取得、

その後手掛けた、専門家にしか
描けない医学をテーマとした

独特なストーリー漫画は
近年にもたびたび取り上げられる
名作中の名作です。

彼の自伝などを読むと

本当に漫画が好きだった事が
ひしひしと伝わってきます。

享年60歳、最後は病院で
息を引き取りましたが、

死ぬ間際まで漫画を描いていた
と言われています。

死を目の前にしてまでやりたい
と思う仕事です。

まさに好きな仕事をする人
だからこそできた偉業と言えます。

また、世界有数の資産家である
ウォーレン・バフェットさん

株の投資だけで世界トップレベルの
資産を構築した彼も、

まさしく好きな事を仕事にした人です。

彼の仕事に対する名言があります。

「成功の秘訣はただ好きな事、
才能がある事を毎日続けるだけなのだ。

私にとっては年次報告書を読んだり
資産を運用する事が好きであり、
才能もある分野です。

私には他の才能は何もありません。

歌も下手、スポーツもできない、
マーケティングもよく分かりません。

私が皆に言える事は才能がある事、
そして好きな事を毎日続ける事だけ。

それができればいつか成功できますし

たとえいつか成功できなかったとしても
好きで才能がある事を毎日できるのは
本当に幸せな人生です。

なので最終的にどう転んでも最高なのだ。」

確かにその通りです。

好きな事を仕事にすれば
成功できる確率も高いですし、

仮に成功できなくても幸せなのです。

ただ、実際には

そんな仕事につけている人は
どれだけいるでしょうか?

好きな事を仕事にできない人が多いですが、
ここはしっかり考えておいた方が良いでしょう。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則