スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

お金が増える人、お金が増えない人の特徴、お金を増やす方法

      2017/08/02

お金が増える人、お金が増えない人の特徴、お金を増やす方法
今回のテーマは、

お金が増える人、お金が増えない人
の特徴、お金を増やす方法

について紹介します。

一生懸命働いてため大切なお金、

そのお金をどうしていくか、

その後お金が増える人、
お金が増えない人の特徴は

はっきりとした特徴の違いがあります。

価値の本質を理解しているか、していないか?

の違いとも言えます。

私たちが生きている限り、
お金と言うのは付いて回ります。

お金に対して、ポジティブなイメージを
持っていようが、いまいが、

お金と人生を切り離して
考える事はできません。

生まれてから死ぬまでずっと
嫌でもつきまとうものです。

ならば真正面から向き合い
しっかり付き合った方が良いでしょう。

誰しもが、資本主義経済のもと
お金を増やすと言うゲームに参加しますが、

その中でもお金を増やせる人と
お金が増えない人がいます。

私はお金を増やす人になりたいと
ずっと思ってきました。

お金を増やす方法を
探し続けてきました。

そして億万長者のメンターや
古今東西の様々な成功者の
お金に関する考え方を学んできました。

そして分かった事があります。

お金を増やす人、お金が増える人の特徴

「器からあふれる富だけを使う」

これはお金を着実に増やす人だからこそ
口に出せる一言です。

世の中には収入が高い人もいれば、

ビジネスが上手で売り上げを
上げるのが上手い人はたくさんいます。

しかしなぜか、そういった人は
お金を増やす事ができません。

入ってきても、すぐに
出て行ってしまうのです。

逆に、収入は高くなくても
いつの間にか資産を構築している人もいます。

億単位の資産を持つ人に聞くと、

お金はある程度まで貯まると、
そこから急激に増え始めると言います。

その金額ラインは人によって違うようですが、

自分が目標とする金額を目指し、

ひたすらに節約してお金を貯め続けると、

何とも言えず心の財布が満たされていき、
満足と思える瞬間が訪れるそうです。

その瞬間まで、お金は使わずに
こつこつと貯め続けなければ

億万長者予備軍には入れない
というわけですが、

たいていの人はゴールまで
我慢ができません。

ある程度の所まで辿り着くと

つい安心するのか目標を達成する前に

「自分へのご褒美として」

ロレックスの腕時計を買ってしまったり、
ちょっと贅沢な海外旅行へ出かけたりと
気を緩めて散財してしまいます。

せっかくうまく行っていた
仕事の習慣を辞めてしまい、

遊び癖を付ける事もあります。

そういったものは
無駄使いとも言えます。

無駄なお金を使わないのは、
お金を増やす方法としての

基本的な考え方です。

お金が増えない人の特徴

散財して無駄使いする、、

こういう行動に出る人たちは

残念ながら、いつまでたっても
お金持ちにはなれないそうです。

目標金額を一度設定したからには

何があっても達成するまでは
財布の紐を緩めては行けません。

ほんの少しの我慢の差、
節制の差で、

お金が増える人、お金が増えない人
差は生まれてしまうのです。

「何も買わずにじっと耐えろ」

と言う訳ではありません。

自分へのご褒美は、
心の財布が満たされた額をクリアして、

それから入ってくる分、

つまりは器から溢れ出した分で
買って上げるようにするのです。

そのような習慣を持てれば、

財布に入ってくる額も
日に日に増えて、

気がつくとあっという間に
お金が増えていきお金持ちに
なっていると言います。

伊丹十三監督の「マルサの女」でも、

そんなシーンが描かれていました。

マルサ(国税局査察部)に
勤務する、女性査察官と脱税者の戦いの中で、

お金持ちの人はなぜさらに
お金持ちになっていくのかと

査察官に説明する場面があります。

そこでも同じような表現をしていたと
記憶しています。

まさにお金を増やす方法の
本質を現しているのでしょう。

価値とは何か?

もうひとつ、お金が増える人、
お金が増えない人の特徴の違いで

大きな考え方の違いがあるのですが、

「本当に価値のある物にお金を使いなさい」

これも成功者が必ず言う言葉です。

お金持ちの行動を見ていると、

どこまでケチなんだと思う部分と
びっくりするほど太っ腹な部分があり、

混乱する事があります。

富裕層の人と普通の人では
全く違うお金を使う傾向があります。

お金を増やす人は

価値を増やしてくれるもの、
価値を生み出すものに

お金を使います。

逆にお金が増えない人は

価値を減らすもの
価値を吸い取るものに

お金を使ってしまうのです。

価値を増やすか減らすか、

これは一概には言えません。

ロレックスを購入しても

普通の人はそれで終わりです。

そのロレックスが価値を生み出す事は
ありません。

もし売ろうとして質屋に持っていっても
買った値段より高く売れる事は先ずありません。

つまり、価値は減ってしまうのです。

しかし、価値を分かっている人が
ロレックスを買えば、

例えば、目利きが凄い人なら
転売して儲けを出せるかもしれないですし、

ロレックスが好きなビジネスパートナーに
プレゼントをして仲良くなり、

共同でビジネスをスタートさせ
利益を得る事もできます。

つまり同じ物を買っても

それを価値を増やす人も入れば、
価値を減らしてしまう人もいると
言う訳です。

これはお金を増やす人、
お金が増えない人の特徴の差でもあります。

これは買い物だけではなく、

日々の行動のひとつひとつに
現れるものです。

そして価値にフォーカスするのが

最強のお金を増やす方法です。

お金を増やす方法:価値は人それぞれと知る

例えば、富裕層の人の
生活パターンを見て不思議に
思った事は無いですか?

移動手段を見ても、
運転手付きの専用車やタクシーを使ったり、

新幹線ではグリーン車に乗ったり、

飛行機ではファーストクラスを選びます。

普通の人は、普通の移動では
電車やバスを利用し、

新幹線や飛行機でも会社の
経費などにならない限り、

一般席を選ぶでしょう。

なぜならどれを利用したとしても
同じ目的地へ到着できるので

富裕層の行動をもったいない
と考えてしまいます。

不必要な無駄使いをしているに
過ぎないと考えてしまいます。

しかしそれは違うのです。

それらを単なる移動手段とだけ
考える普通の人たちに対し、

お金持ちは空間やそのプラスαの
要素に価値を見出して、

お金を使っているのです。

新幹線のグリーン車などは
一般席と違い空間が広く、

リクライニングシートでも
足を伸ばせます。

東京から大阪までの約3時間、

快適に過ごせたおかげで疲れも少なく、

目的地に到着後もすぐ行動できます。

その後の仕事に疲れの
影響が出にくいです。

飛行機は移動時間がさらに長い事もあり、

彼らと普通の人たちが移動中に感じる
ストレスは大きな差がつきます。

普通車に乗り、クタクタの状態で
移動先で仕事の力を発揮できない、、

一方でグリーン車に乗り、
体長が万全のまま移動先に着き

バリバリ仕事をこなせるのなら、

後者の方が賢いお金の使い方と言えます。

こういった、お金の使い方をできると、
お金をどんどん増やす事ができます。

お金をどう守り、どう使うか?

お金を増やす人、お金が増えない人の違いは
お金をどう守り、どう使うか?

その違いにあります。

以前私も仕事でアメリカと日本を
毎月のように行き来していた頃、

偶然席が余っていたファーストクラスに
アップグレードしてもらい、

席に座らせてもらった事がありました。

それは実に快適な時間でした。

当然ながら、シートの座り心地は申し分無く、

広々としたスペースが確保されています。

料理にしても、キャビア、
フォアグラなどの高級食材で、

一流シェフの料理を
じっくりと味わう事ができます。

そして自分の席の周りにいるのは
もちろんお金持ちそうな人ばかりで

気品のある雰囲気が漂っています。

この機会を期に私は
セルフイメージを高める事ができ、

年収を上げる事ができました。

その後は無理矢理にでも
移動の際にアップグレードした席を
とるようにしました。

とはいえ、ただの遊びに行く
移動のときは無駄なお金は使いません。

家族と遊びにいくときは
もっぱら徒歩か自転車です。

こうしたお金の使い方をできるようになり、
お金を増やす事ができるようになりました。

お金持ちのメンターに言わせれば
まだまだ詰めが甘いと思われる
部分はあるでしょうが、

自分なりに少しずつお金を増やす
方法が身に付いてきました。

富裕層までは行きませんが、

以前の自分とは違う
ステージに立てています。

そういった体験をすると、

富裕層の人たちがなぜ惜しみなく
移動手段にお金を使うのか、

納得もできます。

一般席とは違う、
特別席を利用する事は、

快適な空間をえられるだけでなく、

上質な富裕層の人たちとの出会いや
情報交換の機会を手にする事も
含まれているのです。

またそうした成功エネルギーの
高い人に囲まれる事で、

さらに自分のエネルギーも
高かまる事ができると考えます。

当然富裕層たちは同じ価値観を
自然と持ち合わせているため

そこで知り合う人たちと話も合うでしょう。

その交流は、それまでの人脈関係では、

なかなか知り得なかった情報などを
もらったりしても、

そのままビジネスの話に
発展したりする事も少なくないようです。

生きたお金を使い、価値を増やせる
お金の使い方をすれば、

お金はどんどん増えていき、
そうして、彼らはますます
豊かになっていくのです。

逆に、無駄なお金は一切使わず、
目標のお金が貯まるまで我慢を続けます。

これが真の成功者のお金に対する
考え方なのです。

普通の人が、ただの贅沢に過ぎないと
思っている行為でも、

そこには成功者しか知らない
有益な付加価値が数々あります。

逆に私たちが、普通に使う所は
彼らは極端にセーブしたりします。

バーゲンになるとお得と思い
普通の人は買い物をしますが、

彼らはそういう時期にお金を使いません。

「安い」からという理由は
購買の動機にならないのです。

必要になって始めて購入を考えます。

安いからと言う理由で買うと
実は無駄になると分かっているからです。

物事の本質を捉え、

その本質を知った上で
価値のある物にお金を使っている

それが彼らお金が増える人の
お金の使い道である事を覚えておいてください。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則