スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

目標をゴールから逆算して考える人の効率的に成功する方法

      2017/08/02

目標をゴールから逆算して考える人の効率的に成功する方法
今回のテーマは、

目標をゴールから逆算して考える
人の効率的に成功する方法

について紹介します。

成功者、また成功を目指している
発展途上の人たちに会うと、

面白いほどに共通した習慣を
持ち合わせている事が分かります。

それた「目標から逆算して考える」事、

常にゴールから逆算して考えるのです。

だから動きに無駄が少ないですし、
欲しい結果に効率的に到着できます。

逆に普通の人、
あまり結果を出せていない人は

「その場からどこに進もうか」

と考えてしまいます。

スタート地点が今なのです。

その場しのぎでいろいろと
考えてしまうのです。

これではなかなか成果を上げる事は
できません。

例えば、

お金持ちになりたいと言うのは
誰しもが思う事ですね。

ここで結果を出す人は

「年収1000万円を目指そう」

と明確なゴールを決めます。

そしてそこから逆算して考えます。

そうすれば、そこに行くための
要素、手段、方法が明確になり、

あとは淡々とタスクをこなし
前に進む努力をするだけです。

それがどれだけ大きな目標であれ、

目的地が分かっているのだから
前に進む限り必ず到着できます。

また非常に効率的です。

逆に結果を出せない人の思考は、

漠然とお金儲けがしたいと考えて、

「ある人がこう稼いだ」などの噂を耳にして
その方法に飛びつきます。

そしてやっていくうちに
壁にぶつかってしまうと

「めんどくさいな」
「他にいい方法は無いか」

など、考えてしまい、
また別の場所に行ってしまいます。

つまりフラフラしていつまでも
結果を出す事ができません。

仮に、幸運にも一回上手く言っても
それを続ける事ができません。

だから成功するためには

逆算と言う思考法を
必ず身に付けなければ行けないのです。

人生のゴールまで考え逆算する

人生には限りがあります。

そんな長いようで短い時間を
有意義に過ごす為には、

無駄な時間を過ごしていては行けません。

有限の時間の中にあなたが
やりたい事を全て詰め込むには

普通の人とは違う発想を
しなければいけません。

億万長者や大富豪と呼ばれる
ような成功者を見ると、

普通の人では考えないような
人生のゴールまで考えて、

そこから逆算すると言う思考を
持っています。

成功者の話を聞くと、

驚くほど「人生の年表」
と言うものを持っている事に気づきます。

これは分かりやすく言うと、

目標やゴールを一生のスパンレベルで
計算して、描いているのです。

成功している経営者には
このテーマで本を書いている人がよくいます。

ワタミ株式会社取締役会長
渡辺美樹さん

『渡辺美樹の夢に日付を!夢実現の手帳術』

GMOインターネットグループ代表の
熊谷正寿さんが書いた

『20代で始める「夢設計図」
必ず”スピード成功”する5つの原則』

など世間にも知られていますが、

ベストセラーにもなっているので
読んだ事がある人も多いかもしれませんが、

実際に実行した人は少ないのでは
ないでしょうか。

私自身も

「人生のゴールなんて大袈裟な事
なかなか考えられないよ…」

と思っていたのですが、

ビジネス界の成功者のほとんどの人が
自分の年表を持っていると知ったときに
驚きました。

そして自分も人生の年表を作り、
人生のゴールを考えて書き出しました。

簡単な作業ではなかったですが、

この考えが入ると
驚くほど自分の人生に強い軸が生まれました。

人生の年表の作り方

人生の目標から逆算する
成功者の年表の作り方、

作業自体は非常にシンプルです。

基本は、生まれてから
自分が死ぬだろうと思う年までの期間で、

様々な項目を作って、
白紙の年表を埋めていきます。

この時期には自分の会社が
IPOを果たして株式上場する
この時期には家を買う
旅に出る

何どきめ細やかに記載しています。

書き方は細かいテクニックがありますが、

ポイントとしては
「バックキャスト手法」をとる事です。

カッコつけてけて言いましたが、

これも結局は、逆算して
思考するだけの事です。

つまり、今を基準にして
今後どうなっていきたいかを考えて、

中間目標や達成目標を
設定するのではなく、

最初に自分が人生の最後に
どうなっていたら幸せと思えるかを考えて

ゴールを明確に設定する事です。

それから、人生を逆算していき、

20年後はどうなっていなければならないのか、

10年後には、5年後には、1年後は

そして今は何をしなければならないのか、

目の前の目標が浮き彫りになります。

長期的な思考ができるほど、
長期的に成功する事ができます。

この作業はある程度、時間をかけて
じっくり自分を見直す事が重要です。

それでもリターンは大きすぎるので、
ぜひ時間を作る事をお勧めします。

これは極めて効率的に成功
する方法なのです。

アメリカの「どこ」に行きたいですか?

目標から逆算する

成功者たちは、この手法をとれば
最終ゴールを達成する確率が飛躍的に
高まる事を知っているのです。

例えばヨットで東京から
アメリカのサンフランシスコまで
航海すると決めたとします。

このように目的地がしっかり
サンフランシスコと定まっていれば、

途中で嵐など気象条件の
変化で目指す方向から外れても、

ポイント、ポイントでチェックさえすれば
軌道修正もできますが、

なんとなくアメリカの方へ
行きたいなーと思うだけでは、

目的地に到着する事は
遥かに難しくなるでしょう。

そうしたことからも、
ビジネスで成功する成功者たちは、

このような逆算思考で
年表を作り上げて、

時には経営判断にも用いているのです。

会社の舵取りも、ただ
障害物を避けてその場その場の
対処をしているのでは、

なかなかうまく行かないものです。

ゴールに向かってチーム全員で
組織で動く為に、

リーダーシップを発揮する訳です。

よく「頭の切れる経営者は判断が早い」
と言われますが、

これも逆算思考のなせる技です。

点ではなく、面でビジネスを見ているので、

その問題や決断が、
ゴールから考えて適切か否か?

とシンプルに判断しているのです。

だから効率的に動ける訳です。

さらにその裏には自分の年表を眺めて、

新規事業は会社の目指す方向と
符合しているのか、

目的を達成するために必要な
ビジネスなのか、

そうやって照らし合わせる事で
瞬時に見極められるのです。

こうした思考が無い人から見れば
「あの人は直感力が鋭い」

などとオカルト的な力を持つのだと
勘違い指定し待っていますが、

そうでは無いのです。

思考の違いが成果の差を生みます。

ほんの少しの考え方の違いが
5年10年経てば、

大きな結果の違いにもなる訳です。

目標をゴールから逆算して考える
人の効率的に成功する方法を参考にして、

あなたもぜひ目標を逆算して考える人
になって成功をつかんでください。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則