スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ネットワークビジネス、MLMの主催会社の良い悪いの見極め方

      2016/11/30

ネットワークビジネス、MLMの主催会社の良い悪いの見極め方
今回のテーマは、

ネットワークビジネス、MLM
の主催会社の良い悪いの見極め方

について紹介します。

例えば競馬の世界で
成功するには、

どれだけ腕のいい騎手でも、

ぽんこつの悪い馬に乗れば
勝つ事はできませんが、

普通の騎手であっても、
最高の良い馬に乗れば勝てるでしょう。

もちろん最高の騎手と
最高の馬が出会えば無敵でしょうが、

まずは馬選びが最優先ということです。

そしてネットワークビジネス
の世界でも、

あなたがどれだけ優秀でも、

参入する会社を間違えれば、
成功する事は難しいです。

ここで、

ネットワークビジネスを主催する
会社の良し悪しを見極める方法は三つです。

会社、プラン、製品です。

スポンサーリンク

ネットワークビジネスで大切なのは製品

この三つのうち、
どれか一つでも欠けていれば
製品流通は広がりません。

特に製品はネットワークビジネスの
コアとなります。

製品が悪ければ、
絶対に続きませんし、

製品が良ければ、
時間がかかっても必ず成功できます。

これがきちんと競争力を持ったもの、
この会社でしか買えないような
価値が高いものでなければ、

そもそもビジネスを
スタートさせることもできません。

つまり扱う商品の成分などの
利権がロックされていなかったら、

他のネットワークビジネス企業でも
同じ成分で名前を変えた商品を
流通させるかもしれません。

するとあなたのグループは
たいへん不安定になってしまいます。

これでは砂上の楼閣を
築いているのと同じで

永続的な権利収入は望めません。

MLMの主催会社の見極め方

次に大切なのが、
それぞれの企業によって設定された、

ディストリビューターに対する
報酬プラン(仕組み)です。

これは一般流通企業で言えば、
CMや広告に当たる部分で

流通を拡大するマーケティング(HOW)
の部分に相当します。

ディストリビューターの努力が
きちんと報われるような報酬プランでなければ
流通は広がっていきません。

トップタイトルのリーダーのみが
莫大な収入を得て、

それを見せびらかし、
やる気にさせるなどという短絡的な
ビジネスモデルは、

もう過去の遺物だと思います。

後から参入した後発組は
稼げないという事があれば、

その主催会社はうまく行かなくなります。

もちろん製品ありきですが、

この辺りのマーケティグプランの
良い悪いもしっかり見極めましょう。

主催会社の良い悪いの見極め方

そして最後に流通を拡大していく原動力、
いわば流通のエンジンに相当する部分、

力の源が会社の理念です。

何を持って、製品を人に伝えるのか、
何を持って人はともに流通を拡大しようと
参加するのか、

実はその何(WHAT)が会社の理念です。

これがお粗末であったり、
掛け声だけの有名無実のものであれば、

ディストリビューターは
よりどころをなくしてしまいます。

会社の理念やミッションを
共有することによって、

初めて流通網は人伝えに
つながっていくことができます。

会社の理念の重要性は
ネットワークビジネスでは非常に高いです。

日本人は以外とこの部分を
軽視する傾向がありますが、

何よりも重要なチェックポイント
だと言う事を忘れないでください。

他にも、

法律の説明部分を軽視していないか、
教育システムがしっかりしているか、
素晴らしいトップリーダーはいるか、

など、チェックポイントはありますが、

上記3つがしっかりしていれば
たいてい他の部分もしっかりしています。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意