スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ネットワークビジネス、MLMでティーアップ(T-アップ)は武器

      2016/11/30

ネットワークビジネス、MLMでティーアップ(T-アップ)は武器
今回のテーマは、

ネットワークビジネス、MLM
でティーアップ(T-アップ)は武器

について紹介します。

ネットワークビジネス(MLM)では

「T-アップに始まってT-アップに終わる」

といわれます。

これは、

ゴルフのボールを打ちやすくするために、
台座に球を置くことをティーアップ(T-アップ)
という所からきた言葉です。

つまり仕事をやりやすくすると言う意味で、

グループで活動する
ネットワークビジネスではかなり
強力な武器になっています。

スポンサーリンク

ネットワークビジネスで使う3つのT-アップ

ネットワークビジネスでは
常に複数の人でビジネス活動を行い、

例えば、

ABC展開では必ず紹介者(Bさん)がいます。

紹介者は説明役(Aさん)を
T-アップすることでゲスト(Cさん)への印象をよくし、

目的の達成をフォローします。

ネットワークビジネスで主に
使われる3つのT-アップを
ここでは紹介しましょう。

その1.AさんのT-アップ

説明役(Aさん)を紹介役(Bさん)が
T-アップすることです。

ゲスト(Cさん)がAさんの
話を良く聞くように仕向けます。

「今日は本当に忙しい
Aさんに貴重な時間を割いて
来てもらっています。

失礼のないように聞いてあげて下さいね」

などと言い添えます。

MLMのテクニック、ティーアップ(T-アップ)

他にもさまざまなパターンがありますが、

例えば、Cさんが年配の会社社長さんの場合、
20代の若者がAさんとして説明しても
熱心には聞いてもらえない恐れもあります。

こんな場合、

「Aさんは売り上げ
ナンバーワンで表彰された人で…」

などとAさんを権威づけることで
その社長さんでも聞く耳を持つようになります。

その2.人のT-アップ

例えば、

「頑張っている人がいるから、
今度会ってぜひ話を聞いてみたら、
きっと参考になると思うよ」

と言った形で行われるT-アップです。

「会ってみたいな」「すごいんだな」
と相手に思わせるようにします。

その3.環境のT-アップ

「今度こういう説明会があるよ」
「勉強会があるよ」
「ぜひ行った方がいいよ」

と人ではなく、

環境面でのT-アップです。

ゲストさん(Cさん)に対してだけでなく、
メンバー間でも頻繁に行われています。

ティーアップ(T-アップ)が武器になるとき

以上がティーアップの基本ですが、

ネットワークビジネスを
始めたばかりの人は、

「凄い! 凄い!」を連発したり
とにかく褒めたり、

一方的なテクニックとして
このティーアップを使ってしまいます。

これでは聞いている方は、

「何が凄いの?」と疑問に思い、
逆に不信感を感じるものです。

ティーアップをしっかりとした
武器にするには、

タイミングや言葉の使い方を
しっかりと磨く事が大切です。

本来はティーアップというのは

しっかりした
コミュニケーションスキルから
くるものなのです。

無意識で自然な
ティーアップができる人は

言葉の額面通りゴマをすったり
無闇やたらに褒めるのではなく、

普段からどんな人に対しても
どんなことに対しても

長所を見つけ出す癖を持っているものです。

いくらティーアップ(T-アップ)をしても

相手に伝わらなければ意味がありません。

こうしたテクニックを表面上使うと
妙な心理誘導と捉えられます。

本質の部分から理解するのが大切ですね。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意