スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ネットワークビジネス、MLMの収入はギャンブル的不労所得か?

      2016/11/29

ネットワークビジネス、MLMの収入はギャンブル的不労所得か?
今回のテーマは、

ネットワークビジネス、MLMの
収入はギャンブル的不労所得か?

について紹介します。

これもよくある誤解、
勘違いの一つなのですが、

「汗水たらして働かない人が
不労所得を得る…

ネットワークビジネス(MLM)
なんておかしくない?」

これも良く聞かれる
ネットワークビジネスに関する疑問です。

日本人の伝統的な労働観として
汗水流して働いてその報酬を得る

というものがあります。

それを働かないで寝ているだけで
収入を得るというギャンブルのような
不労所得という概念は

アレルギーを持つ人も少なくありません。

そしてそのアレルギーが故に
ネットワークビジネス(MLM)に大して
批判的な態度を持つ人がいます。

要するに、今現在、
販売活動もリクルート活動も
一切やっていないのに、

なぜ権利収入が入るのか?

という疑問だと思います。

スポンサーリンク

ネットワークビジネスで不労所得を得ている人

「そんな不労所得を得ることを
認めるのはおかしい」

という意見でしょう。

例えば、トップディストリビューターで
現実に一切労働をせずに

年間に1億から2億の
不労所得を得ていると言う人は
この世界にはごろごろいます。

有名人の中にも本業以外で

何もせずにこうした
不労所得を得ている人もいます。

でもこれは厳密に言えば

「不労所得」として考える
からおかしくなるので、

「印税収入」と考えると
分かりやすいかもしれません。

不労所得という言葉には

最初から楽をして、
何もしないで入ってくる所得
というイメージがあります。

ギャンブルや宝くじのようなイメージで
濡れ手に粟的な収入のイメージです。

自分は必死に働いているのに
あいつはなぜ働かないで稼げるのか?

アリとキリギリスのような感覚だと思います。

なので、ネットワークビジネスで言えば、

登録しただけで、後は放っておけば
自動で収入が入ってくる。。

そんな不労所得はおかしい、

…と考えてしまいがちですが、

現実的に言えば、

そんなバカなことが起こるはずがありません。

ネットワークビジネスはギャンブルでない

ネットワークビジネス式の
不労収入というのは、

はじめから最後まで全く働かないで
収入が入るシステムのことではないのです。

印税収入というのは、

一度頑張って、過去に普通の人の数倍頑張って
何かを生みだした産物として、

今現在も入ってくる収入という性質のもので、

これを権利収入と呼びます。

本の印税やCDの印税はその代表です。

本を書いたり、音楽を作るのは大変です。

必死に原稿を書き、リサーチをし、
編集をし、推敲し出来上がります。

そうして出来上がってきた
著作物が世に出た後、

売れ続ける限り収入が入ってきます。

一度作れば後は収入が入ってくるだけなので
不労所得と言えなくもないですが、

不労というのは
最初は働き後は働かないという意味です。

ネットワークビジネス、MLMの収入体系

そしてネットワークビジネス(MLM)の
収入体系も権利収入の形であり、

権利収入をもらっていて、
現在は働いていないように見える
トップディストリビューターたちも、

過去に汗水たらして、
人一倍働いた時期があって、

今の不労所得を手にしているのです。

決して一発当てた
ギャンブルのようなものではありません。

つまり、はじめから不労所得を期待して
ネットワークビジネスに取り組んでも
うまくいかないと言うこと、

そして、不労所得を勘違いして
権利収入モデルを毛嫌いすること、

どちらもナンセンスと言えるのです。

マジメにコツコツやれば
後で少しずつ楽になっていく
仕組みであるという事なのです。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意