スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ネットワークビジネス、MLMに関する法律と禁止事項を知る事

      2016/11/29

ネットワークビジネス、MLMに関する法律と禁止事項を知る事
今回のテーマは、

ネットワークビジネス、MLMに
関する法律と禁止事項を知る事

について紹介します。

ネットワークビジネス、
MLMを始めるに当たり、
法律関係で心配する人がいますが、

まず心配は無用という事を理解して下さい。

しっかりした知識さえ持っていれば
ネットワークビジネス(MLM)は
非合法でも、違法なものでもありません。

100%全うな合法的なビジネスです。

安心してビジネスに取り組むために

その問題が出る背景を知るためにも
まずは法律面の知識もつけていくといいでしょう。

スポンサーリンク

ネットワークビジネスと法律

まずネットワークビジネス(MLM)は
法律用語で言えば

いわゆる連鎖販売取引に該当します。

連鎖販売取引…と聞いただけで
すぐに法律に触れるんじゃ。。

と心配する人もいますが、

連鎖販売取引は合法で
心配の要らない立派なビジネスです。

ではなぜ心配するのか。。というえば、

まず連鎖販売取引が

無限連鎖講取引(いわゆるネズミ講)と
混同しやすい点があります。

無限連鎖講取引は
法律で禁止されているビジネスですが、

名前が似た雰囲気なので、
連鎖販売取引と一緒くたに

非合法なものとして認識してしまっている
人が多いのですが、

ここは明確な区別をしましょう。

マルチで問題を起こす人もいる

つまり、

ビジネスそのものに問題があるのではなく、

ビジネスを行う上で守らねばならない、
禁止事項としてやっては行けないこと

がルールとしてあり、

そのルールを犯す事が問題です。

そして、残念ですが、
過去に連鎖販売取引で問題を
起こした会社があったり、

会社自体は問題はなくても、
販売員をやっている人が
問題を起こしたケースがあったりするからです。

連鎖取引販売の説明の前に、

ビジネスに限らず、
日本という法治国家に生きている以上は

私たちは法律に縛られている
という事をまず理解しましょう。

例えば、

道路を歩くには、
道路交通法に規制されます。

だからといって
道路を歩くことが違法だと
考えて心配する人はいないはずです。

道路を歩く事、車で走ることが違法なのでなく、

道路の歩き方、車の走り方を
規制する法律があり、

その法律に触れると違法になるのです。

ネットワークビジネス(MLM)は
法律で禁止されているのではなく、

ルールに沿わない事をすると
問題となるのです。

特商法とネットワークビジネス

連鎖販売取引は

特定商取引に関する法律

に規制されています。

こういう表現を見ると、

法律で禁止されているものと
思い込んでしまう人がいますが、

規制と禁止は全く別物です。

禁止というのは
そのビジネスを行う事が認められていない事、

規制というのは
ビジネスを行うのは合法で、

行う際にはルールがありますよ。

ということ、

そして全てのビジネスは
何らかの法律によって規制を受けているのです。

ルールを守ってビジネスを行う
これは言うまでもなく当たり前の事なのです。

ネットワークビジネス、MLMに関する禁止事項

つまりルール、規制に反して
禁止行為を行うと

違法行為となり、場合によっては
懲役や罰金を科せられることにまります。

それは、

特定商取引法による規制と

また健康食品や化粧品
などを扱う企業については、

薬事法という法律を知らねばなりません。

具体的な例などは
今後紹介するつもりですが、

違法な勧誘や、クーリングオフ
を妨げる行為などがあります。

例えば、

「誰でも稼げる!」
「誰でも成功出来る!」

といった表現は、
禁止事項の一つです。

現在ではネットワークビジネスの
まっとうな主催企業側も

こうしたコンプライアンス
法律問題の知識の普及に
力を入れています。

この辺りを軽視する企業は
参加判断基準として外すのも
目安として必要でしょう。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意