スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

エネルギーが高い人、低い人の特徴、エネルギーを高める方法

      2017/08/02

エネルギーが高い人、低い人の特徴、エネルギーを高める方法
今回のテーマは、

エネルギーが高い人、低い人の
特徴、エネルギーを高める方法

について紹介します。

人生において、

パワフルに行動し、成功に
たどり着くためにが、

ガソリンと同じく
エネルギーが必要です。

どれだけ賢くて運が良く、
環境に恵まれていても、

ガソリンがなければ目的地には
たどり着かないように、

エネルギーというのは人間にとって
間違いなく成功に大切な要因の
ひとつでしょうが、

エネルギーが高い人、
低い人の特徴とは何でしょう。

町で歩いている人を見ると、

世界との接触を途絶えさせ、
心を閉ざし、孤独でモヤモヤしている

明らかにテンションが低く
エネルギーが低い人もいますし、

見るからにエネルギーが高く、
自分が満たされ、活性化し、

充実感に満たされ生きがいを感じて
生きているエネルギーが高い人もいます。

この両者の違いはなんでしょうか。

当然エネルギーが高い方が
この世界では様々な事が実現できます。

幸せも豊かさも富みも健康も愛も
引き寄せる事に出来るパワーですから、

どうせ一回の人生なのですから、

エネルギーは低いより
高い方が良いはずです。

そして、、

実はシンプルなたった一つの要素で
エネルギーを高めることができるのです。

宇宙と人間に影響するエネルギーの特徴

もちろん深く考えだせば、

なにがエネルギーかと言う
定義は難しいものです。

色々な意見がある事は
十分理解しているんですが、

しかしエネルギーと言うのは、
エネルギーの保存の法則の通り、

この宇宙の誰の中にも
膨大に溢れているものなのです。

ある意味無限にあるのです。

しかしそれをうまく使いこなせるか
どうかにはコツがあります、

エネルギーには特徴があります。

エネルギーと言うのは
「集中」「フォーカス」させると、

とてつもなく大きなパワーを発揮します。

日常生活において、
エネルギーの高い人は
この特徴をうまく使います。

逆にエネルギーが低い人は
この特徴をうまく使えていません。

エネルギーを一点集中させると
とてつもないパワーが生まれます。

エネルギーが散漫であれば
そこには何も生まれません。

例えば、

大きな白い紙に虫めがねを
さらしても何の変化も起きませんが、

その白い紙に黒マジックで
ある一か所を円に塗りつぶした
ものを描いて

そこに虫めがねを持ってきて、
太陽の光をそこにめがけて集中させると、

あっという間に紙が焦げて、
煙が出て、火が付き、燃え上がります。

…これがエネルギーを使いこなす
ための唯一の秘訣のヒントになります。

エネルギーは注ぐポイントや
方向を持っていなかったり、

所構わず散乱させていると、
時間と労力がかかるだけで、

何も手にする事ができないのです。

現代社会は注意を散漫にさせる
要因がたくさんあります。

パソコンにテレビ、携帯電話、

街に出てもあらゆる刺激があります。

しかしあれもこれもの八方美人は
結局何も得られません。

しかし何かに集中すれば、
それは達成できるのです。

エネルギーの高い人になる方法

では、エネルギーをうまく使い、
エネルギーが高い人になるのは
どうすればいいのでしょうか?

とにかくまずは、

目標を決め、期限を決め、

動くポイントに絞り、
的を得たアクションをする。

ここがポイントです。

余計なものは切り捨てる覚悟も必要です。

こうすればエネルギーは
集中され力を発揮し、

目標や夢を必然的に
叶えることができるのです。

しかもそれは最小の効率でです。

物事をスムーズに進行させ、
上手く叶えて行きたかったら、

なんのために、どんな結果を、
いつまでに欲しいのかを明確に、

人がそれを把握して、
それを達成すると決めていないと
エネルギーは使えないのです。

決めなければ、
それを叶えるエネルギーは発生せず。

ただ、意味もなく、
人生を流されるだけ…

そうですエネルギーの低い人の特徴は、

目標を持たずに漫然と
流される人生を歩む人の特徴なのです。

ただ与えられた事をこなして
いるだけでは心の火は消えて行きます。

しかし目標を決めた途端に
エネルギーが発生し、

それを叶えるために力が
働き始めるのです。

こういった宇宙の仕組みを知っていれば、
物事を達成すると言う事も

シンプルという事が分かります。

人生でエネルギーをうなく使いこなそう

精神的にも、肉体的にも、
エネルギーに欠ける人と言うのは、

それを養っていく必要があります。

エネルギーを高める方法を
実践していくのです。

幸運な事にこういった
エネルギーを使いこなすスキルを
人間は後天的に伸ばす事が出来ます。

恐らく他の動物はこれが出来ません。

フォーカスの力、集中力

というギフトに感謝しましょう。

だからこそエネルギーがあっても、

それを1つの対象に向け、そこに
定めることが出来ない人は、

その方法を学ばなくては行けません。

どんなに能力がある人でも、

意志の力で、その能力を
コントロールできなければ
何の役にも立たないのです。

肉体のトレーニングをすることの
有効性は良く語られます。

が、真の効用は見失って
いる人が多いです。

身体の機能と心の機能を安定した
状態で働かせ続けることとして

トレーニングは素晴らしい
効果的なものなのです。

そうです、

身体のコントロールが出来ないと、
心のコントロールも出来ないのですから。

それでは今回の話を踏まえ、
これまでの話しをまとめておきます。

●精神の集中力に欠ける原因

自制心が未発達で衝動、
食欲、感情に振り回される

激情や好き勝手が働き、
行動の落ち着きがなくなる。

●人は集中する事によって、
精神的、肉体的、エネルギーを集結させ、

それが作動している
状態を保つことが出来る。

●朝起きてから、その日一日、
どれくらいの冷静さを保って
いられるかを試す事。

⇒行動一覧を作ってチェックする事。

●神経と筋肉を強固にすると心も強固になる。

呼吸のコントロールは肉体的な健康の基礎。

●人を愛する人の握手には、愛が現れる。

憎悪する人の握手には憎悪が表れる。

エネルギーが低い人は人生損です。

エネルギーを高める方法を
ぜひなんども復習の上、

エネルギーを高めて人生を謳歌すべく
これまでの話もぜひ参考にして下さい。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則