スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

自分をコントロールする人に好かれる人、人が離れて行く人の特徴

      2017/08/02

自分をコントロールする、人に好かれる人、人が離れて行く人の特徴
今回のテーマは、

自分をコントロールする
人に好かれる人、人が離れて行く人

の特徴について紹介します。

この社会で成功する為には、

人の協力無しには不可能です。

という事はつまり、

人からの人気がなければ
いけないということですが、

ここで、
人に好かれる、人を惹きつける人、
人が離れて行く人の特徴の違いは、

セルフコントロールができるか
できないかの違いです。

セルフコントロールが
身についていないうちは、

欲求や感情、行動が一貫しない
思いと考えに支配されています。

心の中は、欲求と考えが一致せず、
感情と思いが衝突し合っていたり、

多くの矛盾が生じています。

このような状態では、
状況や環境を正しく捉えて、

バランスの良い心で他人と
対応することはできません。

孤独でネガティブな態度をしたり、
不平不満や愚痴を常にこぼしてしまします。

心が満足していないからです。

これでは人は離れて行ってしまします。

良くスーパーマーケットのお菓子売り場で

「あれ買って~!!!」

などと泣き叫んでいる子供を見かけます。

周りの事など全く気にせず
自分の感情だけを爆発させています。

…簡単言えばあれがセルフコントロールが
出来ていないと言う事です。

子供ならまだ可愛くて良いですが、

大人になっても同じような
セルフコントロールが出来ていない
人物がいたらどうでしょうか?

…近づきたいと思わないはずです。

では人に好かれる人になるには
どうすればいいのでしょうか?

セルフコントロールを身につける事です。

人に好かれる人、人が離れて行く人の特徴

人間は誰でも、

こうすればよくなる、
こうすればいいんだ

と言う事は分かっています。

しかし分かっていることと
できる事は別問題なのです。

口だけなら何でも言えます。

行動と言葉を一致させるのは
大変難しいです。

分かっていることを、
確実に出来たなら

みな一流の人になれます。

一流の人と、そうでない人との差は、

どれだけ自分をコントロール
できるかの差です。

練習や鍛錬はつらく厳しいものです。

「辛いからやめよう」
「辛いけどやろう」

この差が結果を生み出す差なのです。

そして一流の行動力を持った人は、
人を感動させ魅了し惹きつけることができ、

本物の人脈を広げていくのです。

徹底して行動していると、

人が感心してくれて、
好きになってくれて、

遂にはファンになってくれるのです。

そしてファンがどんどんいい人を
紹介ししてくれるのです。

そして人が集まってきます。

これは人に好かれる人の特徴です。

逆に人が離れて行く人の特徴は、

行動しなくていい
理由をできるだけ見つけ、

行動しないことを
正当化しようとします。

そして他人や組織の
短所や問題点を探してきては

批評、批判ばかりします。

先日、ある企業に訪れて
社員食堂で食事をしていた時です。

食道の隅にテレビがあり、
ある社長さんがインタビューを
受けていました。

するとそこの社員は突然
同僚に捨て台詞を吐きました。

「あ、あいつ、大学時代の俺の同級生だ、
成功したからって偉そうにしてやがる、

学生時代は俺の方ができたんだ、
あいつはたいしたことなかったんだけどなあ。。

でも運がいいよな、俺も運が良ければ
あいつ以上に成功できたのに」

私は社長にその社員の事を聞くと、
一番のリストラ候補だそうです。

行動しないで愚痴だけを言う人は

要するに行動する勇気がない、
セルフコントロールができない人です。

そういう人は人が離れて行くのです。

人を惹きつける人になる方法

集中力の差は、
自己コントロールの差であり、

自分をコントロールする力の差であり、

人を惹きつけるか
離れていくかの差でもあります。

人間の器の差というのは
この辺りで変わってきます。

どれだけ集中力を乱し、
散漫にする誘惑要因をはねのけて、

自分をコントロールできるか
どうかが、ポイントです。

その能力を身につけるために
一つアドバイスしたいのが、

これから

自分が怒りっぽくなっている

と感じたときや

憎しみを感じているときに

自分の呼吸を観察するように
してみて下さい。

また逆に、

素晴らしく幸せで崇高な
感情に身を震わせているとき

どんな呼吸をしているか
観察するようにしてみて下さい。

ポジティブな思いで満たされているとき

人は思いっきり肺に酸素を吸いこんでいて、
心は愛に満ちています。

このエネルギーが、

肉体的にも精神的にも社会的にも
人を成長させてくれます。

小さな意識から大きな行動は変わるのです。

と言う事はつまり

意識して深呼吸をすれば、

生命力とたくましさが身に付き
心が安定して集中力が高まり

人を惹きつけられる人、
パワーのある存在になれるのです。

愛について深く考える

もしあなたが人生をフルで
エンジョイしたいと望むのなら、

愛について深く考えなければいけません。

この世界で成功するには、
人間関係を良好にしなければいけません。

人類は孤独で成功できるように
なっていないのです。

単に自分のためだけでは
人はなかなか頑張れないものですが、

世のため人のためであれば
すごくエネルギーが出るものです。

何かに対する心からの愛着を抱かない限り、

豊かな情緒、温和な人柄
人を引き付ける魅力も生まれません。

意志の力で愛情を呼びさまし、

今よりも豊かな人生を歩んで行きましょう。

愛情をたっぷりと持った
人の手は必ず人を惹きつけけます。

人に好かれるのです。

あなたはあなたの時間で、
周囲の人から発せられる感謝の気持ちと
あなたが成功することへの願いや祈りで

どんどん運が良くなるのです。

しかし、それは安定してコントロールの
効いた状態でなければいけません。

徹底して人のために生きようとしたら
相当自分に力を付けなければいけないのです。

愛は握手の中に凝縮させる事ができる、
人を動かすための素晴らしい方法なのです。

心の持ちようで
相手への伝わり方は変わります。

まだ科学では未解明の人間の
不思議な力がそこに存在するのです。

セルフコントロールを身につけ人を惹きつけよう

もしもこれから、

自分が短気になっている…

と感じたら、

意志の力を使い、気長にゆっくりと
構えるように努めてみましょう。

こういう意識こそが、

セルフコントロールの優れた
練習になるのです。

心と体と行動は繋がっています。

自分をコントロールする事は
自分にしか出来ないのです。

でも練習すれば誰でも
出来る事でもあります。

人間の身体と言うのは不思議です。

例えば、今あなたは、
自分の手や足を自由に
動かせると思います。

でも心臓の鼓動や胃腸の働きを
自在に動かす事はできませんね。

これを随意運動と不随意運動
などと呼びますが、

そして呼吸や脳の動きは
このどちらの作用もあるのです。

意識してコントロールも出来るし
無意識に動く部分がある。

ここに鍛錬の余地があるのです。

ゆっくりと深く呼吸をする

気も長く持ちしやすくなります。

自分は少し早口になっている…

と気づいたら、自分をコントロールし
ゆっくり、ハッキリと話せばいいだけです。

声を荒げる事も、
逆に声をひそめる事も、
避けるようにしてみて下さい。

この平穏な状態を維持するんだと
決意に集中すれば、

あなたの集中力は向上します。

セルフコントロールを覚える人は、

人生に通じる知恵を、
自分の人生に見出すことができます。

そして誰に対しても
本質的に変わらない考えと行動で
接することができるのです。

そしてどんな状況や出来事に直面しても、
高い考えと洗練された行動が、

常にその人にふさわしい結果を生みます。

そしてそういった人に
人は惹きつけられるのです。

人に好かれる人の特徴なのです。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則