スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ネットワークビジネス、MLMは外国人相手に海外で仕事できる?

      2016/11/28

ネットワークビジネス、MLMは外国人相手に海外で仕事できる?
今回のテーマは、

ネットワークビジネス、MLMは
外国人相手に海外で仕事できる?

について紹介します。

前回もいったように、
ネットワークビジネスの
国境を越えたとんでもない展開力は

本当にすごいと思います。

では、ネットワークビジネスの
システムを使えば、

海外でもどこでも仕事ができるか?

と言われれば、

現実問題として、

不可能ではないと思いますが、
かなり難しいでしょう。

海外に住みたい、旅をしたい
という夢を持つ人もいるでしょう。

それならば、

日本人相手に頑張って仕事をして、
報酬を得てから、

海外に出た方が
合理的ではないでしょうか。

スポンサーリンク

ネットワークビジネスは海外で仕事できる?

でもここでもう少し
海外でネットワークビジネス、
MLMをするケースを

具体的に考えてみましょう。

良い製品、素晴らしい製品なら
すべて世界で売ることができるかと言えば、
そうでもありません。

グローバルに受け入れられる製品には
どんな国籍の人にも受け入れられる
魅力がないといけません。

現在、ネットワークビジネスの
主要な製品というのは、

サプリメントと化粧品がほとんどです。

健康と美は人間の共通願望ですね。

だから、ニュースキンのクリームは
世界中のどこでも売れますし、

アムウェイのサプリメントもそうですね。

ただし、各国の薬事法などで
成分規制が異なったりしていますので、

それなりのリサーチも必要です。

また、ネットワークビジネスの
報酬プランに法律で制限が
加えられている場合もあります。

韓国では3段階以上連鎖してはいけない

つまり、自分の紹介者、
その紹介者の紹介者までしか
報酬を加算することはできません。

また中国では、
実際の路面店を同時に開店していないと
許可が得られないなど様々です。

MLMで外国人相手に仕事をする

日本国内で、外国人を相手に
ビジネスを展開するのは
良い戦略だと思います。

ただアイデアとして
将来の構想として

海外進出も考えておいて
良いかも知れません。

我々日本人が、

文化の違いや言葉の壁など、
個人が海外へ進出するのは
壁が大きいですが、

そんな様々なお国柄を超え
海外進出を繰り広げていく
ネットワークビジネス企業や、

また、グローバル化に乗って
日本のネットワークビジネスの
リーダーの人たちも

どんどん海外にグループを
伸ばすようになっています。

特に、新しく創業された
外資系のネットワークビジネス企業は、

グローバル展開と、

海外でもディストリビューターが
グループを拡大できるようなシステムを
アピールする所も増えています。

最近ではドルで報酬を払う
起業も増えてきました。

IT技術が進歩したため、

例えば、

円で決済している日本の
ディストリビューターの下に、

韓国ウォンで決済するグループが広がって、

さらにそこからアメリカに飛び火して
ドル決済のグループが広がっていく

なんて事も実際に起こっています。

この複雑な売り上げの統合と
報酬の分配計算がリアルタイムで行われるので
すごいものです。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意