スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ネットワークビジネス、MLMのディストリビューターの役割

      2016/11/27

ネットワークビジネス、MLMのディストリビューターの役割
今回のテーマは、

ネットワークビジネス、
MLMのディストリビューターの役割

について紹介します。

企業によって違いはあるのですが、

ネットワークビジネス、
MLMにおける基本的な組織構造は、

製品を管理する「本部組織」と

製品の販売網である

「ディストリビューターネットワーク」

に分かれています。

そしてネットワークビジネス
(MLM)において、

消費者兼販売者のことを一般に、

「ディストリビューター」と言います。

ネットワークビジネス(MLM)の
最大の特徴である、口コミの輪ですが、

口コミが広がっていくプロセスで、
熱心に商品を商品を広めてくれた人には

メーカーからコミッション
(手数料)が出せるようになります。

スポンサーリンク

会員登録した消費者がディストリビューター

なぜ消費者がコミッションと言う
利益を手に入れられるかと言えば、

通常ルート(中間業者がいる場合)で
販売する時ほど経費がかからないからです。

その分の利益を分配することで
販売者にもメリットがある仕組みです。

つまりネットワークビジネスでは

「本部組織」の役割というのは、

商品の開発、受注・発注管理、商品管理、

そして、ディストリビューターの
販売管理・報酬管理などが

主な仕事であり、

実際のマーケティング、集客活動や
販売というは、

消費者であり個人事業主である
「ディストリビューター」に
アウトソーシングしているといえます。

だからこそ一般企業に比べ

本部組織は一般企業に比
無駄がなくスリムで効率的です。

だからこそディストリビューターの
利益を配分する事ができます。

このようなコミッションを
個人が受けるためには、

本人が商品を提供する会社に
会員登録をする必要があります。

会員登録した消費者の事を
ネットワークビジネスの業界では

ディストリビューター(販売者)

と呼ぶのです。

ディストリビューターは、
消費者であると同時に、

商品を普及し、販売していく
個人代理店としての商社機能を持つのです。

そしてディストリビューターは、

商品を口コミで人々に広めながら、
自分と同じような立場の人を募ります。

MLMのディストリビューターの役割

つまり「ディストリビューター」という
個人消費者のネットワークと言うのは

ネットワークビジネスの大きな
特徴の一つになっていますが、

簡単に言えば

「消費者でありかつ販売員」

という事です。

そして彼らの役割は大きく
分けて3つです。

一つ目が、

お客さんの立場として
製品、商品を消費すること。

二つ目に、

その愛用している
製品、商品を販売すること。

三つ目が、

同じく製品、商品を販売する
お客さんの中から

新しいディストリビューターを
勧誘し、後援、指導することです。

この三つ目の役割が
他のビジネスには見られない
独自のものであり、

参加者としてのディストリビューター
が報酬を受け取れるという意味では
メリットのあるビジネスになるのです。

ビジネスを行うと言う面での最大の役割

つまり、ディストリビューターを
自分が増やせば増やす程、

報酬を上げる事ができるのです。

そして、その販売やリクルート活動は主に
ディストリビューターその人の友人や知人、

つまり社会的ネットワークを利用して行われます。

ディストリビューターは
給料などの固定給はないですが、

その代わり、製品の販売実績と

ディストリビューターの
指導料の対価として

コミッションが支給されます。

このコミッションが、

ディストリビューターにとって
ネットワークを広げるメリットとなり

原動力となって
このビジネスは発展しました。

多くのMLMの形態をとった企業の場合は、

自分自身が製品を販売するだけでなく、

自分が勧誘したディストリビューター
全員の販売額に基づいて報酬が算出されます。

そのため、ディストリビューターは、
自分がただ販売するだけでなく、

自分が勧誘する配下の
ディストリビューターたちを

リクルートし、育成することに
必然的に力を入れることになります。

こうしてディストリビューターが増えることで、
商品の普及は加速度的に増して行きます。

この結果、ネットワークビジネスでは

通常の流通経路なら
「10年ほどかかる」と言われる商品の
普及速度を2,3年に短縮するような
実績をたくさん作ってこれたのです。

そして会社の規模が大きくなるほど、
ディストリビューターさんへの
コミッションを払える額も多くなり、

個人代理店としての
ディストリビュータさんが儲ける事が
できるのです。

大きな報酬を狙うのであれば
ここの役割に力を入れなければなりません。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意