スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ネットワークビジネス、MLMの法規制は業界にとってプラス

      2016/11/27

ネットワークビジネス、MLMの法規制は業界にとってプラス
今回のテーマは、

ネットワークビジネス、MLM
の法規制は業界にとってプラス

について紹介します。

「昨日ウチに警察が調べにきた」

と聞くと、

良いイメージが浮かぶでしょうか、
悪いイメージが浮かぶでしょうか?

実際はどちらのケース
の場合もあるでしょうが、

ネットワークビジネスにおいても、

ここが逆に誤解を生む
事にはなっているのですが、

ネットワークビジネス(MLM)の
法規制は業界にとってプラスになるでしょう。

MLMは優れた流通体系のビジネスです。

しっかりとした法規制のもと行った方が、
業界全体だけでなく、

日本経済にもプラスになるはずです。

ネットワークビジネスの法規制を
ネガティブに捉えマイナスに捉える人もいますが、

むしろそういった人は、

この業界のシステムを悪用しようとしている
人物の可能性もあります。

スポンサーリンク

問題は質の悪いディストリビューター

もしこのビジネスが
違法なものだとすれば、

ここでオススメする
訳はありませんし、

堂々と紹介する訳にはいきません。

ただしこの業界には法律による
規制があります。

ネットワークビジネス(MLM)が日本で
拡がった当初は、

質の悪いディストリビューターにより
被害が出ても、

既存のビジネスをと対象とした
法律では十分な対処ができませんでした。

現在では法整備が進み、
ネットワークビジネス(MLM)を念頭においた
規制強化が図られるようになりました。

さらに、今後も規制強化の方向に進むでしょう。

これはネットワークビジネスをする人にとって
マイナスの事でしょうか?プラスの事でしょうか?

法整備、法規制強化、、などと聞くと
どうしてもビジネスがやりにくくなるように
感じる人も多いでしょうが、

実はそうでもありません。

ルールがあるほど質は上がる

例えばスポーツにルールがなかったら、、

審判もいないでひたすら殴り合いをする…
自由に球を蹴る遊び…

これではスポーツの質は向上しません。

同じように、
法規制があると言う事は、

ネットワークビジネスの原則を
しっかりと守って活動しないと
成果をあげられなくなると言う事ですから、

低レベルでモラルのない
ディストリビューター(販売者)が淘汰され、

人材の質が上がっていきます。

ビジネス全体のモラルも
どんどん進化していきます。

ネットワークビジネス業界の法規制の強化は、
むしろ業界にとってプラスなのです。

だから我々がルールを
しっかり把握する必要があります。

詐欺は淘汰される時代

ネットワークビジネスは、
特定商取引に関する法律により
規制が定められています。

だから厳しいビジネスなのかと
言えばそうではありません。

冷静に見てみれば、
厳しい規制下にある業界は多いのです。

食品業界、サプリメント業界、
エステ業界、健康産業、人材ビジネス等も
関連法はかなり厳しいですよ。

私はサプリメント業界の
コンサルをしていたことがありますが、

薬事法の関連や広告の表現の規制など
かなり厳しいものがありました。

しかしネットワークビジネスに関しては、

法規制=やってはいけないビジネス

…などなぜか飛躍した考えを
持つ人が多いのですが、

まったくもって誤解です。

法的整備が進んで安心して

ネットワークビジネスを
利用できるようになれば

人々の間でも、過去の誤解が解け、
新しいビジネスの一形態として常識となり、

成功者も増えて行くでしょう。

今後、このサイトでも
この業界に関わるルールや
法規制の具体的なところも

お伝えしていくつもりです。

ただし繰り返しますが、
楽して儲かる訳ではありません。

法規制が強化されると言う事で、
詐欺的な人や騙そうとする人が淘汰されていきます。

モラルと常識を持った人が
しっかりとスキルを持ってやることになるのです。

なので、ある程度の努力は
当然に必要になってきます。

そのかわり、仕事を覚えれば
他のビジネスとは一ケタ違う収入を得る
可能性がある所がこのビジネスの魅力でしょう。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意