スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

広告を作る上で大切なのは「信頼性」見込客からの信頼を得る方法

      2016/10/12

広告を作る上で大切なのは「信頼性」見込客からの信頼を得る方法
今回のテーマは、

広告を作る上で大切なのは「信頼性」
見込客からの信頼を得る方法

について紹介します。

人は広告を見る時に
信頼性を重視するのですが、

広告主はここをつい
見落としてしまいがちです。

例えばある二人の男がいて

まったく同じことを言っているとします。

むしろ、文字に起こせば
本当に大切な事を語っているのです。

一人の男は、

スーツをピッシリ着て、ネクタイを締め
髪がちゃんとセットされ

キレイな靴を履いています。

もう一人の男は、

髪の毛ぼさぼさで、ヒゲがぼーぼー、
汚い破れて服を着て、
裸足で爪が異様に汚いです。

全く同じ事を言っていても、

あなたはどちらを信頼しますか?

当然前者ですね。

私たちマーケッターが広告を作るときも
先ず考えなければ行けないのがこの部分です。

最高の商品、素晴らしいメリット、
お客様のためになるクオリティ

これらを持っていても、

信頼性が無ければ買ってくれません。

オファーが大切と
以前に紹介しましたが、

そこに信頼性がなければ
見込客は反応しません。

メッセージの内容が同じでも、
信頼性があるかどうかで
変わってきてしまうものなのです。

スポンサーリンク

広告主が見落としてしまう盲点

「何故なんだ!!」

とある広告主は叫びました。

「他と比べても私の書いた広告は
一番出来が良いじゃないか!

この美しいレイアウト、、

ゴージャスな写真、、

値段だって適切だろ、、

注文だってしやすいし、

この新聞の発行部数も申し分ないのに、、
たくさんの人が見ているはずだ。

しかも、

この商品は本当に人の役に立つものなんだ!

なのにどうしてだれも注文しないんだ?」

・・・

彼の何が問題なのでしょう?

問題は、

誰も彼を信じていないのです。

ここに売れる広告と売れない広告の
秘密が隠されています。

信頼性が無い人の言葉を
誰も聞いてはくれないのです。

だからこそ広告主は
いかにして「信頼性」をアピールするか?

見込客からの信頼を得る方法

ここを考え抜かないと行けません。

オファーも大切ですが…

広告にとってオファーは大切です。

お客様にとって
メリットのある提案をする

もちろん大切ですが、
それだけではお客様は信頼しません。

例えば、あなたが道を歩いていて

急に見ず知らずの男が現れて

「100万円差し上げますので使ってください」

と言われたらどう感じるでしょうか?

恐らくこいつには裏がある…
と疑いを持ってみるはずです。

でもそこにこんな言葉を付け加えたとします。

「私は○○議員の秘書をしております。
選挙資金として集めた裏金があるのですが、
それで調査が入りそうなのです。

とにかく今日中に100万円を
使い切らなければいけないのですが

私が使えば顔バレする恐れがあります。

そこで恐縮ですがたまたま通りかかった
あなたに声をかけさせていただきました。

この100万円を差し上げますので、
今日中に使ってもらえないでしょうか?」

そういわれたらまあそんなものか、、

と感じてしまいませんか?。

そうです。

マーケティングにおいても
信頼感、信頼性が重要です。

あなたの広告やパンフレット、
セールスレター、ウェブサイト、Eメール、
ラジオCM、テレビCMが

いくら素晴らしいものであっても、

それが見込み客に信じてもらえないならば、
広告費はドブに捨てたようなものです。

あなたのオファーというものは、

常に信頼に足るものでなくてはいけません。

さもなければ、

さきほど紹介したイライラしている
広告主さんと同じように、

残念な結果を招くだけです。

あなたの広告が

見込み客にとって信頼に足りるもの

とアピールする為に、

とっておきのテクニックを紹介
していきましょう。

信頼感を得る「転嫁」と言うテクニック

まずはじめに紹介する

信頼感を得るための
広告に使えるテクニックは、

転嫁(テンカ)

というものです。

転嫁(てんか)というのは、

一般的には、

権威や敬意の対象となっている
人、団体、組織に

結びつく象徴、イメージ、
見解、手掛かりに関連付けていく、

というコピーライターが使う戦略です。

あなたの製品やサービスが、

何らかの形で認められている
と見込み客に納得してもらうのです。

「私の言葉を信じてください」

と直接言っても人は信頼できません。

しかし、

「あの人は信用できるわよ」

と両親に言われたら信頼してしまいます。

尊敬する人や団体に認められたものを
目にすると人は普通、

脳内にベルが鳴って、

即、信頼する!

というメッセージが発せられるのです。

そして、それが自分の欲しいもの
変えるものであれば、

人は自分のクレジットカードを
探し始めるのです。

信頼感が人間関係の鍵

例えば、

「あの芸能人が使っていたらしいわよ」
「上司の奥さんが青要しているらしい」

と言うフレーズで買ってしまった経験は無いですか?

信頼が購買にとって重要な
ファクターになります。

人類は進化をして社会化しました。

結果、人間は

境界、医学界、国家機関、科学機関
などの組織に敬意を払うようになりました。

このような団体のイメージや、小腸を
広告に組み込むことで、

その信頼性のおかげで

説得力のある主張を提示する
必要がなくなるのです。

どうでしょう?

理想的な戦略とは思いませんか?

例えば、敬意を集めているような組織
から公認を受ける。

そうすることですぐさま、

その組織の権威、是認、名声を
自分の製品やサービスに転嫁できるのです。

信頼を一気に得るためのテクニック。

これが転嫁です。

広告を作る上で大切なのは信頼性です。

これからもう少し詳しく
見込客からの信頼を得る方法を
紹介をして行きますが、

まずはここを覚えておいてください。

信頼が上がると言う事は
あなたの会社の売り上げが上がることと
イコールですから。

広告にこれを使わない手は無いと言う事です。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意