スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

買い手のエゴ、自我の欲求をくすぐるマーケティングの手法

      2016/10/12

買い手のエゴ、自我の欲求をくすぐるマーケティングの手法
今回のテーマは、

買い手のエゴ、自我の欲求を
くすぐるマーケティングの手法

について紹介します。

巧みな広告やマーケティング戦略では

とにかく見込み客のエゴに
フォーカスされたものが多いです。

逆にあまり上手くいかない
広告やマーケティングプランは、

お客さんのエゴではなく
企業のエゴにフォーカスされてます。

「うちの商品は凄いんだ」
「うちの商品は素晴らしい」

違うのです。

ビジネスにおいて、
最もフォーカスしなければ行けないのは

「お客様」

中でもお客様の心の奥底の
エゴや自我の欲求に訴えかけなければ
ならないのです。

スポンサーリンク

商品が欲しいのでなくエゴを満たしたいのです

私たち人間は買い物が好きな動物ですが、

本当はその商品そのものが欲しいのではなく、
ただ自分のエゴを満たしたいだけなのです。

例えば、

マルボロの広告に出ているシブイ男を見たとき
煙草のブランドを変えたくなってしまうのは、、

煙草の葉を詰めたその紙筒が
欲しいからではありません。

あなたの自我(エゴ)がそうさせるのです。

ツヤツヤの長い髪と鋭い視線の
トップモデルが下着に身を包むCMを見て

そのシルクの下着が欲しくなってしまうのは、、

CM監督の演出スタイルの
感心しているからではありません。

あなたの自我がそうさせているのです。

もしかしたら、毎月のクレジットカードの
請求金額が多いのは、、

実はあなたの自我のせいなのかも知れません…

自我の欲求と言うのは
財布のひもを開く強力な力なのです。

つまり、買い手のエゴ、自我の欲求を
くすぐるマーケティングの手法は
使わなければ行けません。

虚栄心のアピールを広告に応用する

プラトカニスとアロンソン
と言うアメリカ人は

『プロパガンダ、-広告・政治宣伝
のカラクリを見抜く』

という著書内で、

自我の変形(モーフィング)虚栄心のアピール

の根本にあるものについて述べています。

「プロパガンダ」と言う著書で
一番印象に残ってるのが、

「私たち、(消費者)は『好ましいもの』を
買って自我の価値を高め、
自分に足りないものを合理的に処理している」

と言うものです。

満ち足りないものを買い物で満たしている

ということ。。

そういえば、、思い返してみると
買い物をしているときに無意識のうちに

私たちは自分自身に欠けていると
思うものを埋め合わせるために
物を買っているのかもしれません。

ショッピング療法やショッピング依存症

と言うような言葉を聞いたことが
あるかもしれません。

頭で分かっていても買い物が辞められない、
借金、クレジットカードローンを繰り返して
買い物を続けてしまう…

と言うのは人間の心理の興味深い所です。

買い手のエゴ、自我の欲求は
本能レベル訴えかけます。

必要なものを買うだけであれば、
そういった事は決して起こらないのです。

物でなく心を満たすのだ

私たちビジネスマンは
特にものを売るビジネスマンは

そのものを売ると言う事を考えてしまいますが、

本当はお客様の心を満たすのが
役割なのかもしれません。

もしかしたら、私たち広告主は

人々にとって、ただ商品やサービスを
供給すると言う事以上に

何か重要な役割を果たしているのかも
しれません。

私たちはお客さまに

心の成長や葛藤を助けたりしているのかも
しれません。

この心理を理解していれば、
広告、マーケティング戦略を巧みに
作る事が可能になるでしょう。

エゴを満たしてあげれば
売り上げを上げる事ができるのです。

買い手のエゴ、自我の欲求をくすぐる
マーケティングの手法を活用しましょう。

実はこれから紹介するテクニックを使えば、

自分個人のイメージや自我が商品に
マッチしていると思ったり、

商品によって改善されると思っている
購買層にアピールする

製品イメージやアイデンティティーも
作り出せるのです。

商品とお客様のエゴをマッチングさせる

消費者が、

自分と商品イメージをかなり密接に結び付け、

商品がその人の個性の
ほぼ一部になってしまうようにするのが、

あなたの目標です。

消費者の自我をあなたの商品に
マッチさせるように、

「変形(モーフィング)」

するのです。

慎重に選んだイメージや個性に
商品を象徴させることで、

その商品を買ったり、使ったりすれば
すぐにそのイメージのようになれると、

見込み客を説き伏せられるのです。

そうです。

お客さまの価値観にアピールすれば
うまく行きます。

コピーライターにとって
ここは腕の見せ所になってくるのです。

消費者の自我に訴える広告を作る

消費者の自我に訴える

そんな広告を作るのは
とても大切なことです。

しかも人の自我に訴える、
こういった説得の仕方は実は
何も難しい事はありません。

安心してください。

世の中は悟りを開いた仏陀のような人は
ほとんどいないのです。

たいていの男性も女性も
欲がアリ、エゴの塊です。

「もっとセクシーになりたい」
「もっと体型をコントロールしたい」

と女性に思わせたり、

「もっと力強くなりたい」
「自信を持ちたい」
「女性にもっとモテたい」

と男性に思わせるのに

そんな苦労はいりません。。

こういった欲求は、人間の存在
そのものの中に生来埋め込まれている物なのです。

あなたの商品の真の見込み客の
大多数は、その商品と結び付いた
考えや価値観が自分の中にあると

既に信じています。

或いはそういった、考え方や価値観を
育てて行きたいと願っています。

あなたは既に組みこまれているものに
働きかけるだけなのです。

結局、広告の極意と言うのは、

相手がもっと欲しいと既に思っているはず
のものに、簡単に到達できる筋道を
売り込めばいいだけなのです。

エゴをに訴える広告

他にも、例えば、

欲しいモノはもう持っていると
思っている人たちに、

自分が自分をどう思っているかを
外の世界に向けて表現する方法を

あなたの商品が示していれば、

それは大変有用なものになります。

もしあなたが警備会社をやっているなら、

どんな大企業があなたの
会社に警備を頼むでしょう?

自我の欲求を突いた
こんなコピーを考えてみましょう。

「なぜ他でもない

●●セキュリティ(あなたの会社)

に自分の家の警備をさせる銀行頭取が
増えているのでしょう?」

他のバリエーションとして、

「なぜ、他でもない

●●セキュリティ(あなたの会社)
に自分の家の警備をさせる宝石店経営者
が増えているのでしょう?」

・・・

どう感じますか?

銀行の頭取や、宝石店経営者が

彼らの家族と彼らの最大の資産
(すなわち彼らの自宅)の警備を
任せているならば、

平均的な見込み客である私は
自分の質素な家もあなたの会社に
守ってもらいたいと思うのです。

コピーライターの役割

これらはすべて一体何を意味しているのでしょう?

つまり、コピーライターのあなたは

購買層の虚栄心と自我にアピールできる

と言う事に他なりません。

説得する為のアイデアや、証拠など
全く持って不要です。

相手が見たいと思っているイメージを
示す事にのみ的を絞ればいいのです。

相手の価値観にアピールすれば
全てうまく行きます。

自分のエゴを満たすためには

買い手のエゴ、自我の欲求をくすぐるのです。

相手のエゴを満たす広告が作れれば
マーケティングは上手くいくのです。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意