スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

広告を作る上で必要なマインド、コピーライティングの基本

      2016/10/12

広告を作る上で必要なマインド、コピーライティングの基本
今回のテーマは、

広告を作る上で必要なマインド、
コピーライティングの基本

について紹介します。

広告を作る上で必ず
押さえておくべきマインド

というものがあります。

テクニックはこれまでも
これからも様々生まれるでしょうが、

根本の基本は変わりません。

これだけは忘れてはいけません。

とにかく、ここまでの話で

骨の髄まで覚えておいて欲しい事

それは、

広告とは消費者に行動を促す事

です。

つまり、

主人公はあなたではなく、
お客様なのです。

ここを忘れては行けません。

ここがコピーライティングの
最も大切な基本なのです。

ただ、何度注意しても
ここを忘れてしまう人がいます。

広告はあなたの為に作るのではありません。

広告は人を感動させるのではありません。

「広告とは消費者に行動を促す事」

なのです。

スポンサーリンク

広告を作る上で必要なマインド

ある時、友人の家に遊びに行った時、
こんなものを見せられました。

「これは、僕らが
グランドキャニオンを見に
行ったときの映像さ。

これはナイアガラの滝で、

これは僕たち家族が
カリブ海でスキューバを
しているときの映像だよ」

…と、頼んでもいないのに、
ホームムービーを見せられました。

こうしたときに
どんな顔をすれば良いのか…

困るのは私だけではないでしょう。

凡人の夏休みの思い出に
それほど興味はありません。

まったく面白くもない映像を
見ながら、友情を壊さない程度に
うなずきます。

その彼は、楽しそうに
その休みに何を食べたかや、

家族とどこへ行ったかを
喋っていますが、

まったく私の記憶には残らないのです。

しかしです。

私はナイアガラの滝を映した
映像DVDを高額で購入した
事があります。

いつも世界遺産を旅して
世界の絶景を見たいと夢想しています。

広告の主人公はお客様である

これはマーケティングの基本を
考える上で大切です。

ホームムービーが煩わしいのは、

その内容ではなく、
その撮影の仕方にあるのです。

その友人家族がメインで
映っていなければ、

私にとってその映像は
生唾ものなのです。

ジャック・クストーと言う
フランスの海洋学者がいるのですが、

海底記録映像を撮る第一人者で、

私は彼の作品が大好きで、

彼のナイアガラの滝を紹介した
映像をわざわざ取り寄せて
購入したほどです。

しかしクストーは
カメラを海底や生物に向け続け、

決して自分を被写体にしません。

あくまで美しい自然にカメラを向けます。

このエピソードから分かるのは、

もし強力な広告を作りたければ、

カメラのレンズを、

受け手に関心を持たせたい
と思う被写体に向ける事です。

劣悪な広告はこの
ホームムービーのようなものです。

自分の家族旅行の映像は
相手の得にはなりません。

これがコピーライティングの基本です。

自分のエゴを満たすために
広告のメッセージを書いては
いけません。

あくまで主人公は
お客様なのですから。

コピーライターは
このマインドを忘れては行けません。

コピーライティングとエゴの関係

あなたがコピーライティングを
学びたいと思ったきっかけは、

恐らく、

「お金を儲けたいから」

だと思います。

そしてそれは良い事です。

素晴らしい事です。

大切な事です。

コピーライティングのスキルは
実際にそれを可能にしてくれるでしょう。

しかしです!

そのエゴが強すぎて
お客様にスポットを当てる
ことを忘れてしまう人がいます。

「いかに自分を良く見せるか」
「自分を優位にできるか」

という想いがどうしても
広告に載ってしまいます。

カッコいいあなたの載った
広告は誰も興味を示さないのです。

スポットライトは自分ではなく
読み手に与えなければ行けません。

最大の成功法則とは?…

逆説的ですが、

自分のエゴを満たすためには
自分のエゴを消して

相手のエゴを満たそうとする事

この基本マインドを忘れては行けません。

最も大切なコピーライティングの基本

これからコピーライティングの
スキルを使って

反応率の高い広告を作る

そのためのテクニックなどは今後も
どんどん紹介して行くのですが、

とりあえず、これまでの話を
いったんここでまとめておきましょう。

基本となる重要な
マインドセットや概念を
お伝えしてきました。

特に、以下に留意しておいて下さい。

1.人間には8つの基本的な欲求がある事。

生存、
食欲、
痛みと恐怖から逃れる、
性的に交わる、
快適に暮らす、
人に勝る、
愛する人を守る、
社会的に認められる、

2.強いアピールを持った広告には
この8つの基本的欲求を踏まえている

3.この8つの基本的欲求を踏まえた
広告を作り出すためには、

見込み客の頭の中で、あなたの商品が
実際に使われている事を想像されるような
広告コピーを書く事。

相手があなたの商品ならば
自分の欲求を満たしてくれるだろう
という望みを抱き、

その欲求を満たすべくその商品を
選んでくれるようなコピーを書く。

・・・

コピーライティングに関して、

こうした基本マインドを
良く覚えておいて下さいね。

では次回から相手の頭の中に
入っていくための具体的な方法を
詳しく話していきましょう。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意