スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

人間の欲求の種類と特徴をビジネス、広告に応用する秘訣

      2016/10/12

人間の欲求の種類と特徴をビジネス、広告に応用する秘訣
今回のテーマは、

人間の欲求の種類と特徴を
ビジネス、広告に応用する秘訣

について紹介します。

前回紹介したように

広告でフォーカスすべきは
お客様です。

つまり自分以外の他人です。

だからこそ広告を作る
コピーライターは

人間を知らないと行けません。

人間の欲求の種類を把握し、
それをビジネスに応用しましょう。

欲求に響かない広告を売ったり
商品を販売する事はダサい事と考えましょう。

私たちは聖人君子でもなく
宗教家でもないのです。

(宗教家は欲求の欲求を巧みに使うようですが…)

きれいごとや理想論を語るのは、
アーティストに任せておいて、

欲望、欲求を満たすために、
私たちは動かなければ行けません。

ビジネスマンの使命は
お客さんの欲求を満たすことです。

お客様の欲求を満たして始めて
お金を頂けるのです。

前回までに広告の背景、根本原理について
お話ししたのですが、これで十分です。

いよいよ本題に入って行きましょう。

スポンサーリンク

広告の反応率を上げるのが欲求

これまでの話で、
消費者心理を理解することが大事なのは
理解してくれたと思うのですが、

これから、

その心理原則を説明し、

カンタンに反応率を上げる
コピーテクニックを紹介して行きましょう。

広告コピー作成や
デザインにおける特有の

心理学理論に基づいた、
テクニックがいくつもあります。

そして何よりも、そのテクニックは

あなたのビジネスの売り上げを
一気に伸ばすためのテクニック
と言う事を忘れないで欲しいです。

他の全ての余計な事を忘れて、

人が本当に求めている事は何か?

ここにフォーカスすれば大金が手に入ります。

人間の欲望について知り尽くしてください。

人間の欲求の種類と特徴を
理解してください。

実は、消費者心理学は人知れず、でも
脈々と、恐ろしいほどに研究されてきました。

なぜならお金になるからです。

ビジネスの成長に直結する
トピックだからです。

人間の欲求の底をつくテクニックは
しかしあまりにも強力なので、

詐欺や悪徳なことにでも
応用できてしまうのです。

あまりにも影響力があるので、
社会一般には出回らないのですが、

人の欲求を理解して、影響を与える
概念はすべて揃っているのです。

それを恐る恐る紹介していきます。

後はあなたがどう使いこなすかだけ。

正しいビジネスを成長させるために
ぜひお役立てするようにしてください。

人間の持つ根本的な欲求の種類と特徴

まずは人間がもつ根本的な究極の8つの欲

と言うものの種類から説明して行きます。

ここから派生するメッセージを使えば
あなたのビジネスはパワフルになります。

この欲求を活用し
利益を得て行ってください。

人間には、これら8つの欲求が
生物学的にプログラミングされています。

1.生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい

2.食べ物、飲み物を味わいたい

3.恐怖、痛み、危険を免れたい

4.性的に交わりたい

5.快適に暮らしたい

6.他人に勝り、世の中から遅れを取りたくない

7.愛する人を気遣いたい、守りたい

8.社会的に認められたい

・・・

どうですか?異論はあるでしょうか?

私たちはみんなこれを求めていますよね。

でも、まわりの広告を見てみてください。

どれくらいこの8つに直結してアピール
してる特徴のものがあるでしょうか。

案外少ないかもしれません。

だとすれば大きなチャンスです。

この8つの種類の欲求を元に広告を作れば、

自然の摂理の力を利用できます。

人間はこの8つの欲を持って生まれ
そして死んでいくその日まで持ち続けるのです。

広告に取り入れるべき人間の欲求

あなたは

食べたい欲求を捨てれますか?
生き残りたい意思を抑えれるでしょうか?

私たち人間が人間たらしめる要素なのです。

そして賢い広告主は、

プラグにコンセントを差し込むがごとく、

この欲求を巧妙に広告に織り交ぜ
大きなビジネスの為に活用するのです。

これらは広告に使える
人間の欲求の種類を紹介しています。

「欲求なんて汚らわしい…」

と上品な人は目をそむけますが、

ビジネスマンである以上、
人間の欲求について研究するのは
義務と言っていいでしょう。

反応の取れるコピーライターほど
人間の欲求について詳しいです。

お役所仕事ではないのです。

欲求を刺激しなければ
商品やサービスの購入などあり得ないのです。

ひとつひとつのメッセージが
すべて欲求に直結するように
しなければ行けないのです。

アメリカで、通販で本を売りまくった
ホールドマン・ジュリアスと言う男がいます。

※アマゾン・ドットコムが世に出る前の話

1920年代から、彼は
2000種類以上の本を2億冊以上通販で売りました。

しかも内容は何の変哲もない
ふつうに一冊1000円くらいの本をです。

そこにはある秘密がありました。

本のタイトルを変えただけで億万長者

彼は広告文を工夫しました。

それまで、自分の本を売るために
ライバルたちも広告を出していたのですが、

普通はもしその広告で本が売れなければ
広告のコピーを変えようとします。

しかし彼は思いがけない方法で
広告コピーを変えました。

実は、本のタイトルを変えたのです。

そして彼は売り上げを3倍から100倍以上に
売るようになったのです。

ほんのタイトルを変えるだけで
オム満潮じゃyに上り詰めたのです。

そもそもその当時の本のタイトルは
つまらないタイトルがほとんどです。

「10時」
「論争術」
「警句」
「フサフサの金髪」

とか、、

それを、

先ほど説明した8つの種類の人の欲求を
巧みに織り交ぜたタイトルに変えただけで

「あなたにとって芸術が意味すべき事」
(社会的に認められたい)

「論理的に議論して相手を打ち負かす方法」
(他人に勝り、世の中から遅れを取りたくない)

長寿の謎についての真実
(生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい)

ブロンドの恋人を探す方法
(性的に交わりたい)

あなたなら、前者の本が欲しいでしょうか?
後者の本が欲しいでしょうか?

こういった生来の欲求に働く広告は
人の行動を駆り立てる感情に訴え抱える事が
可能になるのです。

人間の欲求の種類と特徴を知り尽くし、
それを応用するだけであなたのビジネスは
加速していくのです。

しっかり目を開いて欲求に直視していきましょう。

汚いと目をそらしては行けないのです。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意